混合リンパ球反応

出典: meddic

mixed lymphocyte reaction MLR
混合白血球反応 mixed leukocyte reaction

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • CTLA4-Igプラスミドのhydrodynamic methodによる遺伝子導入とラット同種心移植における生着延長効果
  • 竹久保 賢
  • 新潟医学会雑誌 118(9), 458-466, 2004-09-10
  • … CTLA4-Ig濃度は投与後1日で5μg/mlと最高値に達し,100日以上にわたり1μg/ml以上の濃度が維持された.組織学的検討では遺伝子導入群で移植心の心筋細胞は正常に保たれ,単核球細胞浸潤が抑制された.さらに,混合リンパ球反応試験において遺伝子導入動物から分離した血清を加えることでリンパ球の同種反応性の増殖反応が抑制され,血中でのCTLA4-Igの機能性蛋白の存在が確認された.結語:naked DNAを用いてhydrodynamic methodを用いる …
  • NAID 110004780626
  • マウス腹腔マクロファージ由来樹状綱胞の性状および機能解析(免疫学)
  • Makala L.H.C,西川 義文,早島 稚之,井上 昇,玄 学南,鈴亦 宏志,藤崎 幸翠,見上 彪,長澤 秀行
  • The journal of veterinary medical science 64(9), 813-820, s・v, 2002-09-25
  • … マウス腹腔マクロファージ由来の樹状細胞(PEC-DC)が混合リンパ球反応においてアクセサリー活性を有することを報告した.今回はPEC-DCの形態,細胞表面抗原および他のアクセサリー機能について解析し,マウス腹腔マクロファージが形態学的および機能学的に典型的な樹状細胞にまで分化することを明らかにした.PEC-DCの前駆細胞は,マウス腹腔マクロファージにインターロイキン4および顆粒球マクロファージコロニー刺激因 …
  • NAID 110003920945

関連リンク

MLR MLRとはmixed lymphocyte reactionの略で,日本語では混合リンパ球反応と呼ばれている.この反応は,系統の異なる2つのマウス脾臓細胞を混合培養した時に惹起されるリンパ球活性化反応である.T細胞の活性化に伴うIL-2 ...
臨床的意義 ドナーとレシピエントのリンパ球を混合培養して、移植後の拒絶反応および生着率の予測を行う検査。 リンパ球混合培養(mixed lymphocyte culture; MLC)は、MHC不適合者同士の末梢血中のリンパ球を混合培養すると、各 ...
花粉症 日本人の約20%が花粉症といわれています。特定の木や草の花粉による抗原抗体反応、日本人の場合8割はスギ花粉、ほかにヒノキ、シラカバ、イネ科牧草によるアレルギー反応です。それらの抗原をアレルゲンという。

関連画像

混合 リンパ球 反応 mlr kco5 免疫難病に対する新しい 免疫難病に対する新しい  混合 リンパ球 反応 と 細胞


★リンクテーブル★
リンク元MLR」「混合リンパ球培養反応」「mixed lymphocyte reaction
拡張検索自己混合リンパ球反応」「二方向混合リンパ球反応
関連記事リン」「混合」「反応」「リンパ

MLR」

  [★]

混合リンパ球培養反応」

  [★]

mixed lymphocyte culture reaction
同???
混合リンパ球反応 mixed lymphocyte reaction MLR


mixed lymphocyte reaction」

  [★] 混合リンパ球反応 MLR

自己混合リンパ球反応」

  [★]

autologous mixed lymphocyte reaction AMLR
自己混合白血球反応 autologous mixed leukocyte reaction


二方向混合リンパ球反応」

  [★]

two-way mixed leukocyte reaction


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





混合」

  [★]

mixturemixadmixture、(切り混ぜ)shuffling、(配合)blendmixmergeadmix
混合物配合合併混ぜる


反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答



リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡