浮腫性紅斑

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ソラフェニブにより生じた皮膚障害の4例 (特集 分子標的薬による薬疹)
  • 神山 泰介,杉山 美紀子,上岡 なぎさ [他]
  • 皮膚科の臨床 52(3), 323-326, 2010-03
  • NAID 40017017128
  • 両眼瞼の浮腫性紅斑を呈した混合性結合組織病の1例 (特集 膠原病)
  • 田口 久美子,船坂 陽子,加茂 統良 [他]
  • 皮膚科の臨床 51(5), 643-646, 2009-05
  • NAID 40016657590

関連リンク

同義語:多形滲出性紅斑(erythema exsudativum multiforme;EEM). ● やや隆起 する 10 mm 大ほどの特徴的な環状浮腫性紅斑が手. 背や関節部伸側などに,左右 ... 性に発症し,紅色丘疹や浮腫性紅斑からはじまり,遠心性に拡. 大して,約 48 時間で類 ...
じんましんは小児の中で最もよくみられる皮膚の病気ですが、一口にじんましんと言って も典型的なものから、口唇にできる血管運動性浮腫と言われるもの、じんましんに似てい ますが多型浸出性紅斑と診断されるものなど、皮膚の症状は多彩です。じんましんと多 ...

関連画像

多形滲出性紅斑蝶形紅斑二重 環 虹彩 状:線狀、斑片狀浮腫性紅斑  強い 浮腫 性 紅斑 を 伴う 漿液滲出 性 紅斑


★リンクテーブル★
国試過去問108A018
リンク元類天疱瘡
関連記事浮腫」「紅斑」「

108A018」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 108A017]←[国試_108]→[108A019

類天疱瘡」

  [★]

pemphigoid
水疱症


  • 自己抗体
  • 表皮下水疱 → 緊満性水疱

表皮下水疱症(類天疱瘡群) (NDE.218)

  • 自己免疫性水疱症(後天性水疱症) autoimmuno blistering disease
  • 表皮下水疱症(類天疱瘡群)


代表的な天疱瘡と類天疱瘡の比較

  尋常性天疱瘡 落葉性天疱瘡 水疱性類天疱瘡
年齢 中年~老年 中年 老年(若年もあり)
好発部位 口腔粘膜全身 全身 全身
臨床像 皮膚所見 水疱びらん びらん、葉状落屑、 緊満性水疱浮腫性紅斑掻痒
粘膜浸潤 ++ 痂皮
Nikolsky現象  
病理組織像 所見 表皮内水疱
(棘融解)
表皮下水疱
好酸球浸潤
Tzanck試験  
棘融解部位 表皮下層(基底細胞直上) 表皮上層(顆粒層)  
抗原 Dsg3 のみ、
Dsg3 と1 の共存
Dsg1 のみ BP180BP230
ELISA Dsg1(+または-)、Dsg3(+) Dsg1(+)、Dsg3(-)  
蛍光抗体法所見 直接法(病変部皮膚) 表皮細胞間に
IgGC3 陽性
病変部基底膜部に
IgGC3 の線状沈着
間接法(血清中) 抗表皮細胞間物質抗体(IgG)陽性 抗基底膜抗体検出
治療 ステロイド免疫抑制薬血漿交換療法、γ グロブリン療法 ステロイド内服免疫抑制薬DDSなど


浮腫」

  [★]

edema
水腫angioedema全身性浮腫

分類

  圧痕性浮腫 非圧痕性浮腫
pitting edema nonpitting edema
病態 水のみが間質に貯留
圧痕を残す
水分+血漿由来物質の蓄積(ムコ多糖、蛋白質)・炎症細胞の浸潤
圧痕を残さない
疾患 fast edema slow edema 甲状腺機能低下症
局所性炎症(蜂窩織炎、虫さされ)
強皮症
低アルブミン血症 心不全
腎不全
  • 低アルブミン血症はfast edema と覚えておく

浮腫の原因

IMD.518
  • 全身性
  • 心性浮腫
  • 腎性浮腫
  • 肝性浮腫
  • 内分泌性浮腫
  • 栄養失調性浮腫・栄養障害性浮腫
  • 薬剤性浮腫
  • 起立性浮腫
  • 特発性浮腫
  • 局所性
内科診断リファレンス p.4

浮腫を来す疾患

IMD.519改変
  • 局所性浮腫
  • 全身性浮腫
  • 非ステロイド性抗炎症薬:インドメタシンなど  ← 1-2%の例で見られる。
  • ホルモン薬:副腎皮質ステロイドエストロゲンなど  ← 体液貯留させる作用あり
  • 降圧薬:血管拡張薬(Ca拮抗薬など)  ←  細動脈優位の拡張による
  • 甘草製剤:甘草グリチルリチンなど  ←  アルドステロン様作用
  • Na含有薬:ペニシリン系抗菌薬、重炭酸ナトリウムなど  ←  Na自体の性質による

肝性浮腫と腎性浮腫

  • 肝性浮腫は下肢に、腎性浮腫では眼瞼に浮腫が初発する?(出典不明)

参考

  • [display]http://www.igaku.co.jp/pdf/resident0806-3.pdf




紅斑」

  [★]

erythema
発赤発疹


分類

  • 紅斑・紅皮症


斑」

  [★]

macula
発疹




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡