溶血クリーゼ

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

赤血球の形態異常が溶血の診断に資することはまれであるが,しばしば溶血の存在および原因を示唆する( 溶血による貧血: 溶血性貧血における赤血球の形態的変化表 2: 参照)。球状赤血球症は活発な溶血に最も特異的な赤血球の形態 ...
発作性夜間血色素尿症 発作性夜間血色素尿症はまれな疾患で,血管内溶血とヘモグロビン尿によって特徴づけられるが,後者は特に睡眠中に強まる。白血球減少,血小板減少,および偶発性のクリーゼが一般的である。
肉眼的ヘモグロビン尿は溶血クリーゼに伴って観察される場合が多く、pale red~黒褐色を呈します。 溶血に関連した合併症として急性腎不全、鉄欠乏性貧血、動静脈血栓症、骨髄無形成クリーゼや巨赤芽球性クリーゼがみられ、骨髄低 ...

関連画像

凝固因子の補充が必要なもの鎌状赤血球症と遺伝性球状 Sickle Cell Nephropathy強皮症における肺胞出血は稀な


★リンクテーブル★
関連記事溶血」「

溶血」

  [★]

hemolysis, hematolysis
HELLP syndrome
溶血性疾患 see → OLM.125

溶血と臨床検査

  • 採血した血液の溶血により影響の大きい測定項目はLDHASTである。
  • しかしながら下表によれば、LDH、Fe、酸ホスファターゼ、カリウム、AST、ALTの順に影響が大きいとある。

血清と赤血球の生化学成分の濃度差

LAB.465
成分 単位 血漿 赤血球 赤血球/血漿
クレアチニン mg/dl 1.1 1.8 1.63636363636364
非タンパク性窒素 mg/dl 8 14.4 1.8
Mg mEq/l 2.2 5.5 2.5
非糖性還元物質 mg/dl 8 40 5
ALT IU/l 30 150 5
AST IU/l 25 500 20
カリウム mEq/l 1.1 100 90.9090909090909
酸性ホスファターゼ IU/l 3 200 66.6666666666667
Fe ug/dl 100 9700 97
LDH IU/l 360 58000 161.111111111111
アルギナーゼ IU/l trace 12 >1,000,000


血」

  [★]

blood, (漢方)blood and body fluid energy
血液血中




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡