河北総合病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 河北総合病院

url

理念

  • 社会文化を背景とし地球環境と調和したよりよい医療への挑戦

住所

  • 〒166-8588 杉並区阿佐谷北1-7-3

診療の特徴、実績

  • 河北総合病院は、杉並区の中核病院として地域の総合的な医療活動に取り組んできました。その活動の中心は地域の救急医療であり、年間約5,000件に及ぶ救急搬送患者を受け入れています。救急センター(ER)、ICU、CCUを有し、さまざまな救急疾患に迅速に応じるとともに、急性期医療を担う病院として、最新の医療設備と専門医による高度な医療を24時間365日提供しています。2008年2月から河北心臓病センター、河北脳卒中センターを立ち上げ、さらに多くの心臓・脳血管疾患の救急患者を受け入れる体制を整備しました。また、産科・小児科診療もそれぞれ地域の中核を担っています。また、2006年5月、河北総合病院本院は、東京都より『地域医療支援病院』の承認を得ました。民間病院としては当院が第1号となります。地域の医療機関との連携強化を図り、これまで以上に救急医療・専門外来・入院診療の質を高め、よりよい医療を提供できるよう日夜努めています。さらに、日本医療機能評価機構、プライバシーマークの認定を受けるなど、常に外部の第三者に評価される姿勢を持ち、職員の能力向上に努め、安全で質の高いチーム医療を展開しています。当院はインターン制度があった時代から多くの卒後研修医師を受け入れ教育してきました。1998年4月に民間病院として全国で3番目に臨床研修指定病院の指定を受けました。将来の日本の医療を担う若手医師を教育することは、地域医療を実践している我々の義務であると考え、病院全体で研修医師の教育に取り組んでおります。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 253.3人

一日平均外来患者数

  • 356.6人

平均在院日数(一般/精神)

  • 10.8日/0.0日

年間分娩件数

  • 276件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 31件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/32回

当院の救急医療の特徴

  • 二次救急/2005年11月よりER開設。簡単な手術も可能な処置室2室やリカバリー3床、診療室5室を備える。さらに8床のICU・6床のCCUを有し、緊急度・重症度の高い患者の治療に当たる。また、救急科専門医指定施設として、ERには救急専門医1名と各科(内科系・外科系)指導医が1名ずつ常勤し、研修医師と共に救急患者の診療に当たり、各科との協力体制も密に行われている。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 49.1人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 14.7人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 51人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り(1年目は年俸に含む。2年目は別途支給。)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 3人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 2人

勤務体制

  • ローテーション。曜日固定はなし。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院ではcommon diseaseの診療に対し、自信を持って実践できる医師を育てたいとの考えから、初期臨床研修は3年間のスケジュールを組んでいる。最初の2年間は他病院と同様、必修科目と選択必修科目をローテートし、3年目は専門分野(内科、外科、整形外科、小児科のいずれか)を1年かけて研修し、臨床経験を積み、手技の熟達と医師としての人格の涵養を図ることにしている。多忙でハードな研修ではあるが、研修医師同士お互いに切磋琢磨しながら、指導医の指導の下、多くの症例を経験し、しっかりした臨床医の基礎を身につけることができると考える。将来、地域医療を担う意欲に燃えた志望者を求めたい。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 河北総合病院では、数多くcommon diseaseにおいて初期診療から携わり、鑑別診断、検査計画、治療計画等、研修医師が主体となって診療を行うことが出来る為、自ずと実力がつきます。基本的な手技も同様に多くこなすことができます。また、各診療科の垣根が低くコンサルテーションがしやすいということもあり、初期研修時代を過ごすには非常に魅力的です。多少忙しくても有意義な研修をしたい方は、是非見学にいらしてください。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/24 19:24:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 社会医療法人河北医療財団 河北総合病院 手術室削減を通し看護業務の効率化と人的資源の有効活用へ (特集 現場を知れば問題点は見つかる 医療経営士のための手術室完全マネジメント術) -- (どのようにすすめるか!! 手術室のマネジメント 稼働状況の見直し、人材の有効活用など手術室の改善に取り組む)
  • 医療経営士 : magazine for medical management specialist (19), 25-27, 2016-02
  • NAID 40020774399
  • 結腸亜全摘後にbackwash ileitisで回腸切除を要した潰瘍性大腸炎の1例

関連リンク

河北総合病院(東京都杉並区)地域医療支援病院 社会医療法人河北医療財団 透析・健診・リハビリ病院・介護老人保健等の施設紹介、二次救急・入院案内・外来診療・脳卒中・心臓病・在宅ケア・心のケア・産科、お見舞いメール 医療 ...
社会医療法人河北医療財団河北総合病院(東京都杉並区) 透析・健診・リハビリ病院・介護老人保健等の施設紹介、二次救急・入院案内・外来診療・脳卒中・心臓病・在宅ケア・心のケア・産科、お見舞いメール 地域医療連携・臨床研修 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事総合

総合」

  [★]

comprehensiveoverall
全体全体的包括的全体的に見て網羅的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡