潰瘍辺縁

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 胃粘膜下血腫を合併した消化管アミロイドーシスの1例
  • 村脇 義之,吉村 禎二,三浦 将彦,木科 学,安積 貴年,結城 崇史,田中 新亮,山田 稔,吉田 学,楠 龍策
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 52(5), 1403-1407, 2010-05-20
  • … 例は75歳,男性.静脈血栓症にて抗凝固療法中.上腹部痛と吐血にて受診.上部内視鏡検査で胃前庭部に巨大な粘膜下血腫と同部からの漏出性出血を認めた.保存的加療後,血腫は自壊し潰瘍を形成した.潰瘍辺縁から生検し病理組織でアミロイドの沈着を確認した.検索の結果,多発性骨髄腫による消化管アミロイドーシスと判明した.アミロイド沈着による組織学的脆弱性と抗凝固療法の出血助長が,粘膜下血腫を …
  • NAID 10026910194
  • 非ステロイド性抗炎症剤起因性大腸潰瘍穿孔の1例
  • 崎村 千香,岩本 明美,山根 成之,木村 修,濱副 隆一,村田 陽子
  • 日本消化器外科学会雑誌 41(11), 1978-1982, 2008-11-01
  • … 御を認め,ショックとなったため汎発性腹膜炎の診断で緊急手術を施行した.術中所見では横行結腸に直径1cm未満の小さな潰瘍が3個認められ,うち2個に潰瘍の穿孔が認められた.病理組織学的検査所見では穿孔潰瘍はU1-IV,非穿孔潰瘍はU1-IIであり,潰瘍辺縁の粘膜上皮には異型性は認めなかった.NSAIDsによる大腸穿孔例の報告例は極めて少ないが,NSAIDs投与時には大腸病変の合併も念頭において診療することが重要と考えられる. …
  • NAID 110006980582

関連リンク

辺縁角膜潰瘍は、角膜の周辺(角膜輪部)に沿って角膜の表面から実質に掛けての細胞浸潤を伴う潰瘍を生じる疾患です。 充血、異物感、羞明(まぶしさ)、痛みなどを伴います。リウマチや糖尿病に伴うものもあります。
【角膜辺縁潰瘍】 まぶたの縁などに存在しているブドウ球菌に対する、アレルギー反応。 抗生物質やステロイド薬の点眼 いずれも、両目同時に発症する両眼性ですが、頻度の高い病気ではありません。 【蚕食性角膜潰瘍】 角膜組織 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「潰瘍」「辺縁

縁」

  [★]

edgemarginrimbrimmarginally
限度マージン余裕輪郭わずか余分エッジ周縁部周辺部分


潰瘍」

  [★]

ulcer
ulcus
びらん
  • 粘膜の損傷が粘膜筋板に達し、その筋層を貫通した場合。



辺縁」

  [★]

bordermarginal
帯域辺縁性境界境を接する




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡