波動

出典: meddic

wave, (腹部診察)fluctuation



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/06/15 03:03:05」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 電子定在波とフリーデル振動
  • 長谷川 幸雄,小野 雅紀,鈴木 孝将,江口 豊明
  • 日本物理學會誌 67(1), 6-13, 2012-01-05
  • … 金属中に不純物などの欠陥を導入すると,その周囲の自由電子は欠陥によるポテンシャルから影響を受け,その波動性に起因した変調構造を誘起する.自由電子の状態密度分布に現れるこの変調構造は,電子定在波あるいは準粒子干渉パターンと呼ばれる.一方,自由電子の感ずる静電ポテンシャル分布やその密度分布に現れる変調構造がフリーデル振動である.本解説では,走査トンネル顕微鏡/分光(STM/S)によるそれら変調構造 …
  • NAID 110008898000
  • 木星内部磁気圏でのコーラス放射と放射線帯電子生成過程(<特集>将来木星圏・土星圏探査計画へのサイエンス:その1)
  • 加藤 雄人,土屋 史紀,三好 由純,三澤 浩昭,森岡 昭
  • 遊・星・人 : 日本惑星科学会誌 20(4), 294-299, 2011-12-25
  • … 線帯領域まで輸送されることによる供給過程と,その過程で生じる衛星やリングとの衝突等による消失過程とのバランスにより形成されると考えられてきた.その一方で近年,木星内部磁気圏で発生するプラズマ波動であるホイッスラーモード・コーラス放射と,高エネルギー電子との相互作用が,放射線帯形成過程において果たす役割の重要性が注目されつつある.その契機となったのは,地球放射線帯の形成過程に関する研 …
  • NAID 110008898437

関連リンク

波動(はどう、英語:wave)とは、単に波とも呼ばれ、(海や湖などの)波のような動き 全般のことである。 海や湖などの表面の波動 ... 物理学においては波動と言うと、 何らかの物理量の周期的変化が空間方向に伝播する現象を指している。 波動には、 振動数、 ...
波動(はどう、英: Vibration)は、サイエンス・フィクション(SF)、伝統・代替医療、オカルト 、疑似科学のラジオニクスなどで使われる生命力エネルギーの概念のことである。多く は、世界は単なる物質と、それと等価の既知なるエネルギーの態様のみではなく、 ...

関連画像

 波動の良い水を、自分に合った波動の原理波動治療・波動アップ 波動 が 最悪 で 闇 の 波動 を 悪い波動が人に移るとしたら あれこれ [2] 手指と天体の波動


★リンクテーブル★
先読みfluctuation
国試過去問108G061」「105F028」「102H033」「095G030」「107C007
リンク元腹水」「wave」「

fluctuation」

  [★]

  • n.
  • 波動、不動。動揺、揺らぎ。高下、変動。不安定、気迷い。(pl.)盛衰、興亡

WordNet   license wordnet

「the quality of being unsteady and subject to changes; "he kept a record of price fluctuations"」
wavering

WordNet   license wordnet

「a wave motion; "the fluctuations of the sea"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「波動;動揺,変動」


108G061」

  [★]

  • 次の文を読み、 61~ 63の問いに答えよ。
  • 68歳の女性。発熱食欲不振とを主訴に来院した。
  • 現病歴: 3週前から微熱と右季肋部の違和感を自覚していた。 2日前から食欲もなくなってきた。 15年前に乳癌で右乳房切除術を受けており、再発が心配で精密検査を希望して受診した。
  • 既往歴: 53歳時に乳癌で右乳房切除術。 60歳時に胆石症で開腹胆嚢摘出術。
  • 生活歴:喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:姉が乳癌。
  • 現症:意識は清明。身長 150 cm、体重 49 kg。体温 37.6℃。脈拍 88/分、整。血圧 130/84 mmHg。呼吸数 16/分。頸部リンパ節を触知しない。右前胸部と右上腹部とに手術痕を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球 423万、 Hb 11.9 g/dl、Ht 40%、白血球 9,600、血小板 21万。血液生化学所見:総蛋白 7.5 g/dl、アルブミン 3.9 g/dl、総ビリルビン0.9 mg/dl、AST 31 IU/l、ALT 36 IU/l、LD 230 IU/l(基準 176~353)、 ALP 372 IU/l(基準 115~359)、 γ -GTP 28 IU/l(基準 8~50)、アミラーゼ 95 IU/l(基準 37~160)、 CK 42 IU/l(基準 30~140)、尿素窒素 12 mg/dl、クレアチニン 0.6 mg/dl、血糖 98 mg/dl、総コレステロール 246 mg/dl、トリグリセリド 190 mg/dl、Na 131 mEq/l、K 4.4mEq/l、Cl 97 mEq/l、CEA 2.2 ng/ml(基準 5以下 )、 CA15-3 15 U/ml(基準 30以下 )。 CRP 10 mg/dl。腹部超音波検査で肝に占拠性病変を認めたため胸腹部 CTを施行した。腹部単純 CT(別冊 No.8A)と腹部造影 CT(別冊 No.8B)とを別に示す。
  • この患者の右胸腹部の診察所見として最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108G060]←[国試_108]→[108G062

105F028」

  [★]

  • 次の文を読み、28、29の問いに答えよ。
  • 72歳の男性。皮膚の黄染を主訴に来院した。
  • 現病歴   3か月前から全身倦怠感があり、2週前から上腹部および背部の鈍痛と食思不振とを自覚していた。3日前に皮膚の黄染に気付いた。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 生活歴   喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 既往歴   40歳台に右尿管結石にて治療を受けた。50歳台に十二指腸潰瘍吐血したが、薬物治療にて治癒した。
  • 現 症  意識は清明。身長168cm、体重62kg。体温36.1℃。全身の皮膚と眼球結膜とに黄染を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦で、肝・脾を触知しない。圧痛、反跳痛および筋性防御を認めない。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-).糖1+。血液所見:赤血球 386万、Hb 13.1g/dl、Ht 39%、白血球 9,100、血小板 18万、PT 12秒(基準10-14)。血液生化学所見:血糖 131mg/dl、総蛋白 6.5g/dl、アルブミン 3.8g/dl、総ビリルビン 18.1mg/dl、AST 138IU/l、ALT 162IU/l、LD 570IU/l(基準176-353)、ALP 483IU/l(基準115-359)、γ-GTP 132IU/l(基準8 -50)、CK 41IU/l(基準30-140)。腹部単純CT(別冊No.5A、B)を別に示す。
  • この患者で最も考えられる症候はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105F027]←[国試_105]→[105F029

102H033」

  [★]

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 42歳の男性。腹痛と嘔吐とを主訴に来院した。
  • 現病歴: 3日前から間欠的に腹痛が出現し、嘔吐を繰り返した。昨日から腹痛は持続的となり、今朝から38℃台の発熱を認める。3日前から排ガスと排便とがない。
  • 既往歴:28歳時に胆嚢摘出術を受けた。
  • 現症:身長172cm、体重65kg。体温38.4℃。脈拍124/分、整。血圧96/62mmHg。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤沈80mm/1時間、赤血球520万、Hb16.5g/dl、白血球18,000、血小板34万。血液生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン3.5g/dl、AST45IU/l、ALT50IU/l。CRP18.0mg/dl。腹部エックス線単純写真立位像を以下に示す。


  • 腹部所見でみられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102H032]←[国試_102]→[102H034

095G030」

  [★]

  • 35歳の男性。1週前から腹部膨満感が出現したため来院した。3か月前から時々黒色便があったが放置していた。2か月で3kgの体重減少がある。身長165cm、体重50kg。眼瞼結膜に貧血を認める。左鎖骨上窩に小指頭大の硬いリンパ節を触知るする。肺肝境界の上昇と波動のある腹部膨隆とを認める。腹腔穿刺をしたところ腹水が採取された。この腹水について予想されるのはどれか。
  • (1) 血性である
  • (2) 蛋白は少ない
  • (3) 糖は低値である
  • (4) 細胞成分は少ない
  • (5) 利尿薬に反応しにくい
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095G029]←[国試_095]→[095G031

107C007」

  [★]

  • 腹水の身体診察所見はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107C006]←[国試_107]→[107C008

腹水」

  [★]

ascites, abdominal dropsy, hydroperitonia
腹腔内貯留液 intraperitoneal fluid
波動


概念

  • 腹腔内液体貯留

分類

  滲出性 漏出性
外観 混濁 清明
蛋白質濃度(g/dl) >4.0 >2.5
Rivalta反応
比重 >1.018 <1.015 
疾患 癌性腹膜炎 肝硬変
化膿性腹膜炎 心疾患
結核性腹膜炎 ネフローゼ
  Budd-Chiari症候群
血清蛋白質濃度は6.5-8.0g/dLが正常範囲

腹水の性状

比重、蛋白濃度による分類

  • 漏出性腹水
  • 滲出性腹水

病因

  • 1. 門脈圧・静脈圧亢進
  • 2. 膠質浸透圧の低下
  • 3. リンパ液のうっ滞
  • 4. 血管透過性の亢進

病態生理

肝硬変における腹水 HIM.1978

  • 肝硬変→門脈高血圧→内臓の血管拡張→
  • 1. →内臓の血管内圧の上昇→腹水
  • 2. →動脈血の減少→血管収縮機構と抗ナトリウム利尿機構の亢進→ナトリウム保持→血漿量の増加→腹水

貯留しやすい部位(QB.Q-205)

検査

  • 500ml以上の貯留があれば、腹部超音波検査、腹部CT、腹部MRIで検出できる。

腹部単純X線写真

治療

HIM.1978

  • 軽度の腹水:食事療法でナトリウム制限を行う。
  • 中等度の腹水:利尿薬で治療を行う。スピロノラクトン、さらに必要があればフロセミドを重ねる。
  • refractory ascites:利尿薬と食事療法でコントロールできない腹水。この場合、LPV(large volume paracentesis)やTIPS(transjugular intrahepatic portosystemic shunt)を考慮する。



wave」

  [★]

  • n.

WordNet   license wordnet

「an undulating curve」
undulation

WordNet   license wordnet

「a persistent and widespread unusual weather condition (especially of unusual temperatures); "a heat wave"」

WordNet   license wordnet

「set waves in; "she asked the hairdresser to wave her hair"」

WordNet   license wordnet

「a movement like that of a sudden occurrence or increase in a specified phenomenon; "a wave of settlers"; "troops advancing in waves"」

WordNet   license wordnet

「one of a series of ridges that moves across the surface of a liquid (especially across a large body of water)」
moving ridge

WordNet   license wordnet

「(physics) a movement up and down or back and forth」
undulation

WordNet   license wordnet

「the act of signaling by a movement of the hand」
waving, wafture

WordNet   license wordnet

「a hairdo that creates undulations in the hair」

WordNet   license wordnet

「something that rises rapidly; "a wave of emotion swept over him"; "there was a sudden wave of buying before the market closed"; "a wave of conservatism in the country led by the hard right"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(前後左右・上下に)『揺れる』,ひらめく,ひらひらする / (波形に)『起伏する』,うねる / (手・旗などを振って)『合図する』,手を振る;(…のために,…に向かって)手を振る《+in(to, at)+名》 / (に向かって)‘…を'振る,揺り動かす,ひらめかす《+名+at+名》 / 《方向を表す副詞[句]を伴って》(手・旗などを振って)〈人〉‘に'『合図する』 / ‘…を'起伏させる,うねらせる:〈頭髪〉‘を'ウエーブさせる / 『波』,波浪 / (…の)『波のような動き』,うねり《+of+名》 / (感情・景気などの一時的な)高まり,強まり;(寒暑の)急激な波《+of+名》 / (手・旗などを)振ること,振ってする合図;(…を)振ること《+of+名》 / (髪の)縮れ,ウエーブ / (光・音・電気などの)波」

波」

  [★]

wave
波動




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡