消化液

出典: meddic

digestive juice, peptic juice



分泌量 (2007年度後期生理学授業プリント)

  分泌量

(L/day)

唾液 0.5-1.5
胃液 1.0-2.0
腸液 2.4-3.0
膵液 1.2-1.5
胆汁 0.5-1.0

吸収量 (2007年度後期生理学授業プリント)

  吸収量

(L/day)

流入量

(L/day)

上位の

消化管

8.0-10.0  
小腸   7.0-9.0
大腸   1.0-2.0

消化液の出納 (2007年度後期生理学授業プリント)

  分泌(L/day) 吸収(L/day)
唾液 0.5-1.5 上位消化管

8.0-10.0, 5.0-10.0(TP)

1.0-2.0
膵臓 0.5-0.8, 1.0(SP)
胆汁 0.5-1.0
小腸 2.4-3.0, 1.5-3.0(TP) 7.0-9.0
大腸   1.0-2.0



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/26 13:01:55」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 豚糞尿スラリーを原料としたメタン発酵消化液の微生物群集構造
  • 佐伯 雄一,園田 亮一,城 惣吉,矢野 翼,赤木 功,山本 昭洋,杉本 安寛,Saeki Yuichi,Sonoda Ryoichi,Shiro Sokichi,Yano Tsubasa,Akagi Isao,Yamamoto Akihiro,Sugimoto Yasuhiro,サエキ ユウイチ,ソノダ リョウイチ,シロ ソウキチ,ヤノ ツバサ,アカギ イサオ,ヤマモト アキヒロ,スギモト ヤスヒロ
  • 宮崎大学農学部研究報告 59, 19-28, 2013-03-22
  • … 宮崎大学に設置された中温性バイオガスプラントから採取したメタン発酵消化液に関するこれまでの研究で, 病原微生物の存在は確認されなかった. … 本研究では, メタン発酵消化液とその原料中の微生物群集構造を明らかにするために, 16S rRNA遺伝子をターゲットとしたeDNAのクローンライブラリー解析によって, 真正細菌と古細菌の群集構造を調査した. …
  • NAID 110009573745
  • 人体のつくりと働きに関する中学生の素朴概念
  • 廣木 義久,太田 善顕,大仲 政憲
  • 大阪教育大学紀要 第Ⅴ部門 教科教育 61(2), 17-26, 2013-02-28
  • … 中学生には,人体のつくりと働きに関する10のラベル(胃,消化,食べ物,消化液,腸,血液,心臓,酸素,二酸化炭素,呼吸)を用いてコンセプトマップを作成してもらった。 …
  • NAID 120005255559
  • 食虫植物ウツボカズラ消化液内共生細菌メタゲノムライブラリーからの新規リパーゼ遺伝子のスクリーニング(2012論文賞)
  • 諸星 知広,及川 学,佐藤 祥子,菊地 典子,加藤 紀弘,池田 宰
  • 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi 91(2), 83, 2013-02-25
  • NAID 110009597760
  • メタン発酵消化液の施用が南九州におけるトウモロコシ : イタリアンライグラス体系の収量性と飼料品質に及ぼす影響
  • 井戸田 幸子,浅野 陽樹,霧村 雅昭 [他],杉本 安寛,石井 康之
  • 日本草地学会誌 58(4), 230-240, 2013-01-15
  • … トウモロコシ-イタリアンライグラス体系におけるメタン発酵消化液(消化液)の2年間の連用施肥効果を,化成肥料単独施用(化成区)および慣行施肥(牛糞堆肥と化成肥料の併用,慣行区)と比較した。 … 消化液の施用量は,標準,多および極多区くそれぞれ40, 70および100gN/m^2/年)の3水準とした。 …
  • NAID 110009586186

関連リンク

消化腺から分泌され,消化を助ける液。 けんさくの使い方 ** しょうかえき【消化液】 消化 腺 (せん ) から 分泌 (ぶんぴつ ) され,消化を助ける 液 (えき )。だ 液 (えき ) ・ 胃液 (いえき ) ・ 腸液 (ちょうえき ) ・すい 液 (えき ...
養分を体内で吸収されやすくなるまで小さく分解していくのが消化です。どんな器官からどんな消化液が出て、どの養分を分解していくのかをおさえましょう。 消化酵素 それぞれの器官から出る消化液は決まった養分にはたらきます。
消化液を説明文に含む言葉の国語辞書の検索結果。goo辞書は無料で使える日本最大級の辞書サービスです。 ... い‐せん【胃腺】 胃の内壁の粘膜に開口する腺の総称。消化液や塩酸などを分泌。場所により胃底腺・噴門腺・幽門腺に ...

関連画像

フローシート拡大(200KB)水田への消化液施用2消化液製造器官-2C2_動物のからだ_322リットルの消化液と小腸の 消化管の全体像と消化液麦芽糖と二糖類は同じ、グルコ 001


★リンクテーブル★
国試過去問077B043
リンク元唾液」「消化と吸収」「peptic juice」「digestive juice
関連記事消化

077B043」

  [★]

  • 正しい組み合わせはどれ?2つ

唾液」

  [★]

saliva
消化液


  • 唾液の99.5%は水であり、残りの0.5%には重要な役割がある

組成

1. 水分:99%-99.5%
2. 電解質(Na+,K+,Cl-,HCO3-,etc)、分泌速度により濃度が異なる
 [K+],[HCO3-]	:	唾液 > 血漿
 [Na+],[Cl-]	:	血漿 < 血漿
 早い分泌の時、唾液中の[HCO3-]↑、[Na+]↑、[Cl-]↑。よりアルカリ性となる
3. 有機物
 ムチン:=ムコタンパク、潤滑作用
 リゾチーム:溶菌作用
 αアミラーゼ:プチアリン
 血液型物質:糖タンパクの一種
 舌リパーゼ:舌唾液腺より少量
 免疫グロブリン:IgA
 尿素
 カリクレイ:血管拡張作用

機能

1. 消化作用
 αアミラーゼにより、デンプンをマルトースに分解する
 舌リパーゼにより脂肪を加水分解する
2. 保護作用
 逆流した遺産、胆汁を薄める
 口腔内洗浄作用(虫歯予防、口臭予防)
 厚い食物を冷却する
3. 潤滑作用
4. リゾチーム, IgAによる生体防御作用

生成機構

1. 腺房細胞
 一次唾液の分泌
2. 導管系(介在部、線条部)
 Na+,Cl-の吸収
 HCO3-,K+の分泌

分泌調整機構

  • 副交感神経
  • 有機物少、粘度低の唾液を多量分泌
  • 交感神経
  • 有機物多、粘度高の唾液を少量分泌 ← 緊張すると口腔内が粘稠に感じられる
1.脳相(条件反射)
 食物の視覚、嗅覚、聴覚による刺激
2.口腔相(=味覚相)(無条件反射)
 食物による口腔や舌の刺激
3.胃腸相(無条件反射)
 食物による胃の刺激


臨床関連


消化と吸収」

  [★]

消化液

調節機構

  1. 自律神経系
  2. 消化器ホルモン
  3. オータコイド

定義

消化
嚥下した大きな物質を吸収可能な小さな物質にまで分解する過程
吸収
生体外のものが生体内にはいること
機械的消化
消化管運動(蠕動分節運動)による消化
化学的消化
消化液に含まれる酵素による消化

機能

  • 摂食
  • 消化
  • 吸収

摂食

  1. 口腔内に食物を入れる
  2. 咀嚼
  3. 唾液分泌
  4. 味覚、嗅覚
  5. 嚥下

peptic juice」

  [★]

  • 消化液
digestive juice

digestive juice」

  [★]

  • 消化液
peptic juice

消化」

  [★]

digestion






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡