済生会山口総合病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 済生会山口総合病院

url

理念

  • 「私たちは地域社会に信頼され、質の高い医療を提供します。」

住所

  • 753-8517 山口市緑町2番11号

診療の特徴、実績

  •  済生会山口総合病院は地域における中核的総合病院として高度急性期・専門医療をめざしている。さらに、高度救急医療にも積極的に取り組み、日々昼夜を問わず救急搬送の受け入れ体制に万全を期している。同時に地域住民の健康増進のための健診事業にも力を入れている。高度急性期・専門医療、救急医療、健診事業は当院の目指す途である。

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 278.7人

一日平均外来患者数

  • 542.9人

平均在院日数(一般/精神)

  • 15.2日/0.0日

年間分娩件数

  • 126件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 0件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/1回

当院の救急医療の特徴

  • 山口保健医療圏をカバーする二次救急医療機関として、地域医療に必要とされ迅速かつ高度な医療を提供している。 山口市救急車医師同乗システムを導入し、救命率の向上を図っている。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科/外科/整形外科/脳神経外科/皮膚科/眼科/耳鼻咽喉科/泌尿器科/産婦人科

一日平均救急外来患者数

  • 20.1人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 4.4人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 58人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 3-4回

当直手当

  • 有り

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 2-4人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1-2人

勤務体制

  • 平日は16:30-8:30、休日は2交代 

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院は、研修医の採用を最大4名に限り、それぞれの研修医の希望を含めてテーラーメイドの研修カリキュラムとしていることが特徴です。選択科目が自由に選べるだけでなく、自ら希望する研修を重点的に受けられるように変えられます。必修科目である精神科は、協力病院である仁保病院で行い、小児科は山口赤十字病院で行います。地域医療は、療養型病床を持つ済生会湯田温泉病院で、在宅医療や福祉については山口地域ケアセンターで、また診療所での研修を希望する場合は山口市内の診療所で研修を受けることが出来ます。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 「済生会山口総合病院での研修」 済生会山口総合病院で卒後臨床研修を開始して1年半が経ちました。毎日目の前の仕事を行うのに一生懸命で、あっという間に時間が経ってしまったと感じてしまいます。この1年半の間に、内科、外科、脳神経外科、麻酔科、救急、小児科、産婦人科、精神科、地域医療というたくさんの科を研修させていただきました。1つ1つの科は4-6週間という短い研修期間でありましたが、多くの診療科の先生に直接御指導していただき、本当に充実した研修生活を送ることができました。各科それぞれの視点から患者さんを診ることができるという点で、医療者として働き始めた第一歩としての現在の臨床研修医制度は非常にいいものであると感じます。 済生会山口総合病院での研修は、医局で他科の先生に直接相談しながら診療に当たることもでき、非常に恵まれた環境で研修を行うことができると思います。また、救急当直も当直の先生方のサポートのもとで、たくさんの症例を学ぶことができます。忙しいときには、あっという間に朝を迎えて辺りが明るくなっているという事もありますが、いろいろな事を学び、吸収する事ができる今の時期にこの病院で研修ができる事は本当に良かったと思います。

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 気管周囲に限局した縦隔原発リンパ形質細胞性リンパ腫の1例
  • 野口 真吾,矢寺 和博,神保 充孝 [他],福田 洋子,山崎 啓,長田 周也,川波 敏則,石本 裕士,村木 和彦,小野 史朗,河野 裕夫,湧田 幸雄,迎 寛
  • 産業医科大学雑誌 35(3), 213-218, 2013-09-01
  • 症例は54歳男性.健診時の胸部X線写真の異常陰影を指摘され紹介された.胸部CTで気管周囲縦隔の軟部陰影を認めたが,同軟部陰影は一時的な縮小傾向を認めたため,経過観察とした.その後,徐々に同軟部陰影の増大を認めたため,初診から3年後に外科的に縦隔腫瘍の摘出術を施行した.病理所見では類円形のやや偏在する核や粗大なクロマチンを有する形質細胞様あるいは小リンパ球様細胞のびまん性の増殖を認め,免疫染色ではこ …
  • NAID 110009657660
  • 下肢静脈瘤診療におけるベインビュアビジョン【○!R】の使用経験
  • 斎藤 聰,八木 雄史,岡崎 嘉一,神保 充孝,上杉 尚正,小林 俊郎,高橋 剛,郷良 秀典
  • 静脈学 24(3), 345-349, 2013-08-25
  • NAID 10031195506

関連リンク

私たちは地域社会に信頼され、質の高い医療を提供します。外来、入院、診療・部門、医療関係者向け情報、当院概要、採用情報を紹介しています。
私たちは地域社会に信頼され、質の高い医療を提供します。外来、入院、診療・部門、医療関係者向け情報、当院概要、採用情報を紹介しています。

関連画像

前菜はもちろん北京ダックや 山口総合病院済生会山口総合病院情報誌 済生会山口総合病院情報誌


★リンクテーブル★
関連記事総合

総合」

  [★]

comprehensiveoverall
全体全体的包括的全体的に見て網羅的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡