炎症メディエーター

出典: meddic

inflammatory mediator, mediator of inflammation, inflammation mediator
炎症性メディエーター

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 大動脈瘤と慢性炎症 (特集 生活習慣病と慢性炎症)
  • 炎症メディエーター メタロプロテアーゼ (関節リウマチ(第2版)--寛解を目指す治療の新時代) -- (関節リウマチの成因と病態生理)
  • 中村 博幸,岡田 保典
  • 日本臨床 68(-) (978), 195-199, 2010-05
  • NAID 40017090018

関連リンク

炎症メディエーターとは、損傷された組織、および炎症部位に浸潤した白血球や肥満 細胞、マクロファージなどから放出される生理活性物質。 炎症メディエーターは、血管 透過性亢進、血管拡張、白血球の遊走・浸潤、組織破壊などの作用を引き起こす。
用語解説 - 痛みとブラジキニン. 炎症メディエーター. 損傷した組織、および炎症部位に 浸潤した白血球や肥満細胞、マクロファージなどから放出される生理活性物質。 発痛 物質(ブラジキニン、セロトニン、ヒスタミンなど); プロスタノイド(プロスタグランジンなど) ...

関連画像

炎症の収束に関わる脂肪酸代謝 など の 炎症 メディエーター 自己免疫疾患の病態におけるB 脂質メディエーターと炎症の  炎症メディエーターの増強効果炎症時の好中球反応の概略


★リンクテーブル★
リンク元inflammatory mediator」「inflammation mediator」「mediator of inflammation」「炎症性メディエーター
関連記事炎症」「メディエーター」「

inflammatory mediator」

  [★]

inflammation mediatormediator of inflammation


inflammation mediator」

  [★]

  • 炎症メディエーター
inflammatory mediatormediator of inflammation


mediator of inflammation」

  [★]

  • 炎症メディエーター
inflammation mediatorinflammatory mediator


炎症性メディエーター」

  [★] 炎症メディエーター


炎症」

  [★]

inflammation
炎症反応 inflammatory reaction
  • 急性炎症による有害な刺激物が除去され組織が修復されるが、障害が続けば慢性炎症となる。

主徴 (BPT.32)

原因

  • 病原微生物の感染
ウイルス、リケッチア、細菌、真菌、原虫、寄生虫
  • 外傷
  • 物理的刺激
日光、放射線物質、電気的刺激、摩擦
  • 化学的刺激
酸・アルカリ
  • 壊死物
  • 異物
  • 免疫学的な刺激(アレルギー、自己免疫疾患)

分類

  • 急性 acute
比較的短期間で終了し滲出と好中球浸潤が主体
  • 亜急性 subacute
  • 慢性 chronic
長時間持続し、組織増殖とリンパ球・組織球浸潤が主体
  急性炎症 慢性炎症
概要 滲出性病変が主体 増殖性変化が主体
経過 急性・一過性 遷延性・潜行性
血管 血管透過性亢進 血管新生
間質組織 充血・浮腫 線維芽細胞・血管・間質結合組織の増生
浸潤細胞 好中球→マクロファージ→リンパ球

急性炎症 (BPT.33)

  • vascular change
vasolilation
increased vascular permeability
  • cellular events
cellular recruitment and activation

慢性炎症

メディエーター」

  [★]

mediator
媒介物メディエータ介在物質。転写仲介


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡