漸進的筋弛緩法

出典: meddic

progressive muscle relaxation



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 漸進的筋弛緩法の習得過程における騒音負荷へのストレス反応
  • 今別府 志帆,山田 重行
  • 椙山女学園大学看護学研究 3, 29-35, 2011-03
  • NAID 40018756073

関連リンク

<漸進的筋弛緩法> エドモンド・ジェイコブソンが開発した方法で、筋肉の緊張と弛緩を繰り返し行うことにより身体のリラックスを導く方法で、「漸進的筋弛緩法」と呼ばれる。筋肉の完全な弛緩を誘導するために、各部位の筋肉を ...
漸進的筋弛緩法とは? アメリカのジェイコブソンという生理心理学者によって考えられたリラクゼーション法です。 身体の各骨格筋に意識を向けながら、意図的に強く緊張させた後、一気に脱力させるという手順を繰り返すこと ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「弛緩」「漸進的」「筋弛緩

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


弛緩」

  [★]

relaxationrelax
緩和、ほどけるリラクゼーション


漸進的」

  [★]

gradualgradually
次第ゆっくり徐々

筋弛緩」

  [★]

muscle relaxation, muscular relaxation





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡