無エコー域

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • EUS所見より術前診断し, 内視鏡的に切除し得た胃 Hamartomatous inverted polyp の2例
  • 上尾 哲也,石田 哲也,永松 秀康,成田 竜一,高橋 健,小寺 隆元,向井 亮,米増 博俊,福地 聡士,清家 正隆
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 54(1), 24-32, 2012-01-20
  • 症例1は74歳男性.胃穹隆部前壁に粘膜下腫瘤を認めた.症例2は61歳女性.胃体上部前壁に亜有茎性の粘膜下腫瘍様病変を認めた.両症例ともEUSで,第3層に多房性無エコー域を認め,胃Hamartomatous inverted polyp(HIP)と術前診断した.内視鏡的切除にて,粘膜下層に嚢胞状に拡張した腺管群と線維筋成分の増生を認め,いずれも胃のHIPと診断した.胃のHIPは稀な病変で診断が難しい …
  • NAID 10030293465
  • 5年の無再発が得られた小型肉腫様肝癌の1切除例
  • 松田 正道,渡邊 五朗,橋本 雅司,大橋 健一
  • 日本消化器外科学会雑誌 43(6), 635-639, 2010-06-01
  • 症例は68歳の女性で,C型慢性肝炎の経過観察中に腹部超音波検査で肝腫瘍を指摘された.US上腫瘍は肝S7に,辺縁に高エコー帯を伴う17mm大の境界明瞭な低エコー結節として描出された.内部には5mm大の無エコー域を伴っていた.造影CTで病変はドーナッツ状にenhanceされ,門脈相では低吸収域を示した.術前の大腸内視鏡検査で小さなS状結腸癌が発見されたが,画像は肝細胞癌・転移性肝癌のいずれにも典型的で …
  • NAID 110007656615

関連リンク

被検体の音響的な不連続部分から反射されて受信された超音波信号. 異常エコー abnormal echo findings 正常では認め得ないエコーの総称で,正常エコーに対応するもの.血腫エコー,腫瘍エコーなどがこれに含まれる. 隔壁エコー ...
無エコー域に対応した組織弾性イメージング : 深部静脈血栓性状診断の試み(<特集>医用超音波・アコースティックイメージング) Tissue Elasticity Imaging for Anechoic Region : Diagnosis of the Property of Deep Venous Thrombosis

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「エコー

無」

  [★]

ゼロヌル何も~ない皆無


エコー」

  [★]

echo
反響エコー法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡