溶菌サイクル

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

第13章 ラムダファージの感染サイクル ファージの研究を振り返ると、その源においてお互いに相容れない、2つの考え方があった事に気付く。 ファージを最初に実験的に扱ったのはカナダ系フランス人の d'Herelle(1917)である。
バクテリオファージは、細菌に寄生するウィルスである。 バクテリオファージの生活環には、溶菌サイクルと溶原サイクルの2 種類ある。 ほとんどのファージは溶菌サイクルを持ち、溶原サイクルを持つファージはわずかで ...

関連画像

溶菌サイクル B・・ 溶原 交流磁界を利用した薬効 溶 菌 サイクル か 溶 原 を する つまり 溶 菌 化 の 10 磁界を用いた薬効調節に関 13-2-3:溶原化と溶菌化の


★リンクテーブル★
関連記事」「サイクル」「溶菌

菌」

  [★]

fungusfungimicrobial
菌類真菌真菌類微生物

サイクル」

  [★]

cycle
回路周期ヘルツ


溶菌」

  [★]

bacterial lysis, bacteriolysis, lysis





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡