潜在的致死損傷

出典: meddic

和文文献

  • Combined Treatment Effects of Irradiation and SN-38, an Active Metabolite of Camptothecin Derivative Irinotecan, on the Human Tumor Cell Line PECA 4197 (ヒト腫瘍培養細胞株PECA4197に対する放射線およびSN-38(カンプトテシン誘導体イリノテカン活性代謝物)併用効果)
  • 真里谷 靖,STREFFER Christian,ZOLZER Friedo,阿部 由直
  • 弘前醫學 51(1), 10-14, 1999
  • The in vitro combined effects of irradiation and SN-38, an active metabolite of irinotecan, on the human squamous cell carcinoma cell line PECA4197 derived from a head and neck carcinoma were examined …
  • NAID 110004771265
  • デアザアデノシンによるX線潜在的致死損傷修復阻害の作用機序に関する研究
  • 大久保 整,久保 喜平
  • 1990-02-01
  • The effects of deaza-derivatives of adenosine on the repair of the X-ray-induced potentially lethal damage (PLDR) were studied. Postirradiation treatment with 1- and 7-deazaadenosines (C1- and C7-Ado) …
  • NAID 120001796751

関連リンク

<概要> 生体には、いくつかの防御機構があり、放射線障害から正常な状態に戻す能力が備わっており、これを回復または修復という。この中には、DNA 分子や細胞内構造の損傷を修復する細胞内修復と細胞集団レベルでの再生を含む ...
15 放射線障害からの回復 細胞は放射線による障害から回復する能力を持っています。回復の概念は次の二つに分けられます。 (1)亜致死(SLD)損傷からの回復(エルカインド回復)

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
関連記事損傷」「潜在的」「潜在」「致死」「

損傷」

  [★]

injury, lesion
傷害
  • 損傷 injury:組織の生理的な連絡が絶たれる、または機能が傷害された状態 → 機能障害が含まれる。
  • 機械的なエネルギーにより生じた損傷。
  • 外力によって生じた組織損傷を総括して創傷と言うが、皮膚や粘膜の連続性が離断した開放性損傷を<創>、連続性が保持された閉鎖性損傷を<傷>と区別して用いることがある(SLE.12)

分類(SLE.106)

  • 鈍体損傷
  • 鋭器損傷
  • 刺器・尖器によるもの
  • 銃器・火薬による損傷

参考

  • 1.
[display]http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0906.htm
  • 2.
[display]http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/legal.dir/lectures/newest/node4.html


潜在的」

  [★]

potentialpotentiallylatently
可能可能性強力電位ポテンシャル有望

潜在」

  [★]

latent
潜在性潜伏不顕性潜在型


致死」

  [★]

lethal, mortal
致死的致命的致死性

傷」

  [★]

wound
創傷傷つける





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡