深部感覚消失

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

感覚は表在性感覚と深部感覚に分類される。これは感覚受容器の局在によるものである。前者は受容器が表皮にある触覚、圧覚、痛覚、温度覚をいい、後者は受容器が関節、骨膜、筋、腱にある振動覚、位置覚と運動覚(両者を ...
深部感覚とは,文字通り,皮膚表面より奥の骨膜,筋肉,関節などから伝えられる感覚です。 従って,検査方法は,他覚的に=医師が,患者の関節,筋肉,靱帯を動かして,その反応を観察することが方法です。 深部感覚には ...

関連画像

 深部感覚ですか?教材によってちなみに血管支配は 後大脳 頚椎および頚髄の横断図 ちなみに血管支配は 後大脳


★リンクテーブル★
関連記事消失」「感覚消失」「深部感覚」「感覚」「深部

消失」

  [★]

disappearanceeliminationablationdisappearregress
消える消滅、除去、切除切断退行脱離排出、排除、アブレーション焼灼焼灼術

感覚消失」

  [★]

anesthesiasensory losssensory deficitloss of sensationsensory extinction
感覚脱失
知覚脱失麻酔無感覚無知覚感覚脱失



深部感覚」

  [★]

deep sensation, deep sense, bathyesthesia
自己受容性感覚 固有受容性感覚 proprioception深部知覚



感覚」

  [★]

sensation, esthesia, sense


深部」

  [★]

deep
深在性深い



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡