湘南鎌倉総合病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 特定医療法人沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院

url

理念

  • 「いつでもどこでもだいれでもが安心して病院にかかれる地域社会」の創造に貢献出来る事を最大の目標としています。目標の達成手段として、地域住民のニーズにいつもきめ細かく対応しつつ、最善の医療をこの地域に展開したいと考えています。常に医療活動の中心を患者様と共にあることを理想としながら、急性期、慢性期から高度先進医療まで、リハビリから在宅、介護、福祉まで、健康増進から予防医療まで、僻地離島医療を含む幅広い医療を学びながら知識や技術を身に付け、人間性を高める研修プログラムを完成したいと願います。最善の医療の提供ノウハウは、医療技術や知識だけではなく、まして最新鋭の医療機器でもありません。それは「すべての意味での心からのサービスを提供しよう」と、こだわりつづける心の中に存在すると思います。それがこの病院における共通の価値観でありたいと思います。院内の運営方針としては、いつでも活力あふれた若々しい組織でありたいと思います。働きがいのある職場にいて、たった一つのかけがえのない人生を、ここで働くことで意味のある時間を過ごしていただきたいと思います。それには、職員の一人一人が共通の価値観を基盤にし、形式や因習、上下の職制にとらわれない自由なコミュニケーションの機会を数多くつくりながら、新しいものにチャレンジしていく精神を皆でバックアップしていきたいと思います。患者様の為を思う

住所

  • 247-8533 鎌倉市山崎1202-1

診療の特徴、実績

  • 「いつでも、誰にでも良い医療を提供する」ことに病院全体で取り組んでいます。日帰り手術や最先端医療サービス、地域密着型の多角的な医療活動を実施。年中無休24時間、365日患者様を絶対に断らない救急体制で地域医療に貢献します。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 462.3人

一日平均外来患者数

  • 1,107.9人

平均在院日数(一般/精神)

  • 9.6日/0.0日

年間分娩件数

  • 1045件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 14件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/6回

当院の救急医療の特徴

  • 年中無休24時間体制で救急優先で運営され1次から3次までどんな患者様でも受け入れを決して断ることがない救急診療を実施しており、救急専属の医師を配置しており、初期対応を救急で行い、診断後専門科へとスライドする体制をしいている。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 109.3人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 27.8人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 169人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 10回

当直手当

  • 有り(当直1回につき10,000円支給)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 7人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 10人

勤務体制

  • 主要科全て当直あり

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 無し

指導医から一言

  • 湘南鎌倉総合病院の研修の目標は、自分自身が「良い臨床医」になることだけでなく将来若い人達を育成できる指導医にことです。良い臨床医は、患者様に対してempathyを持ち、全人的に診断ができ、的確な診断治療を行える医師です。この目標が達成できるように研修体制には様々な工夫がされています。1.研修に集中できる。実験や先輩の学会手伝い等の雑用がない。学閥がない。2.Primacy Care,Emergency Care の研修が充実している。3.マッチング制度以前から全科ローテーション実績ある(スーパーローテーション) 4.離島僻地医療も研修できる。5.専門医教育が充実している。6.研修修了後も、指導医として活躍できる。7.学会活動ができる。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 遠くで救急車のサイレンが鳴っている。救急外来の歴史を感じさせるドアが「バンッ」と開かれると、運ばれてきた患者に直ぐに診療を開始する研修医。インフルエンザ、小児中耳炎、骨折だのと老若男女問わず、疾患問わず、日夜かまわず来院する患者の列。私が研修病院として憧れ続けた北米型ERがここ湘南鎌倉総合病院には存在していました。年間200人近く見学に訪れる学生達に必ず質問される「良い研修病院とは」について考察する事でこの病院の紹介に変えたいと思います。どのような研修を希望するか、個人によって大きく需要が異なってくるのは事実ですが、医師としての基礎固めをするにあたって重要な事は以下の点ではないでしょうか。第一に熱心な指導医、先輩がいること。概して良い研修病院には情熱を持った教え上手な若き医師が集まるもので、この病院も若き初期・後期レジデントが駆動力となって回っています。そこには当たり前のように後輩を指導する雰囲気があり、研修医達には当たり前のように各科の垣根無くコンサルトを行い、上級医に指導を受ける熱気がムンムンと満ちています。当院の教育指導体制は一昔前に比べてさらに改善されつつあり、その代表例が医師としての基本手技をシミュレーターを用いてDr.Branchの指導の下訓練されることや、英語でのプレゼンテーション、ディスカッション、回診等をマンツーマンで受けるなどといったものは特徴です。第二にERの当直が二年間を通してあることです。ER当直帯のみの二年間で1500人以上の救急車・外来患者を診ることになり、さらに日常の各科ローテーション中の症例を合わせれば、もうお腹一杯です。多忙さに咽び泣く夜が続くとも、慣れればそれが当たり前に感じるようになり、徐々にできる事も増えるにつれ必ず楽しくなってきます。私が学生実習に来た時に、ここの研修医は皆忙しくて疲れている筈なのに何故かキラキラと輝いているよう見えたのは、きっと今私が感じている楽しさにあったのではないかと思います。ERで子供も大人も老人も最前線に立って診療できる当直の機会は、何科に進むにしろ医師としての基礎体力作りに最高の環境なのではないかとさえ思えてきます。第三に病院全体の雰囲気の良さです。どの職種も全国各地から集まっており、皆プロ意識が高く、向上心に長けています。絶対に断らない医療を実行する為には医師だけの努力では不可能で、全員の努力が合ってこそ実現可能なのだと思います。しょっちゅう怒られてばかりですが、私達が何も出来ないことを知っている為に基本的なことから根気強く教えて下さいます。そんなこんなでいつの間にか医師として8ヶ月が経ち、乳児がつかまり立ちで歩くかの如く日々の成長を確かめつつ楽しんでいる毎日です。気になったらまずは足を運んでみて下さい。そして未来の湘南鎌倉レジデントを指導する為にも、我々も日々研鑚を積んでお待ちしています。来春お会いできることを楽しみにしています。

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 湘南鎌倉総合病院 内科・ER合同カンファレンスから 腰背部痛を訴え救急搬送された女性
  • 稲田 悠 [症例提示],船木 裕 [症例提示],西野 宏一 [症例提示他]
  • 日経メディカル 42(12), 103-106, 2013-12
  • NAID 40019902065
  • ドクターの肖像(165)徳本直彦 湘南鎌倉総合病院腎移植外科部長 東京女子医科大学泌尿器科助教 : 100%の成功率にこだわりたい。 腎移植のゴッドハンド、いざ鎌倉。
  • 中村 明 [聞き手],郷 好文
  • Doctor's magazine (166), 4-11, 2013-08
  • NAID 40019770910

関連リンク

2016年11月08日 湘南鎌倉総合病院 第2 駐車場のご案内について 2016年11月08日 産婦人科 予約変更・キャンセルが当院HPから可能になりました。 2016年11月02日 湘南鎌倉薬剤師セミナー開催のお知らせ 2016年11月01日 2016年11 ...
江 藤沢駅南口 アズビル前・武田薬品前経由 → 湘南鎌倉総合病院前 折り返し運転 診療科一覧 総合内科 神経内科 糖尿病内分泌内科 腎臓病総合医療センター 腎免疫血管内科 血液浄化センター 腎移植外科 泌尿器科 フット外来 ...

関連画像

湘南鎌倉総合病院外観湘南鎌倉総合病院 看護師 湘南鎌倉総合病院 湘南鎌倉総合病院に勤めました


★リンクテーブル★
関連記事総合

総合」

  [★]

comprehensiveoverall
全体全体的包括的全体的に見て網羅的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡