活性化

出典: meddic

activationactivateturn onactivated
賦活賦活化活性化型オンにする



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/24 15:57:26」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • マーチャンダイジング【MD】エディション カテゴリーフォーカス 精肉 : 価格相場は高値の中で付加価値商品は好調 生産国のマーケティング団体は売場提案を活性化
  • 上明戸 聡 [文]
  • Chain store age 45(22), 136-137,139-141, 2015-12-15
  • NAID 40020294566
  • 業務密着ルポシリーズ 現場力(FILE 30)近畿地方整備局和歌山河川国道事務所 近畿圏の活性化に向けた道路整備が進行中 和歌山エリアのさらなる発展に貢献
  • 小さな拠点 「協働の拠点づくり」を通じて住民力による地域活性化を支援 : 高知県四万十(しまんと)市西土佐大宮地区・本山町汗見川(もとやまちょうあせみかわ)地区 (特集 国土のグランドデザイン2050 : 対流促進型国土の形成)

関連リンク

地域を活性化するアイデア・方法、支援できるメニューあります!全国の地域でどんなアイデアでがんばっているかも載せています! ... 地域再生 遠野みらい創りカレッジ(遠野民俗学大学院構想)による地域再生計画 最新(第28回 ...
「活性化」とは - (1)科学反応において外部からエネルギーを与えられて、反応性が 高まること (2)地域、組織において、外部、内部の刺激により、 活動が活発になったりして、よい方向に向かうこと。企業であれば、儲...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 血漿分画製剤

販売名

注射用アナクトC 2,500単位

組成

  • 本剤を添付の溶剤(日本薬局方注射用水)で溶解したとき、1mL中の組成は下記のとおりである。

有効成分

  • 活性化プロテインC:500単位

添加物

  • 人血清アルブミン:25mg
    クエン酸ナトリウム水和物:5.9mg
    グリシン:5mg
    塩化ナトリウム:7mg
  • 本剤の有効成分である活性化プロテインC及び添加物の人血清アルブミンは、ヒトの血液(採血国:日本、採血方法:献血)を原材料としている。
    本剤は製造工程において、ヒトの血液由来成分(トロンビン、採血国:日本、採血方法:献血)、マウスハイブリドーマ細胞株由来成分(抗プロテインCモノクローナル抗体)及びブタの腸粘膜由来成分(ヘパリンナトリウム)を使用している。

効能または効果

  • 先天性プロテインC 欠乏症に起因する次の疾患
    (1)深部静脈血栓症、急性肺血栓塞栓症
    (2)電撃性紫斑病
  • 深部静脈血栓症、急性肺血栓塞栓症:
    本剤を添付の日本薬局方注射用水で溶解し、通常1日に活性化プロテインC200〜300単位/kg体重を輸液(5%ブドウ糖液、生理食塩液、電解質液等)に加え、24 時間かけて点滴静脈内投与する。
    なお、原則として6日間投与しても症状の改善が認められない場合は投与を中止すること。年齢及び症状に応じて適宜減量する。
  • 電撃性紫斑病:
    本剤を添付の日本薬局方注射用水で溶解し、以下のとおり投与する。

    <投与1日目>
    活性化プロテインC100単位/kg体重を緩徐に静脈内投与し、その後、600〜800単位/kg体重を輸液(5%ブドウ糖液、生理食塩液、電解質液等)に加え、24 時間かけて点滴静脈内投与する。

    <投与2日目以降>
    1日に活性化プロテインC600〜900単位/kg体重を輸液(5%ブドウ糖液、生理食塩液、電解質液等)に加え、24 時間かけて点滴静脈内投与する。
    なお、原則として6日間投与しても症状の改善が認められない場合は投与を中止すること。
  • 本剤は、アミノ酸類の輸液と混合すると、添加されている抗酸化剤により活性化プロテインC活性の顕著な低下が認められるので、抗酸化剤(亜硫酸水素ナトリウム、ピロ亜硫酸ナトリウム等)が添加されている製剤と混合しないこと。
  • 本剤を静脈内投与する場合には2〜3mL/分の速度で緩徐に投与すること。
  • 症状の改善が認められた後、再発・再燃することがあるので、その場合には本剤の再投与を考慮すること。
  • 本剤の臨床試験において、6日間を超えた投与経験はない。

慎重投与

溶血性・失血性貧血の患者

  • 〔ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない。感染した場合には、発熱と急激な貧血を伴う重篤な全身症状を起こすことがある。〕

免疫不全患者・免疫抑制状態の患者

  • 〔ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない。感染した場合には、持続性の貧血を起こすことがある。〕

薬効薬理

抗凝固作用

  • 本剤は、トロンビンにより活性化されたヒト血液凝固第V因子(FVa)及び第VIII因子(FVIIIa)を選択的に不活化することにより、抗凝固作用を示した。両因子の不活化はリン脂質の存在下でのみ認められ、コファクターであるプロテインSで促進された(in vitro)4)
    本剤は活性体であるため、トロンボモジュリンに依存せず、作用を直接発現する。本剤のFVa、FVIIIa不活化による抗凝固作用は、酸性リン脂質が存在する血栓形成局所において特異的に発現することが示唆された。

血小板凝集抑制作用

  • 本剤は、血小板におけるトロンビン生成を抑制することにより、ヒト血小板凝集抑制作用を示した(in vitro)5)

線溶亢進作用

  • 本剤は、PAI-1活性の阻害能を有しt-PA活性を保持することにより線溶亢進作用を示した(in vitro)4)

深部静脈血栓症に対する作用

  • 本剤は、マウスの下大静脈結紮による深部静脈血栓モデルにおいて、用量依存的に抗凝固作用を示し血栓形成を抑制した(in vivo)6)


★リンクテーブル★
先読みactivate」「activated」「turn on
リンク元activation」「賦活化」「活性化型」「賦活」「再活性化
拡張検索界面活性化」「遺伝子不活性化」「活性化メカニズム」「免疫活性化」「活性化過剰
関連記事活性

activate」

  [★]

  • v.
  • 活性化する、賦活化する、賦活する
activatedactivationturn on

WordNet   license wordnet

「aerate (sewage) so as to favor the growth of organisms that decompose organic matter」
aerate

WordNet   license wordnet

「make (substances) radioactive」

WordNet   license wordnet

「make active or more active; "activate an old file"」

WordNet   license wordnet

「make more adsorptive; "activate a metal"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「…'を'活動的にする / …‘に'放射能を与える / 〈物質〉'を'活性化する」


activated」

  [★]

  • adj.
  • 活性化の、活性化型の、賦活化の
activateactivated formactivationturn on

WordNet   license wordnet

「rendered active; e.g. rendered radioactive or luminescent or photosensitive or conductive」

WordNet   license wordnet

「(of e.g. a molecule) made reactive or more reactive」
excited

WordNet   license wordnet

「(military) set up and placed on active assignment; "a newly activated unit"」

WordNet   license wordnet

「(of sewage) treated with aeration and bacteria to aid decomposition」


turn on」

  [★]

activateactivatedactivation


activation」

  [★]

activateactivatedturn on

WordNet   license wordnet

「making active and effective (as a bomb)」

WordNet   license wordnet

「stimulation of activity in an organism or chemical」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「活動化 / (物質の)活性化(化学反応を起こしやすくすること)」

賦活化」

  [★]

activationactivateactivated
活性化賦活活性化型


活性化型」

  [★]

activated formactivated
活性化活性型賦活化


賦活」

  [★]

activationactivate
活性化賦活化


再活性化」

  [★]

reactivation
活性化


界面活性化」

  [★]

[[]]
interfacial activation
[[]]
interfacial activation


遺伝子不活性化」

  [★]

gene inactivation
遺伝子サイレンシング

活性化メカニズム」

  [★]

activation mechanism
活性化機構


免疫活性化」

  [★]

immunostimulation
免疫賦活

活性化過剰」

  [★]

hyperactivationhyperactivated


活性」

  [★]

activity
活性度活動性活量活動




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡