浸軟児

出典: meddic



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 浸軟児(子宮内死亡児)の成因に関する病理的解析
  • 日高 惟登,岡本 直正,佐藤 幸男,宮原 晋一,秋本 尚孝,三島 斉,池田 高良,松尾 武
  • 先天異常 : 日本先天異常学会会報 : official journal of Congeital Anomalies Research Association of Japan 16(4), 288, 1976-12-30
  • NAID 110002753974

関連リンク

胃腸浮揚試験:生産児で陽性 (腐敗でも陽性になる). ○死産児:死後1日から数週間で 子宮外へ娩出 その間に羊水の浸潤と自己融解起こる→浸軟児 macerated fetus 浸軟 第1度:皮膚に黄赤色の水疱 浸軟第2度:暗赤色の真皮露出、内臓の軟化、縫合の ...
浸軟児 胎児が子宮内で死亡し排出されない場合、体組織内に羊水及び血液が 浸潤し 全身が軟化してくること。 墜落産 陣痛が強く、産道抵抗が過小のとき、思わぬ場所( 乗り物の中、便所など)で 全分娩作用が急速に終了すること。 初産婦より経産婦に多く 、 ...

関連画像

注)浸軟児(しんなんじ


★リンクテーブル★
関連記事浸軟

浸軟」

  [★]

maceration
maceratio
解離





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡