無抑制収縮

出典: meddic

uninhibited contraction
無抑制性膀胱 uninhibited bladder、痙性膀胱 spastic bladder反射性膀胱 reflex bladder
排尿筋反射亢進

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 神経ベーチェット病による神経因性膀胱の1例
  • 飯田 祥一,谷口 成実,西原 正幸,宮田 昌伸,金子 茂男,八竹 直
  • 泌尿器科紀要 46(10), 727-729, 2000-10
  • … れた.排尿症状については3年後に尿失禁が出現し,その程度は次第に増強し,1994年4月に泌尿器科を受診した.尿流動態検査では,膀胱内圧測定において初発尿意時膀胱容量は184ml,最大尿意時膀胱容量は254ml とほぼ正常であった.しかし,蓄尿時に弱い無抑制収縮と同時に括約筋収縮の増強を認め,排尿括約筋協調不全の状態で,下腹部を叩打して排尿を行っていたBehcet disease is a systemic vasculitis of unknown cause with variable clinical …
  • NAID 120002142004
  • 女作の心因性下部尿路機能障害 : 心因性頻尿・尿意切迫症候群と心因性尿閉の病態追求
  • 福井 準之助,貫井 文彦,紺谷 和彦,永田 幹男,黒川 純,勝田 真行,杉村 享之,岡本 重禮,小松 浩子
  • 日本泌尿器科學會雜誌 90(9), 769-778, 1999-09-20
  • … めた.最大尿流率ではPURでは低値を示し残尿が多く,機能的膀胱容量ではPFUSの半数以上が100ml未満であった.脈流動態検査から多くのPFUSでは失禁なしに400mlまで尿意我慢が可能なこと,尿意闘値幅の減少,15%強の無抑制収縮の存在等が分かった.圧測定から両症候群とも低コンプライアンス膀胱が多いため上部尿路検索が必要なこと,PFUSでは排尿時の排尿筋収縮圧は高く,PURでは無反射か高収縮圧排尿であることが分かった、 …
  • NAID 110003089200

関連リンク

蓄尿期に膀胱(排尿筋)が弛緩しないで,不随意に(勝手に)収縮してしまう症状です。大脳皮質より仙髄骨盤神経核に至る運動路の障害で起こり,骨盤神経の核上性障害にみられる所見です。 これは過活動膀胱(OAB overactive bladder ...
セメント系無収縮グラウト材(低発熱型) 水和熱抑制により部材断面の厚い梁・柱の増し打ち補修工事や、夏期の 耐震補強工事に最適な低発熱型無収縮グラウト材です。 部材断面の厚い補修工事 夏期グラウト工事 標準配合 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みspastic bladder
関連記事抑制

spastic bladder」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a urinary bladder disorder resulting from spinal cord lesion or multiple sclerosis or trauma; absence of bladder sensation and incontinence and interrupted voiding of urine」

抑制」

  [★]

inhibitionsuppressiondepressionrestraintinhibitsuppressdepressabrogaterestrain
うつ病拘束、制限、阻害阻止、低下、撤廃抑圧抑欝廃止取り消す抑止抑えるうつうつ状態サプレス制圧鬱病抑うつ抑うつ状態







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡