炎症性筋疾患

出典: meddic

inflammatory myopathyinflammatory muscle disease
筋炎炎症性ミオパチー炎症性ミオパシー特発性筋炎限局性筋炎増殖性筋炎


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/07/10 22:17:00」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • メトトレキサート (特集 膠原病・リウマチ性疾患の治療の現状と展望) -- (免疫抑制薬・抗リウマチ薬)
  • 鈴木 康夫,知念 直史
  • 日本内科学会雑誌 100(10), 2902-2909, 2011-10-10
  • NAID 40019038625
  • 炎症性筋疾患の電気診断 (第1土曜特集 ここまでわかった 多発性筋炎・皮膚筋炎) -- (臨床病理)
  • 東原 真奈,園生 雅弘
  • 医学のあゆみ 239(1), 88-94, 2011-10-01
  • NAID 40019000699
  • 症例報告 スピルリナ(サプリメント含有成分)の摂取後に発症した広範な皮膚症状をともなった炎症性筋疾患の1例
  • 今野 卓哉,梅田 能生,梅田 麻衣子 [他]
  • 臨床神経学 51(5), 330-333, 2011-05
  • NAID 40018850705

関連リンク

筋疾患の症状の大半は、筋肉(骨格筋)が萎縮することによっておこる筋力の低下で ある。筋肉が萎縮する原因 ... 原因別に分類すると、遺伝性、内分泌性、代謝性、免疫 不全、炎症性等、種々の要因により多くのタイプのミオパチーが存在する。一般的に、 炎症性 ...
炎症性ミオパチー(英: inflammatory myopathy)とは自己抗体が関与するミオパチー。 炎症性ミオパチーは多発性筋炎(en:Polymyositis)、皮膚筋炎、封入体筋炎(en: Inclusion body myositis)の3つの関連疾患を含む。

関連画像

総説 炎症性筋疾患 ICU-aquired 総説 炎症性筋疾患 ICU-aquired - 特発性炎症性筋疾患 総説 炎症性筋疾患 ICU-aquired 特発性炎症性筋疾患の病理と 総説 炎症性筋疾患 ICU-aquired


★リンクテーブル★
リンク元inflammatory myopathy」「特発性筋炎」「inflammatory muscle disease」「限局性筋炎」「増殖性筋炎
拡張検索特発性炎症性筋疾患
関連記事筋疾患」「炎症」「疾患」「炎症性

inflammatory myopathy」

  [★]

炎症性筋疾患炎症性ミオパチー炎症性ミオパシー筋炎

focal myositisidiopathic inflammatory myopathyinflammatory muscle diseasemyositisproliferative myositis

特発性筋炎」

  [★]

idiopathic inflammatory myopathy
筋炎炎症性筋疾患特発性炎症性筋疾患限局性筋炎増殖性筋炎


inflammatory muscle disease」

  [★]

  • 炎症性筋疾患
focal myositisidiopathic inflammatory myopathyinflammatory myopathymyositisproliferative myositis

限局性筋炎」

  [★]

focal myositis, localized myositis
筋炎炎症性筋疾患特発性筋炎増殖性筋炎



増殖性筋炎」

  [★]

proliferative myositis
筋炎炎症性筋疾患特発性筋炎限局性筋炎


特発性炎症性筋疾患」

  [★]

idiopathic inflammatory myopathy
特発性筋炎


筋疾患」

  [★]

myopathy, muscular disease, muscular disorder
ミオパシーミオパチー筋原性疾患筋症
筋萎縮
  • 神経系 091125IV

筋疾患と神経疾患

  筋疾患 神経疾患
myopathy neuropathy
筋力低下 近位筋優位 遠位筋優位

筋疾患と末梢神経疾患の鑑別

  神経原性 筋原性
下位運動ニューロン障害
筋萎縮 遠位筋中心 近位筋中心
線維束性攣縮 あり なし
筋電図 高振幅 低振幅
long duration short duration
giant spike  
(代償的な筋線維の興奮)  
筋逸脱酵素 CK↑
筋生検 群性萎縮(小角化線維) 孤発性萎縮(筋線維の大小不同、中心核の増加)
疾患 ALS 筋ジストロフィー
SPMA 多発性筋炎

分類

遺伝性 遺伝性ミオパチー 筋ジストロフィー
ミトコンドリアミオパチー
非遺伝性 外因性筋障害 ステロイドミオパチー
crush syndrome
ischemia
炎症性ミオパチー 多発筋炎皮膚筋炎
内分泌性・代謝疾患性 甲状腺機能低下症
低カリウム性ミオパチー
アルコール性ミオパチー
その他  

検査

SOR.356
  • 血液検査:
  • 筋電図:筋原性変化(低電位差、低振幅波、多相性)
  • 筋生検:筋線維の大小不同、壊死繊維、再生像、細胞浸潤など
  • MRI:T2で高信号の変化が見られるものがある(皮膚筋炎)



炎症」

  [★]

inflammation
炎症反応 inflammatory reaction
  • 急性炎症による有害な刺激物が除去され組織が修復されるが、障害が続けば慢性炎症となる。

主徴 (BPT.32)

原因

  • 病原微生物の感染
ウイルス、リケッチア、細菌、真菌、原虫、寄生虫
  • 外傷
  • 物理的刺激
日光、放射線物質、電気的刺激、摩擦
  • 化学的刺激
酸・アルカリ
  • 壊死物
  • 異物
  • 免疫学的な刺激(アレルギー、自己免疫疾患)

分類

  • 急性 acute
比較的短期間で終了し滲出と好中球浸潤が主体
  • 亜急性 subacute
  • 慢性 chronic
長時間持続し、組織増殖とリンパ球・組織球浸潤が主体
  急性炎症 慢性炎症
概要 滲出性病変が主体 増殖性変化が主体
経過 急性・一過性 遷延性・潜行性
血管 血管透過性亢進 血管新生
間質組織 充血・浮腫 線維芽細胞・血管・間質結合組織の増生
浸潤細胞 好中球→マクロファージ→リンパ球

急性炎症 (BPT.33)

  • vascular change
vasolilation
increased vascular permeability
  • cellular events
cellular recruitment and activation

慢性炎症

疾患」

  [★]

disease, disorder, disturbance, illness, sickness, malady
疾病病気
疾病障害乱れ無秩序病害病気病弊



炎症性」

  [★]

inflammatoryinflamed
炎症起炎性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡