炭酸マグネシウム

出典: meddic

magnesium carbonate
magnesii carbonas
エキセメスタンエヌ・エス配合キャベジンUコーワ配合コナンソリタ-T配合顆粒2号ソリタ-T配合顆粒3号つくしA・MつくしA・M配合ニセルゴリンバッサミン配合バファリン配合マインベースリシノプリル重質炭酸マグネシウム重炭マ炭マ炭酸マグネシウム
  • MgCO3。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/25 21:10:01」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 酸化マグネシウム製剤服用による大腸多発腸石の一例
  • 川野 道隆,白井 保之,松永 一仁 [他],白澤 友宏,松永 尚治,横山 雄一郎,野原 寛章,近藤 哲,新開 泰司,斎藤 満
  • 山口医学 = Yamaguchi medical journal 62(1), 55-59, 2013-02
  • … ネシウム製剤を開始した約3年後に腹部膨満が悪化した.腹部CTで大腸内に多発する1cm大の石灰化を有する構造物を認め,下部消化管内視鏡検査では大腸内に多発する黄白色の腸石を認めた.結石分析検査で炭酸マグネシウム結石が疑われたため,酸化マグネシウム製剤の長期投与により形成された腸石を疑い,酸化マグネシウム製剤の中止と排便コントロールを行い,2週間後の腹部CTで腸石は消失した.これまでの真性腸石の本 …
  • NAID 120005246298
  • 炭酸水素マグネシウム水溶液から沈殿した炭酸マグネシウム水和物のキャラクター制御
  • 小嶋 芳行,香取 未来,松原 啓悟 [他],梅垣 哲士,西宮 伸幸
  • Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan : セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学 20(362), 35-40, 2013-01-01
  • NAID 10031131776
  • 海水溶存塩類の反応晶析に関する研究
  • 柘植 秀樹
  • 日本海水学会誌 63(4), 237-246, 2009-08-01
  • NAID 10025009814

関連リンク

炭酸マグネシウムとは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 便通をよくするお薬です。また、胃酸を中和する働きもあります。 作用 【作用-1】 腸内に水分を引き寄せ、便を軟化増大 ...
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 炭酸マグネシウムの用語解説 - 化学式 MgCO3 。天然にはマグネサイト (菱苦土鉱) として産出する。マグネシウム塩溶液に炭酸ナトリウムを加えて得られる炭酸塩は,塩基性塩 (MgCO3)4・Mg(OH)2 ...

関連画像

すべり止めロジン:すべり止め 炭酸マグネシウム magnesium 炭酸マグネシウム』の画像を ペーパーがけ、、、、で、炭酸マグネシウム「ヤマゼン 炭酸マグネシウム - Magnesium

添付文書

薬効分類名

  • 制酸剤

販売名

炭酸マグネシウム「ケンエー」

組成

  • 1g中 日局炭酸マグネシウム 1g含有。

効能または効果

効能・効果

  • 下記疾患における制酸作用と症状の改善
      胃・十二指腸潰瘍、胃炎(急・慢性胃炎、薬剤性胃炎を含む)、上部消化管機能異常(神経性食思不振、いわゆる胃下垂症、胃酸過多症を含む)
  • 便秘症

用法・用量


  • 炭酸マグネシウムとして、通常成人、制酸剤としては1日2gを数回に分割経口投与、緩下剤としては1日3〜8gを頓用または数回に分割経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 腎障害のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 心機能障害、肺機能障害のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 下痢のある患者[症状が悪化するおそれがある]
  • 高マグネシウム血症の患者[副作用があらわれやすくなる]


★リンクテーブル★
先読みニセルゴリン」「リシノプリル」「エキセメスタン」「マインベース
リンク元酸化マグネシウム」「制酸剤」「エヌ・エス配合」「つくしA・M」「つくしA・M配合
拡張検索重質炭酸マグネシウム
関連記事マグネシウム」「

ニセルゴリン」

  [★]

nicergoline
サアミオンサルモシンサワチオンセルファミンソクワールニセルゴリンバソゴリンSヒルブリンNマリレオンN
その他の循環器官用薬


リシノプリル」

  [★]

lisinopril
アスラーンゼストリルリシトリルロコプールロンゲスロンゲリール



エキセメスタン」

  [★]

exemestane
アロマシン
アロマターゼ阻害薬



マインベース」

  [★] クラリスロマイシン


酸化マグネシウム」

  [★]

magnesium oxide
magnesii oxydum
アイスフラットアクアスチン配合アシドレス配合イリコロンM配合ウィットコップエクセラーゼ配合カイマックスカマグGコランチル配合タイメックタイメック配合ディクアノンディクアノン配合フランセチン・T・パウダーマーレッジマーロックスマグテクト配合マグミットマグラックスマックメットマルファマルファ配合マロゲンミルマグラベプラゾールナトリウムリタロクスレスポリックス配合軽カマ軽炭マ重カマ重質酸化マグネシウム重質炭酸マグネシウム重炭マ炭酸マグネシウム
  • 軽質酸化マグネシウム:> 30mL / 5g ? :粉末の体積が大きいので飛散しやすく取り扱いにくい。
  • 重質酸化マグネシウム:≦ 30mL / 5g   :作用の発現が軽質のものにくらべて遅い。


制酸剤」

  [★]

antacid
制酸薬

商品


エヌ・エス配合」

  [★] α-アミラーゼウイキョウ末オウバク末カンゾウ末ケイヒ末ショウキョウ末ニガキ末乾燥水酸化アルミニウムゲル炭酸マグネシウム炭酸水素ナトリウム沈降炭酸カルシウム

健胃消化剤


つくしA・M」

  [★]

健胃消化剤


つくしA・M配合」

  [★] 炭酸水素ナトリウム炭酸マグネシウム沈降炭酸カルシウム乾燥水酸化アルミニウムゲルジアスメンケイヒ末ニガキ末ショウキョウ末ウイキョウ末カンゾウ末オウバク末


重質炭酸マグネシウム」

  [★]

heavy magnesium carbonate
炭マ重炭マ
制酸剤


マグネシウム」

  [★]

magnesium Mg
硫酸マグネシウム magnesium sulfate電解質異常
クエン酸マグネシウム 緩下剤

基準値

  • 血漿/血清:1.5-2mEq/L 1.8-2.4mg/dl, 1.5-2.0mEq/L 1.7-2.4mg/dl(HIM.2372)

臨床関連

参考

  • 1. [charged] Regulation of magnesium balance - uptodate [1]
腎臓におけるマグネシウムの再吸収メカニズムがよく分かる




酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡