潜時-音圧曲線

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 聴性脳幹反応による術中聴覚評価 : 耳小骨奇形3症例の報告
  • 船井 洋光,沖田 渉,堀内 康治
  • 日本耳鼻咽喉科学会会報 92(2), 176-182, 1989
  • Intraoperative auditory brainstem responses (ABRs) were monitored in 3 patients undergoing middle ear surgery for congenital ossicular anomalies. It was investigated whether this technique was capable …
  • NAID 130000808401

関連リンク

聴性誘発反応と違い音圧によって潜時は変化しません。 ... この様な入出力曲線は通常 60~70dBSPL付近に変曲点を持ち、高音圧では線形を呈します。70dBSPL以下の 低音圧刺激による反応は動物の死後10~30分で消失し、70dBSPL以上の高音圧 では ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「」「曲線」「潜時」「音圧

線」

  [★]

linestring
裏打ち系統ライン


時」

  [★]

time
期間時間時期~倍の長期効果

曲線」

  [★]

曲げる曲がるカーブ

潜時」

  [★]

latency
興奮伝導



音圧」

  [★]

sound pressure
圧力




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡