注視野

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 安定注視野と誘導視野を有する群集のパニック時の行動シミュレーション
  • 樺谷 航介,森谷 友昭,高橋 時市郎
  • 研究会講演予稿 256, 45-48, 2011-03-11
  • NAID 40018761408

関連リンク

注視野には、「単眼注視野」と「両眼注視野」があります。単眼注視野は単眼のひき運動の可動範囲を、両眼注視野は両眼のむき運動で単一視できる範囲をいい、これらの検査は眼球運動に制限がある患者さんを対象とします。
運動障害に関すること 11 級 1 号 両眼の眼球に著しい調節機能障害または運動障害を残すもの、 眼球の著しい運動障害とは、ヘスコオルジメーターで眼球の注視野の広さが 2 分の 1 以下となったものを説明しています。 12 級 1 号

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事注視」「視野」「

注視」

  [★]

gaze, visual fixation
凝視

注視中枢

  • 垂直性注視:中脳:中枢は中脳背側部の四丘体周辺:Parinaud症候群
  • 水平性注視:橋:橋の傍正中橋網様体(PPRF):Foville症候群(=MillardGubler症候群+水平性注視麻痺)



視野」

  [★]

visual field
campus visualis
視野異常



  • 正常者の視野:耳側100°、鼻側60°、上方60°、下方70°



野」

  [★]

field
分野フィールド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡