活性クロマチン

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • メチル化CpG結合タンパク質による不活性クロマチンの形成
  • 松井 真一,山本 すぎ子,藤田 直之 [他]
  • 遺伝子医学 5(1), 111-113, 2001
  • NAID 40005178237
  • 活性クロマチンの構築 (細胞核研究の最先端--核の機能構造とダイナミックス) -- (核機能の発現にかかわる蛋日質分子複合体)

関連リンク

Chromatin (2) (#3 )ヘテロクロマチンとユークロマチン、その両者の本質的な違いとは何なのでしょうか。本日の講義でのH4 tailのアセチル化やSir proteinとの結合の話を聞いていると、ますますその両者に本質的な違いが無いような気が ...
昔、学生のころ、友人の一人が活性クロマチン(転写されている遺伝子のあるクロマチン領域をこうよんでました)の単離と言うテーマで研究をやってまして、我々はユークロマチンを活性クロマチンの意味で使ってました ...

関連画像

酵母の特定遺伝子転写が不活性  活性型クロマチンに封入されておわりに最新情報


★リンクテーブル★
関連記事マチン」「クロマチン」「活性」「クロマ」「

マチン」

  [★]

Strychnos nux-vomica
マチン科ストリキニーネノキホミカ


クロマチン」

  [★]

chromatin
染色質
染色体ヒストン



活性」

  [★]

activity
活性度活動性活量活動


クロマ」

  [★]

chroma
彩度


性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡