海綿状硬化

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

以上のような臨床症状と経過を専門医が注意深く診察すれば、その段階でおおよその診断は可能です。しかしながら海綿状血管腫が体の中でどのような位置(筋肉や重要な血管との位置関係)にあるのかなどの情報を得るために更に ...
症状 海綿状硬化症(かいめんじょうこうかしょう)を発病すると精神発達は極度に遅れ、頭部が大きくなります。また視力障害や筋低緊張も見られます。診断ではN-アスパラギン酸の尿中量が調べられ、CTや症状から判断されます。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事硬化」「海綿状」「海綿

硬化」

  [★]

consolidationstiffeningcuringhardeningindurationsclerosishardenindurated
加硫強化硬化症固定治療ハードニング圧密硬結
コンソリデーション


海綿状」

  [★]

spongiformspongespongycancellous
海綿海綿質海綿体スポンジ

海綿」

  [★]

sponge
海綿質海綿状海綿体スポンジ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡