濃色効果

出典: meddic

hyperchromic effect

和文文献

  • 染色教材化のための天然染料の削減が後媒染染色布の色に与える影響
  • 駒津 順子,小松 恵美子,森田 みゆき
  • 日本家庭科教育学会大会・例会・セミナー研究発表要旨集 55(0), 60, 2012
  • … た.保存による影響は混合液の2回液で比較した結果,染色液の条件は,保存しないもの(5N)よりも,再抽出の染色材料を冷凍したもの(5F)の方がL*値は低くなり,再抽出の染色材料を冷凍した染色液の濃色効果がみられた.媒染剤の比較では,1NからのL*値の増加率はFeが最大で13%程度,Al,K,UMは7%程度となり,全体的に大きな変化はみられなかった.a*値は,Al,K,UMは減少する傾向がみられ,染色液の条件では …
  • NAID 130005021512
  • シリル基を導入したサブポルフィリンの合成及びその物性
  • 武藤 正裕,鶴巻 英治,大須賀 篤弘
  • 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集) 2010(0), 2P60-2P60, 2011
  • … 特にシリル基には濃色効果があることが知られており、これをポルフィリンに導入することにより、紫外可視領域での吸光度係数の増大および、吸収波長の長波長シフトが観測されている。 …
  • NAID 130004729197
  • アゾベンゼンの紫外可視吸収スペクトルに及ぼすシリル基の濃色効果
  • 石田 真太郎,藤野 光成,石川 みち子,田中 博,山家 昭男,栗原 崇好,久新 荘一郎,松本 英之
  • 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集) 2011(0), 135-135, 2011
  • アゾベンゼンは光機能性色素として広く研究されている。アゾベンゼンの紫外可視吸収スペクトルにおける分子吸光係数を増加させると、微量で光に対して高感度で応答する機能性色素となる。本研究ではアゾベンゼンに種々のシリル基を置換した化合物を合成し、紫外可視吸収スペクトルを測定したところ、分子吸光係数が大きく増加することを見出した。この結果を理論計算によって求めた分子軌道と遷移モーメントによって議論する。
  • NAID 130004645629

関連リンク

Definition of 濃色効果 in Seadict Japanese online Dictionary. Meaning of 濃色効果. Pronunciation of 濃色効果. Translations of 濃色効果. 濃色効果 synonyms, 濃色効果 antonyms. Information about make in the free online Japanese ...
【ベストアンサー】①、②は、「スペクトルと化学構造について」紫外、可視スペクトルは発色基(光を吸収する官能基、多重結合をもつC≡C、C=O、N=N、N=Oなど)と助色基(発色基に結合して ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡