溶菌性ファージ

出典: meddic

lytic phage
ビルレントファージ virulent phage


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 6-13 水田表面水中のSphingomonas sp.に感染する溶菌性ファージの遺伝子解析(6.土壌生物,2007年度東京大会)
  • 中山 奈津子,奥村 真未,井上 勝弘,浅川 晋,木村 眞人
  • 日本土壌肥料学会講演要旨集 (53), 40, 2007-08-22
  • NAID 110006598198

関連リンク

正式にはバクテリオファージと呼ばれるが、略称にあたるファージが定着しており、 一般にはこちらが用いられることが少なくない。 タンパク質の外殻に遺伝情報を担う 核酸 (主に二本鎖DNA) を持っている。ファージが感染し増殖すると細菌は溶菌という 現象を ...
ファージはその生活環から溶菌性ファージと溶原性ファージに分類できる。溶菌性 ファージは感染後期に宿主を溶菌する。一方,溶原性ファージは宿主を直ちに溶菌 しない。注入されたファージゲノムは一旦宿主ゲノムに組み込まれる。この状態をプロ ファージと ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事溶菌性」「ファージ」「溶菌」「

溶菌性」

  [★]

lyticbacteriolytic
溶解性溶解薬溶菌

ファージ」

  [★]

phage, bacteriophage
バクテリオファージ


溶菌」

  [★]

bacterial lysis, bacteriolysis, lysis



性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡