漿液細胞

出典: meddic

serous cell



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/16 15:13:22」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ウシにおける分泌型炭酸脱水酵素(CA-VI)の組織局在について
  • 浅利 昌男
  • 麻布大学雑誌 13/14, 113-116, 2006
  • … その結果CA-VIは食道粘膜上皮おおよび前胃部粘膜上皮の重層扁平上皮の基底細胞,大腸各部の腸腺上部上皮,耳下腺漿液細胞,下顎腺の漿液性半月細胞と導管系上皮,単孔舌下腺および食道腺上皮細胞にその存在を示す免疫反応が見られた。 …
  • NAID 110006391496
  • ベージュラット (Chediak-Higashi症候群) の自然発生皮膚病変
  • 尾崎 清和,西川 哲,西村 正彦,奈良間 功
  • The journal of veterinary medical science 59(8), 651-655, 1997-08-25
  • … 顕微鏡的に表皮は細胞間浮腫, 膿疱および漿液細胞性の痂皮を伴った糜燗で, 膿疱内には多数の好酸球を容れており, 皮膚表面にはグラム陽性細菌が認められた. …
  • NAID 110003915218

関連リンク

栄養・生化学辞典 漿液細胞の用語解説 - 外分泌腺にあって,タンパク質を分泌する細胞.膵臓の外分泌細胞,胃の主細胞など.... ... 漿液細胞 1件の用語解説(漿液細胞で検索) Tweet 栄養・生化学辞典 の解説 漿液細胞 外分泌腺に ...
漿液性終末部: 丸い、腺細胞は漿液細胞 (円錐形、明るく丸い核、赤く染まる分泌果粒)細胞と細胞の境界不明瞭、腺腔は確認困難、粘液性終末部より多い。 粘液性終末部 : 細長い、時に分岐、腺細胞は粘液細胞(円柱状、核は ...
・細胞内に粘液を有するものもある(粘液はPAS反応やアルシアン青染色陽性) 核 ・偏在傾向 ... 卵巣漿液性腺癌による腹水では,乳頭状集塊の表面に釘細胞を認めるのが特徴である. ×→八頭状の突出像。釘細胞は乳腺や甲状腺の乳頭状癌 ...

関連画像

液相單層細胞篩檢 46a. 腺房細胞癌 (純漿液腺型細胞内液と細胞外液は、中身の  46a. 腺房細胞癌 (純漿液腺型


★リンクテーブル★
リンク元呼吸器の上皮の移行」「気管
関連記事細胞

呼吸器の上皮の移行」

  [★]

気管支の分岐
区分 部位   構造を支持する組織 単層扁平上皮 単層立方上皮 単層円柱上皮 角化重層扁平上皮 非角化重層扁平上皮 呼吸上皮 嗅上皮   表皮 基底細胞 杯細胞 線毛細胞 刷子細胞 漿液細胞 DNES細胞 嗅細胞 支持細胞 クララ細胞 線毛立方細胞 I型肺胞上皮細胞 Ⅱ型肺胞上皮細胞   組織   そのほかの特徴
肺外気道 鼻前庭   硝子軟骨                                         - 脂腺と汗腺   鼻毛
鼻腔:呼吸部   硝子軟骨と骨                               鼻甲介と鼻中隔前部に動脈叢と静脈洞。リンパ小節、肥満細胞、形質細胞 粘漿混合腺    
鼻腔:嗅部   骨(篩骨)                                        ボウマン腺(漿液性)    
肺外気道 咽頭鼻部   骨格筋                               リンパ成分 粘漿混合腺   咽頭扁桃、耳管
咽頭口部   骨格筋         ○← ←○                     リンパ成分 粘漿混合腺   口蓋扁桃
咽頭喉頭部   硝子軟骨
弾性軟骨(喉頭蓋軟骨、楔状軟骨)
       
(喉頭蓋の上面,声帯ヒダ)
                    リンパ成分 粘液腺と粘漿混合腺   咽頭扁桃、咽頭蓋、声帯ヒダ、前庭ヒダ
器官と主気管支   硝子軟骨と密性結合組織                                 粘液腺と粘漿混合腺   外膜にC字型の器官軟骨と器官筋(平滑筋)
肺内気道 二次気管支   硝子軟骨と平滑筋                                 粘漿混合腺   硝子軟骨の板とラセン状の2層の平滑筋層
細気管支 bronchiole 平滑筋                                     なし   直径1mm以下。商用に空気を送る。ラセン状の2本の平滑筋束
終末細気管支 terminal bronchiole 平滑筋                                         なし   直径0.5mm以下。呼吸部に空気を送る。平滑筋少々。
呼吸部 呼吸細気管支 respiratory bronchiole 平滑筋と膠原繊維                                   なし   壁に肺胞あり。肺胞の入り口には平滑筋の括約筋あり。
肺胞管 alveolus duct 細網繊維(III型コラーゲン)と肺胞の平滑筋性括約筋                                         なし   それ自体の壁はなく肺胞が並ぶ
肺胞嚢 alveolar sac III型コラーゲンと弾性繊維                                         なし   肺胞の集合
肺胞 alveolus III型コラーゲンと弾性繊維                                         なし   直径200um。肺胞大食細胞あり

気管」

  [★]

trachea (Z), tracheal tube
trachea
気管支気管支の分岐

解剖

  • 長さ12cm、直径2cm (HIS.298)。
  • C6椎体-T5椎体 / C6椎体の下部より始まりT4-T5椎体で左右の気管支に分かれる。)
  • 喉頭の輪状軟骨の直下から始まり主気管支が分岐するところに終わる。 (HIS.298)

粘膜

  • 1呼吸上皮(粘膜上皮):多列線毛上皮
  • a. 杯細胞 goblet cell 30% 粘液物質の分泌 ムチンmucin
  • b. 線毛細胞 ciliated cell 30% 核は基底部に存在 線毛と微絨毛
  • c. 基底細胞 basal cell 30% 丈の低い細胞、未分化細胞 
  • d. その他 刷子細胞漿液細胞DNES細胞 など
  • 2. 粘膜固有層 疎性結合組織 膠原線維、弾性線維、気管腺(混合腺)
  • 3. 粘膜下組織 密生結合組織 
  • 4. 外膜 気管軟骨 馬蹄形(C字軟骨)後方に開いている。10-12個


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡