温室効果ガス

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/10 12:50:21」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 温室効果ガス(2005年度比) 2013年 1.3%増▼2020年 3.8%減 本格的な低炭素社会が到来 街、住宅、暮らしがスマートに : 温室効果ガス3.8%削減の達成を目指す (住宅産業界を待ち受ける"5年後の未来" どうなる2020年の社会、暮らし、そして住まい)
  • ハウジング・トリビューン 2015(1), 44-47, 2015-01-23
  • NAID 40020311631
  • 2013年度温室効果ガス排出量 過去最大の13億9500万トン : 原発停止で1・5億トン増 : 環境省
  • 注目されるCOP20での枠組み草案 : 温室効果ガス削減のスキームが焦点
  • オイル・リポート : 石油とガスのオピニオン・情報誌 (1677), 1-5, 2014-12-02
  • NAID 40020278097

関連リンク

温室効果ガスインベントリ(報告書、データベース)(リンク) 2012年度(平成24年度)温室効果ガス排出量 速報値(2013年11月) <概要> [PDF 147KB] <全体版> [PDF 549KB] 二酸化炭素排出量の排出区分(部門)の内訳について [PDF 116KB]
H18.4.1から、特定排出者に自らの温室効果ガスの排出量を算定し国に報告することが義務付けられます。ここでは、制度概要の説明や必要な様式のダウンロードや関連資料が参照できます

関連画像

温室効果ガス 、温室効果ガスの種類と特徴温室効果ガスの特徴温室効果ガスの特徴


★リンクテーブル★
関連記事温室効果」「ガス

温室効果」

  [★]

greenhouse effect
地球温暖化


ガス」

  [★]

gas
気体




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1PVC波形板 82
2多毛 54
3content 37
4日常生活自立度 32
5日本多毛 23
6開散麻痺 17
7cepharexin antibiotic 17
8中隔子宮 17
9てんかん(パーソナリティ変化) 17
10ずり足 16
11ジセチアミン フルスルチアミン 16
12左室流失路狭窄症 16
13中心脳性てんかん 症状 15
140 HTTP/1.1 14
15大腿骨骨折 12
16津守式発達検査 内容 12
17難病 一覧 10
18深部脳波 9
19日本多毛视频 9
20スクシニル 9

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛 16
2ジフェニルピラリン塩酸塩 8
3S. Ahmed,M. Dhar G. Mittal, N. K. Bhat N. Shirazi V. Kalra H. C. Sati V. Gupta A comparative hospital-based observational study of mono- and co-infections of malaria, dengue virus and scrub typhus causing acute undifferentiated fever European Journal of Clinical Microbiology & Infectious DiseasesApril 2016, Volume 35, Issue 4, pp 705–71 6
4肺血管抵抗 単位 6
5ゴーシェ細胞 6
6content 6
7アシュネル試験 6
8セルロースアセテート ニプロ 5
9日本多毛 5
10日常生活自立度 4
11腎杯拡張とは 4
12ソルメルコート 4
13多形癌とは 4
14段階別看護ケア 4
15無核卵子 4
16spike状の発熱 4
17牙龈图片 4
18菌体抗原 4
19じょうしょうのうどうみゃく 3
20陳旧性肺結核とは 3