浅会陰筋膜

出典: meddic

superficial fascia of perineum
fascia perinei superficialis


関連リンク

骨盤腔の底の部分は、内骨盤筋膜、骨盤隔膜、会陰膜と会陰浅層の筋肉といった三層 構造の頑丈な線維組織や骨格筋でできており、これらをまとめて「骨盤底」といいます。 これらのうち自分の意思で動かすことができ、トレーニングなどで鍛えることができるの ...
骨盤底は内臓の位置を上に持ち上げる役割の内骨盤筋膜、骨盤内の臓器をがっちり 支える骨盤隔膜、 骨盤隔膜を左右から引き締める会陰膜や会陰浅層の筋肉といった 三重構造の頑丈な繊維組織や 骨格筋で形成されていて、内臓を下から支え腹圧を かける ...

関連画像

図335 ] 男の会陰,骨盤出口の


★リンクテーブル★
リンク元浅会陰隙」「会陰腱中心」「深会陰隙」「肉様膜
関連記事会陰」「会陰筋」「筋膜」「会陰筋膜」「

浅会陰隙」

  [★]

superficial perineal space (KL), superficial perineal pouch (M)
spatium perinei superficiale
  • 図:N.377,KL.468,KH
  • 浅会陰筋膜会陰膜の間にある空間

男性の浅会陰隙の中の構造物 (M.241)

  1. 陰茎の根(尿道球尿道脚)、
  2. 陰茎に付属する筋(坐骨海綿体筋球海綿体筋)
  3. 陰茎に付着する筋を覆う筋膜
  4. 尿道海綿体近位
  5. 浅会陰横筋
  6. 内陰部動脈
  7. 内陰部静脈
  8. 会陰神経(陰部神経の枝)

女性の浅会陰隙の中の構造物 (M.241)

  1. 陰核の根(脚)と付属する筋(坐骨海綿体筋)
  2. 前庭球と周囲の筋(球海綿体筋)
  3. 浅会陰横筋
  4. 内陰部動脈
  5. 内陰部静脈
  6. 会陰神経(陰部神経の枝)
  7. 大前庭腺



会陰腱中心」

  [★]

central tendon of perineum
centrum tendineum perinei
会陰体 perineal body (M,K,KL)
浅会陰筋膜
  • 会陰のほぼ中心に存在する線維状の腱様組織。肛門より1cm前方に存在する。(KL.468)


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



深会陰隙」

  [★]

deep perineal pouch (M,KH), deep perineal space
spatium perinei profundum
浅会陰筋膜
  • 上尿生殖隔膜筋膜と下尿生殖隔膜筋膜で囲まれる空間のこと

含まれる構造

  • 深会陰横筋
  • 尿道
  • 尿道球腺


肉様膜」

  [★]

dartos fascia (M,Z), dartos muscle (KL,KA), dartos
tunica dartos(KH)
浅会陰筋膜


  • 平滑筋層であり、肉様膜筋を含む
  • 平滑筋線維からなる (KH.231)
  • 陰嚢の皮膚にしわを作る (KH.231)



会陰」

  [★]

perineum (M)
会陰部


広義の会陰の定義 (会陰部も参照)

  • 前方の陰丘、外側の大腿内側面、後方の殿溝殿間裂の上縁に挟まれた菱形の領域 (M)

狭義の会陰の定義

  • 男性の場合尿道と会陰の間、女性の場合膣と肛門の間を指す (KH.237)



会陰筋」

  [★]

perineal muscles
musculi perinei
浅会陰隙

定義

K.41
  • 会陰部の筋群の総称

筋群

(男性の場合) (K.41)

など


筋膜」

  [★]

fascia (KL)
  • 筋の表面を包む結合組織膜で、筋を保護すると共に、筋収縮の際、接する筋との間に摩擦が起こらないようにし、運動を円滑にする(KL.16)


会陰筋膜」

  [★]

perineal fascia (M)
  • M.236によれば、会陰筋の筋膜の総称?のような気がする。


膜」

  [★]

membrane
メンブランメンブレン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡