減塩食

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 発酵調味液「ベルダッドF7」を活用した減塩食品への応用 (特集 おいしい減塩プロジェクト(3)減塩素材の新たな展開)
  • 減塩食品向け調味料「ぽたしおOD」の特性と応用開発 (特集 おいしい減塩プロジェクト(3)減塩素材の新たな展開)
  • 褐藻の魅力と活用 (特集 新たな機能性表示食品制度と食品開発の方向)
  • JATAFFジャーナル = JATAFF journal : 農林水産技術 3(8), 10-14, 2015-08
  • NAID 40020553780

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問101D044」「098A029」「082B090
関連記事」「減塩

101D044」

  [★]

  • 次の文を読み、43、44の問いに答えよ。
  • 60歳の女性。健康診査で高血圧を指摘されて来院した。
  • 現病歴: 1か月前に健康診査を受けたところ、血圧が高いと指摘され、病院受診を勧められた。
  • 既往歴: 20年前に人間ドックで蛋白尿と血尿とを指摘されたが、二次検査では心配ないと言われた。出産は2回で、いずれも正常であった。
  • 家族歴: 母親が高血圧、父親が高血圧と糖尿病。
  • 現症: 意識は清明。身長156cm、体重48kg。脈拍76/分、整。血圧170/96mmHg。血圧に左右差はない。皮膚に発疹を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部に異常を認めない。下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見: 尿所見:蛋白3+、糖(-)、潜血2+、沈渣に赤血球10~20/1視野、白血球0~2/1視野、赤血球円柱(+)、白血球円柱(-)。
  • 血液所見:赤血球320万、Hb9.6g/dl、Ht28%、白血球5,600、血小板23万。
  • 血清生化学所見:空腹時血糖118mg/dl、HbA1c6.0%(基準4.3~5.8)、総蛋白6.5g/dl、アルブミン3.9g/dl、尿素窒素62mg/dl、クレアチニン4.6mg/dl、AST12IU/l、ALT9IU/l、Na138mEq/l、K5.1mEq/l、Cl 105mEq/l、Ca7.8mg/dl、P5.2mg/dl
  • 対応として適切でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101D043]←[国試_101]→[101D045

098A029」

  [★]

  • 68歳の男性。下肢のむくみと腹部膨満感とを主訴に来院した。C型慢性肝炎で
  • 長期に加療中であった。8月初旬、下肢のむくみに気付き8月末から尿量の減少と
  • ともに腹部膨満感が出現した。腹部は軽度膨隆し、肝を心寓部に8cm触知する。
  • 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球365万、白血球3,700、血小板7
  • 万。血清生化学所見:総蛋白5.8g/dl、アルブミン2.8g/dl、尿素窒素27mg/dl
  • アンモニア138μg/dl(基準18~48)、総ビリルビン1。9mg/dlAST68単位(基準
  • 40以下)、ALT58単位(基準35以下)、アルカリホスファターゼ326単位(基準260
  • 以下)、7-GrP46単位(基準8~50)、Na137mEq/l、,K3.3mEq/l、Cl102mEq/
  • 1。免疫学所見:HBs抗原陰性、HBs抗体陽性、HCV抗体陽性、抗核抗体陰性、
  • α-フェトブロテインくAF朽18ng/ml(基準20以下)。
  • 適切な治療はどれか。
  • a. 高蛋白食
  • b. 減塩食
  • c. 水分補給
  • d. 塩化カリウム薬急速静注
  • e. 副腎皮質ステロイド薬投与
[正答]


※国試ナビ4※ 098A028]←[国試_098]→[098A030

082B090」

  [★]

  • 42歳の男性、2年前から顔面と手背とに小水疱が多発し、色素沈着または瘢痕を残す。皮膚脆弱性と多毛とがある。
  • 適切な治療はどれか?

食」

  [★]

phago、(天文)eclipse
エクリプス覆い隠す

減塩」

  [★]

sodium restrictionhypochloric
塩分制限




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡