海外渡航歴

出典: meddic


和文文献

  • 異性間性交渉を契機に感染したアメーバ性肝膿瘍の2例
  • 谷本 匡史,杉原 誉明,藤瀬 幸,加藤 順,徳永 志保,的野 智光,永原 天和,植木 賢,岡本 欣也,大山 賢治,岡野 淳一,前田 直人,孝田 雅彦,村脇 義和,米田 一彦
  • 肝臓 51(11), 620-627, 2010-11-25
  • … 破を合併していた.膿汁の塗抹検査や糞便からはアメーバ原虫は確認されなかったが,抗アメーバ抗体が陽性であり,メトロニダゾール750 mg-1500 mg/日の内服を開始したところ,速やかに解熱し回復した.海外渡航歴が無くても,20代から60代までの男女で慢性の下痢・下血が認められる場合,性行為感染症としての赤痢アメーバ感染症を念頭において,性交渉歴について詳しく問診し,積極的に内視鏡検査の実施やアメ …
  • NAID 10027661486
  • 駆虫剤の経皮経肝的胆嚢内注入が有用であった胆嚢内回虫迷入症の1例
  • 生田 修三,水口 泰宏,辻 雄一郎,塚本 咲貴子,大場 信之,西中川 秀太,児島 辰也
  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 107(5), 768-774, 2010-05-05
  • … 症例は40歳代男性.主訴は上腹部痛.頻回の海外渡航歴があった.腹部超音波検査上inner tube signを認めたため,胆嚢内回虫迷入症と診断した.駆虫剤の経皮経肝的胆嚢内注入により死虫となり,その後排泄された.本治療法は手術療法と比べ非侵襲的であり,有用な駆虫療法になり得る.回虫症は,有機栽培や海外渡航の増加により再燃傾向にあるため,上腹部痛の鑑別疾患として本症を念頭に置く必要がある. …
  • NAID 10026417478

関連リンク

海外渡航歴 ... 2007(平成19)年2月10日-2月13日(4) 台湾(台北):休暇.台北に住む M氏をA氏,T氏と訪ねる.初めて遊び!で海外に行く. 2007(平成19)年12月19日- 2008(平成20)年1月4日(18) チリ(パタゴニア):南米パタゴニア氷原.地形・堆積物 ...
「海外渡航歴」タグが付いているQ&Aの一覧ページです。「海外渡航 ...

関連画像

海外渡航歴のない女性が ホメオパシー新聞: 海外渡航歴  海外渡航歴のない埼玉県10代海外渡航歴8回目にして初の 海外渡航歴(2012.5.25 現在)241260_400.jpg


★リンクテーブル★
国試過去問104F028」「104F029」「106F016」「102G046
関連記事海外

104F028」

  [★]

  • 次の文を読み、28、29の問いに答えよ。
  • 35歳の女性。発熱とを主訴に来院した。
  • 現病歴:  2週前から発熱と咳嗽とが出現し、日ごとに悪化している。
  • 既往歴:  特記すべきことはない。薬物アレルギー歴はない。
  • 家族歴:  特記すべきことはない。
  • 生活歴:  海外渡航歴はない。ペットは飼育していない。
  • 現症 :  意識は清明。身長 150cm、体重 54kg。体温 38.7℃。呼吸数 32/分。脈拍 108/分、整。血圧 80/60mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2) 88%。舌・口腔粘膜に乾燥を認める。右下肺野背面にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝、脾を触知しない。下肢に浮腫を認めない。
  • 検査所見: 血液所見: 赤血球 428万、Hb 11.9g/dl、Ht 30%、白血球 11,200(桿状核+分葉核好中球78%、好酸球1%、好塩基球1%、単球8%、リンパ球12%)、血小板35万。血液生化学所見:総蛋白 7.0g/dl、アルブミン 3.5g/dl、尿素窒素 25mg/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、総ビリルビン 1.0mg/dl、AST 27IU/l、ALT 25IU/l、LD 250IU/l(基準176-353)。CRP 8.1mg/dl。胸部エックス線写真(別冊No.3A)と喀痰のGram染色標本(別冊No.3B)とを別に示す。



  • 初期治療として適切なのはどれか.


[正答]


※国試ナビ4※ 104F027]←[国試_104]→[104F029

104F029」

  [★]

  • 次の文を読み、28、29の問いに答えよ。
  • 35歳の女性。発熱とを主訴に来院した。
  • 現病歴:  2週前から発熱と咳嗽とが出現し、日ごとに悪化している。
  • 既往歴:  特記すべきことはない。薬物アレルギー歴はない。
  • 家族歴:  特記すべきことはない。
  • 生活歴:  海外渡航歴はない。ペットは飼育していない。
  • 現症 :  意識は清明。身長 150cm、体重 54kg。体温 38.7℃。呼吸数 32/分。脈拍 108/分、整。血圧 80/60mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2) 88%。舌・口腔粘膜に乾燥を認める。右下肺野背面にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝、脾を触知しない。下肢に浮腫を認めない。
  • 検査所見: 血液所見: 赤血球 428万、Hb 11.9g/dl、Ht 30%、白血球 11,200(桿状核+分葉核好中球78%、好酸球1%、好塩基球1%、単球8%、リンパ球12%)、血小板35万。血液生化学所見:総蛋白 7.0g/dl、アルブミン 3.5g/dl、尿素窒素 25mg/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、総ビリルビン 1.0mg/dl、AST 27IU/l、ALT 25IU/l、LD 250IU/l(基準176-353)。CRP 8.1mg/dl。胸部エックス線写真(別冊No.3A)と喀痰のGram染色標本(別冊No.3B)とを別に示す。



  • 外来受診時の血液検査で菌血症は認められない。治療を開始し臨床症状は軽快に向かった。
  • 治療を終了する目安はどれか。
  • a 解熱を確認できた日
  • b 解熱後2、3日
  • c 解熱後7日
  • d 解熱後14日
  • e 解熱後28日
[正答]


※国試ナビ4※ 104F028]←[国試_104]→[104F030

106F016」

  [★]

  • 63歳の男性。発熱とを主訴に来院した。黄色の痰も伴っている。 5年前にアルコール性肝硬変アルコール依存症との診断を受け、 3回の入院歴がある。 1人暮らしである。体温38.2℃。 SpO2 93%(room air)。左の前胸部と背部下方とにcoarse cracklesを聴取する。胸部エックス線写真で左下肺野に浸潤影を認める。肺炎と診断し、入院することになった。
  • これから収集する情報のうち、安全管理の観点から最も重要性が高いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106F015]←[国試_106]→[106F017

102G046」

  [★]

  • 40歳の女性。健康診断で血圧高値を指摘され来院した。身長156cm、体重72kg。脈拍72/分、整。血圧164/96mmHg。尿所見:蛋白2+、糖(-)、沈さに赤血球5~10/1視野、白血球1~5/1視野、細菌(-)。
  • 問診で重要なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102G045]←[国試_102]→[102G047

海外」

  [★]

foreignoverseasoverseas
異質、外来性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡