深部腱反射

出典: meddic

腱反射

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/30 07:26:45」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床研究・症例報告 クラミジア肺炎にGuillain-Barre症候群を合併した1例
  • 弓削 昭彦,田中 悦子,松田 悠子 [他]
  • 小児科臨床 63(6), 1150-1154, 2010-06
  • NAID 40017099333
  • 発熱・尿閉を主訴とした急性散在性脳脊髄炎の1例
  • 寺尾 俊哉,林 哲夫,吉永 敦史 [他]
  • 泌尿器科紀要 53(5), 311-314, 2007-05
  • … 感覚麻痺, 左右深部腱反射低下, 左優位の近位筋優位の脱力を認めた。 …
  • NAID 120001177854
  • なるほどわかった! 日常診療のズバリ基本講座(第32回)神経学的診察のしかた--誰もが苦手な眼底と深部腱反射のとりかた

関連リンク

深部腱反射(しんぶけんはんしゃ、DTR:Deep Tendon Reflex)は人体にみられる生理 的な反射の代表的なものである。ゴムハンマー(打腱器)などで手軽に誘発することが できる上、運動系(錐体路系)障害や末梢神経障害の診断の目安となるため神経学的 ...
ALS @ Wiki - 深部腱反射 - 深部腱反射(DTR:Deep Tendon Reflex) 人体にみられる 生理的な反射のひとつ。 打腱器で簡単に誘発することが可能で、神経診察の上で基本 的かつ重要なものとなっている。 代表的なものに以...

関連画像

http://homepage3.nifty.com/mizogutisaiban 図10 上肢の腱反射深部腱反射の画像 p1_21④ 筋緊張:筋緊張は 6 つの 脊髄反射020脳深部腱反射の画像 p1_20


★リンクテーブル★
国試過去問097C013」「104A042」「099A045」「100I013」「103B041」「099F020」「100H014」「099B023」「099D074」「096G056」「097E016」「090A067」「090A066
リンク元脱水症」「筋伸張反射」「深部反射」「deep tendon reflex
拡張検索深部腱反射消失
関連記事反射」「腱反射」「深部

097C013」

  [★]

  • 次の文を読み、13~15の問いに答えよ。
  • 68歳の男性。腹部の膨満、腹痛、嘔吐および衰弱を主訴に家族に伴われて来院した。
  • 現病歴 : 3日前から左下腹部を中心とする強い腹痛と嘔吐とを繰り返し、次第に腹部の膨隆が目立つようになってきた。この間、排ガスと排便とはみられず、排尿も2日前からは少量ずつ2、3回あったのみであった。また少量の水分を摂取したのみで経口摂取はほとんどしていなかった。
  • 既往歴 : 5年前から170/90mmHg程度の高血圧症を指摘されていたが、症状がないため放置していた。手術歴はない。
  • 現症 : 意識は清明であるが受け答えは緩慢である。身長169cm、体重56kg。体温36.8℃。臥位で脈拍108/分、整。血圧114/78mmHg。腹部は膨隆し、左下腹部を中心として金属性腸雑音を聴取する。打診では腹部全体にわたって鼓音を呈する。肝・肺を触知せず、圧痛や抵抗を認めない。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球360万、Hb10.8g/dl、Ht34%、白血球12,000、血小板25万。血清生化学所見:総蛋白6.0g/dl、尿素窒素38mg/dl、クレアチニン1.3mg/dl、AST33単位(基準40以下)、ALT32単位(基準35以下)、CK35単位(基準10~40)、Na128mEq/l、K3.6mEq/l、Cl83mEq/l。来院時の腹部エックス線単純写真を以下に示す。
  • この患者でみられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 097C012]←[国試_097]→[097C014

104A042」

  [★]

  • 62歳の男性。四肢のしびれと歩行障害とを主訴に妻に伴われて来院した。4年前から手の動かしにくさとしびれ感とを感じていた。1年前から階段を下りるときに手すりが必要になったが、医療機関を受診しなかった。昨日、敷居に足が引っかかりよろめいてから四肢のしびれが強くなり、自力で歩けなくなった。健康診断で軽度の糖尿病を指摘されたことがある。家族歴と生活歴とに特記すべきことはない。意識は清明。身長167cm、体重67kg。坐位はとれるが、介助しても立位は不可能。徒手筋力テストでは上下肢ともほぼ3(fair)である。深部腱反射は上腕二頭筋以下すべて亢進し、Babinski徴候は陽性である。四肢に末梢優位の表在感覚低下を認める。明らかな膀胱・直腸障害はない。頚椎エックス線写真の側面像(別冊No、19A)と頚椎単純CT(別冊No、19B)とを別に示す。
  • 治療方針として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104A041]←[国試_104]→[104A043

099A045」

  [★]

  • 62歳の男性。2年ほど前から歩行時のふらつき、ろれつの回りにくさ及び排尿困難がみられ、徐々に増悪するため来院した。意識は清明。身長158cm、体重67kg。体温36.0℃。呼吸数16/分。脈拍84/分、整。血圧130/72mmHg。胸部にラ音を聴取しない。腹部は平坦で、肝・脾を触知しない。下肢に浮腫を認めない。知能は正常である。言語は不明瞭で、頚部部・四肢に筋固縮を認める。四肢の協調運動と歩行とに小脳性運動失調を認める。四肢筋力と表在・深部感覚とは正常である。頭部単純MRIのT2強調像を以下に示す。
  • この疾患の症候としてまれなのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 099A044]←[国試_099]→[099A046

100I013」

  [★]

  • 68歳の男性。手の震えと動作緩慢とを主訴に来院した。1年前から右手に震えが起き、最近は右下肢にも震えが起きるようになった。半年前からボタンがけなど手の細かい動作がしにくくなった。最近前かがみで歩いていると指摘されるようになった。家族歴と既往歴とに特記すべきことはなく、常用薬もない。一般身体所見に異常はない。右上下肢に静止時振戦を認め、頸部と四肢とに歯車様筋固縮を認める。深部腱反射は正常で、感覚障害を認めない。
  • この疾患でみられるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 100I012]←[国試_100]→[100I014

103B041」

  [★]

  • 2歳の女児。嘔吐と左上下肢のけいれんとを主訴に来院した。生後すぐにFallot四徴症と診断され、1歳の時、Blalock-Taussig短絡手術を受けている。1週前から37℃台の発熱が続いていた。来院時、けいれんは消失しているが、左上下肢をうまく動かせない。体温38.5℃。血液所見:赤血球590万、Hb17.4g/dl、Ht52%、白血球12,600(桿状核好中球18%、分葉核好中球44%、好塩基球3%、単球8%、リンパ球27%)。CRP 6.8mg/dl。
  • この病態でみられるのはどれか。3つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103B040]←[国試_103]→[103B042

099F020」

  [★]

  • 65歳の男性。2週前から徐々に全身倦怠感と四肢脱力とが出現し、起立が困難になったので来院した。1か月前から心不全による両下肢の浮腫に対してループ利尿薬が処方され、毎日服用していた。意識は清明で、四肢近位筋優位の筋力低下を認めるが、感覚と深部腱反射とは正常である。甲状腺機能検査に異常を認めない。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099F019]←[国試_099]→[099F021

100H014」

  [★]

  • 82歳の男性。3か月前から、10分程度(約300m)歩くと両下肢にしびれと脱力とが起きて歩けなくなるため来院した。しばらく立ち止まると症状は消失し、再び歩けるようになる。最近歩ける距離が次第に短くなってきた。
  • この患者の診察で重要なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 100H013]←[国試_100]→[100H015

099B023」

  [★]

  • 小脳に病変がある患者でみられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099B022]←[国試_099]→[099B024

099D074」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 099D073]←[国試_099]→[099D075

096G056」

  [★]

  • 新生児の診察で啼泣によって最もとりにくくなる身体所見はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096G055]←[国試_096]→[096G057

097E016」

  [★]

  • 尿閉と無尿との鑑別診断に有用なのはどれか。
  • a. 血圧測定
  • b. 深部腱反射
  • c. 上腹部の聴診
  • d. 下腹部の触診
  • e. 下肢の触診
[正答]


※国試ナビ4※ 097E015]←[国試_097]→[097E017

090A067」

  [★]

  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

090A066」

  [★]

  • 脊髄の傷害で起こりえないもの。2つ

脱水症」

  [★]

dehydration, anhydration
(国試)脱水

病態

  • 水喪失とNa喪失による循環血液量の低下 
(病態によって体液の浸透圧と量に変化が生じる)→循環血液量の低下

身体所見

  • 体重減少、血圧・脈拍の変化、起立性低血圧、皮膚乾燥感と緊張度の低下、口腔粘膜の乾燥、静脈虚脱。 

検査所見

  • 脱水状態では近位尿細管Na・水と共に尿素の再吸収が亢進するため(NEL.313)
  • 尿:尿比重1.020↑、尿の浸透圧↑、尿中Na排泄↓(10 mEq/l以下)
  • ホルモン:ADHの上昇
  • 神経系:RA系と交感神経の亢進。

脱水の分類

  • 高張性脱水:喪失が Na < 水 → 血清浸透圧↑
→細胞内から細胞外に水が移動→循環血液量わずか↓。細胞内液は著名↓
  • 等張性脱水:細胞外液から等張の体液喪失
血清浸透圧は不変→水の移動は起こらない。
  • 低張性脱水:喪失が Na > 水 → 血清浸透圧↓
→細胞外から細胞内に水が移動→循環血液量著名↓減。細胞内液↑
  低張性脱水 等張性脱水 高張性脱水
細胞外液浸透圧 ↓↓   ↑↑
病態 Na喪失   水喪失
水の動き 細胞外→細胞内   細胞内→細胞外
血管内のvolume 減少する   比較的保たれる
疾患 熱傷、
利尿薬、
アジソン病
  発熱、
発汗過多、
下痢、
急性腎不全回復期
皮膚ツルゴール ↓↓
脈拍 ↑↑
ショック ++ ±
ヘマトクリット
尿量 →↓ →↓ ↓↓↓
一次的な血漿浸透圧低下
のためにADHが分泌され
尿濃縮を来す
意識障害 +(傾眠→昏睡) 様々 +(興奮→昏睡)
口渇感 ± ++
粘膜乾燥 ++ ++
深部腱反射 ↓↓ 様々 ↑↑
嘔気・嘔吐 +(脳浮腫) ±
頭痛 +(脳浮腫)
体温 ↓(循環不全) ↓(循環不全) ↑(筋痙攣、
 熱中枢異常)

体重あたりの必要水分量

乳児の脱水

  軽症 中等症 重症
脱水徴候 体準減少 3-5% 6-9% 10%以上
皮膚ツルゴール低下 ++
更新粘膜乾燥 ± ++
大泉門陥凹 ++
眼球陥凹 ++
尿量 やや乏尿 乏尿 著明乏尿
末梢循環不全 皮膚色 やや蒼白 蒼白 チアノーゼ
脈拍減弱 ++
血圧低下 ±
中枢神経症状 意識障害 ++
痙攣 ±
体温 :脱水が重症になるにつれて四肢の体温が低下 → 循環血液量減少 → 交感神経緊張 → 末梢血管収縮
呼吸数:軽度~中程度の脱水では変化しない。高度の脱水では代謝性アシドーシス → 代償的な頻呼吸

乳児・年長児の脱水症状

SPE.195改変
等級 体重減少 皮膚 粘膜 循環   尿量 口渇感 啼泣時の涙 大泉門 症状のまとめ
乳児 年長児 緊張度 色調 末梢体温 脈拍 血圧
軽度 <5% <3% 良好 青白い 少しひんやり 乾燥 正常 正常 軽度低下 軽度 出る 平坦 濃縮尿
中等度 <10% <6% 速脈を触れる 正常か低下 末梢循環不全
重度 <15% <9% かなり低下 斑点状 冷たい カラカラに乾燥 速脈、わずかに触れる 低下 無尿 強度 出ない 明らかに陥没 血圧低下・ショック・意識障害

脱水の種類と症候・検査値

QB.O-50
  • 高張性脱水:Na ≧150 mEq/L
  • 等張性脱水:Na 130~150 mEq/L
  • 低張性脱水:Na ≦130 mEq/L

国試




筋伸張反射」

  [★]

muscle stretch reflex MSR, myotatic reflex
深部腱反射



深部反射」

  [★]

deep reflex
腱反射深部腱反射表在反射


deep tendon reflex」

  [★] 腱反射深部腱反射

深部腱反射消失」

  [★]

absent deep tendon reflex
反射消失反射低下反射亢進反射異常反射減弱咽頭反射消失咽頭反射減弱振子反射


反射」

  [★]

reflex
反射の一覧

反射中枢の存在レベルによる分類

構成要素からの分類

cf.原始反射

原始反射

  • 生命維持のためにする反射
  • 正常な新生児において特徴的に観察される反射的行動を総称してこう呼ぶ。

原始反射の例

  • 乳さがし反射: 口の片側を触られると、赤ん坊の頭がそちらのほうを向くという反射。
  • 吸啜反射: 赤ん坊の口の中にものを入れると、すぐにそれを吸い始めるという反射。
  • モロー反射: 赤ん坊の背中と頭を支えて仰向けにした状態で、上体を数cm上方に起こし、手で支えながら急に頭部を落下させると、両手と両足を左右対称的に外側に伸ばし、それに続いてゆっくりと抱き込むような上肢の運動が見られる反射。大きな音などで驚いたときにも見られる。
  • バビンスキー反射: 足の裏の外縁をゆっくりと踵からつま先に向かってこすることにより、母趾(おやゆび)が背屈し他の4趾が開く(開扇現象)反射。

参考(読んでおく)

[反射]






腱反射」

  [★]

tendon reflex, tendon jerk
筋伸展反射深部腱反射 deep tendon reflex, DTR ⇔ (対)表在反射
深部反射


  • 腱や骨の叩打によって引き起こされる単シナプス反射
  • 腱の叩打により筋紡錘で生じた求心性インパルスがIa求心性線維(Ia感覚線維)を介して反射中枢に達し、単シナプス的にα運動ニューロンを経て筋を収縮させる反射

反射の異常

亢進

  • 大脳より抑制性インパルスを受けているため。

消失

  • 反射弓の障害
  • 下位運動ニューロン、神経根、末梢神経、筋など

表記方法

程度

BET
  • 消失 absent -
  • 減弱 diminished ±
  • 正常 normal +
  • やや亢進 slightly exaggerated ++
  • 亢進 moderately exaggerated +++
  • 著明な亢進 markedly exaggerated +++



深部」

  [★]

deep
深在性深い




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡