温室効果ガス

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/10 12:50:21」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 温室効果ガス(2005年度比) 2013年 1.3%増▼2020年 3.8%減 本格的な低炭素社会が到来 街、住宅、暮らしがスマートに : 温室効果ガス3.8%削減の達成を目指す (住宅産業界を待ち受ける"5年後の未来" どうなる2020年の社会、暮らし、そして住まい)
  • ハウジング・トリビューン 2015(1), 44-47, 2015-01-23
  • NAID 40020311631
  • 2013年度温室効果ガス排出量 過去最大の13億9500万トン : 原発停止で1・5億トン増 : 環境省
  • 注目されるCOP20での枠組み草案 : 温室効果ガス削減のスキームが焦点
  • オイル・リポート : 石油とガスのオピニオン・情報誌 (1677), 1-5, 2014-12-02
  • NAID 40020278097

関連リンク

温室効果ガスインベントリ(報告書、データベース)(リンク) 2012年度(平成24年度)温室効果ガス排出量 速報値(2013年11月) <概要> [PDF 147KB] <全体版> [PDF 549KB] 二酸化炭素排出量の排出区分(部門)の内訳について [PDF 116KB]
H18.4.1から、特定排出者に自らの温室効果ガスの排出量を算定し国に報告することが義務付けられます。ここでは、制度概要の説明や必要な様式のダウンロードや関連資料が参照できます

関連画像

温室効果ガス 、温室効果ガスの種類と特徴温室効果ガスの特徴温室効果ガスの特徴


★リンクテーブル★
関連記事温室効果」「ガス

温室効果」

  [★]

greenhouse effect
地球温暖化


ガス」

  [★]

gas
気体




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡