活性型レニン

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 血漿レニン活性(PRA)と活性型レニン濃度(ARC) (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・4)その数値をどう読むか) -- (内分泌学的検査 その他)
  • 田村 功一,前田 晃延
  • 日本臨床 68(-) (982), 601-607, 2010-07
  • NAID 40017200820
  • 後腹膜出血により診断された腎動静脈瘻の1例
  • 萩倉 美奈子,岡本 典子,田中 國晃 [他],冨田 均,水谷 優
  • 泌尿器科紀要 54(4), 273-275, 2008-04
  • … その結果, 術後, 高血圧を認めたものの, 血清の活性型レニン定量は正常範囲内であり, 内服加療を開始した。 …
  • NAID 120001178043
  • 肝腎症候群に対する生体肝移植 : 肝局所レニン・アンギオテンシン系からの解析
  • 長砂古 良英,陳 孟鳳,砂原 正男,高田 尚幸,昆 泰寛,嶋村 剛,古川 博之,藤堂 省
  • 日本外科学会雑誌 103(臨時増刊), 603, 2002-03-10
  • NAID 110003951451

関連リンク

活性型レニン定量, ARC (active renin concentration) 測定法: IRMA法(ビーズ固相法) 外注会社: LSIM(平成26年4月1日より社名変更)MCM(平成18年6月27日よりMBC;平成19年4月1日より社名変更)(平成18年6月26日 ...
レニンは主に傍糸球体細胞で合成される蛋白分解酵素(プロテアーゼ)であり,血中では活性型と不活性型の2つの様式で存在する。活性型レニンはレニン基質(アンギオテンシノーゲン)に作用してアンギオテンシンIを生成させる。

関連画像

まず、この図を見て下さい。 ・活性型ビタミンD血圧および尿中アルブミン排泄 ビタミンDを活性型ビタミン


★リンクテーブル★
拡張検索活性型レニン濃度
関連記事レニン」「」「活性型」「活性

活性型レニン濃度」

  [★]

active renin concentration, ARC
レニン活性測定


レニン」

  [★]

renin
アンジオテンシノゲンアンジオテンシン

分類

産生組織

標的組織

作用

分泌の調整 (PT. 480)

  • 1. 交感神経刺激
循環中枢からの刺激→レニン放出↑ β1受容体を介する
立位 → 交感神経亢進(おそらく脳への血行を保つため) → レニン放出↑
  • 2. 腎動脈圧
腎動脈圧↓→レニン放出↑
腎動脈圧↑→レニン放出↓
腎臓の輸入細動脈の圧受容器による
cf.腎動脈動脈狭窄により血流↓→レニンアンジオテンシンアルドステロン系↑→血圧↑
  • 3. 遠位尿細管濾液中のNaCl濃度↓
遠位尿細管濾液中のNaCl濃度↓→レニン放出↑
緻密斑細胞により検出される
血漿濃度や輸入細動脈圧の減少はGFRを減少させ、それによって遠位尿細管濾液中のNaCl濃度を減少させる
  • 4. アンジオテンシンII
  • ネガティブフィードバック制御を受ける。
  • アンジオテンシンII↑→レニン↓

分子機構

臨床関連


型」

  [★]

機序形式形成形態種類パターンパターン形成品種編成方法モード様式タイプ標本タイプフォーム成立形づくる
原型


活性型」

  [★]

active formactivated form
活性化状態活性化型


活性」

  [★]

activity
活性度活動性活量活動




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡