汗腺

出典: meddic

sweat gland sweat glands, sudoriferous glands
glandulae sudoriferae


汗腺


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/12/07 19:21:06」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 広基有茎性を呈した外陰部乳頭状汗腺腫の1例
  • ?木 真知子,小川 陽一,原田 和俊 [他]
  • 臨床皮膚科 66(6), 445-448, 2012-05
  • NAID 40019322992
  • A1-3 高齢者における汗腺機能の季節変化(日本生理人類学会第65回大会発表要旨,学会記事)

関連リンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内、 検索. 汗腺(かんせん )は、皮膚にある汗を分泌する腺。乳腺は汗腺が特異化、発達した器官である。夏場に 空調の効いた部屋で過ごすことが多いと、汗腺の機能が低下し、体温調節がうまくいか ...
2005年7月19日 ... この蒸し暑さの中、外に出るたびに大粒の汗をダラダラ流している人も少なくないだろう。 汗をかくのは、体温の上がり過ぎを防ぐための体の防衛反応。しかし、実は大粒の汗は 、体温の上昇を防ぐ力が弱いという。汗は蒸発することで体から熱を ...

関連画像

大汗腺 - 搜狗百科止汗劑 是抑止汗腺排汗Integumentary System (Skin) (pp. 94-105) 汗の原因となる2つの汗腺をエ クリン 汗腺 エ クリン 汗腺 アポクリン汗腺 からは


★リンクテーブル★
リンク元アルドステロン」「皮膚の構造」「アポクリン汗腺」「sudoriferous gland
拡張検索エックリン汗腺」「エクリン汗腺」「化膿性汗腺炎
関連記事

アルドステロン」

  [★]

aldosterone
尿細管

基準値

  • 血漿濃度は35-240 pg/ml, EDTA加血漿 安静臥位 30-160 pg/ml
  • 30-160 pg/ml (LAB.715)
  • 35.7-240 pg/ml (随時), 29.9-159pg/ml (臥位), 38.9-307pg/ml (立位) (SRL)

分類

性状

産生組織

標的組織

生理作用

  • 1. 腎の接合尿細管集合管唾液腺乳腺汗腺等に働いてNa+の再吸収を促進し、K+の排出(分泌)を促進する (SP.791,792 によれば、腎接合尿細管を含む)
  • 2. 腎集合管でH+の排出(分泌)を促進する。
  • Na+/K+-ATPase活性↑@遠位尿細管・皮質集合管 → 管腔側K↑ → K再吸収/H+分泌 (QB CBT vol2 p.360) ← 成書での裏付けがないが、確かにアルドステロン↑によりK+分泌が↑となれば、管腔側にK+があふれるのでα間在細胞上の管腔側にあるK+/H+交換輸送体担体によりH+管腔側にくみ出されるな。

作用機序

  • アルドステロンは何らかの経路を経て、ある遺伝子(アルドステロン誘導タンパク質 AIP)の転写・発現を促進する。これにより、以下の作用を及ぼす (2007年度後期生理学授業プリント)
  • (1)Na+-K+ATPaseの発現
  • (2)基底膜面積の増加
  • (3)Na+チャネルの活性化
  • (4)K+チャネルの活性化
  • 管腔側細胞膜のNaチャネルが増加(SP.792)
  • これが最も重要
  • Na+-K+ ATPase活性を上昇させる(SP.792)
  • ミトコンドリアのエネルギー産生系が活性化される(SP.792)

分泌調節

  • 1. 体液↓、血圧↓→レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系でアンジオテンシンIIが生成→P450scc↑、P450aldo↑
レニン-アンギオテンシン-アルドステロン系
  • 2. 血漿K+↑→アルドステロン分泌↑  ← direct action on the adrenal cortical cells.
  • 3. ドパミンソマトスタチン→アルドステロン分泌↓ (出典不明)
  • 4. ACTH
  • アルドステロン分泌作用は弱い。only a short-term effect(NEL.2351).

分子機構

生合成

臨床関連

  • 原発アルドステロン症



皮膚の構造」

  [★]

皮膚

機能

  • 外敵や外傷からの保護
  • 体液の保持
  • 体温調整(血管, 汗腺)
  • 感覚(皮神経と感覚終末)
構造名 主な組織の型 その他の組織
表皮 角化重層扁平上皮  
真皮 密性かつ不規則に並んだ弾性線維膠原線維 立毛筋
皮下組織 浅筋膜 疎性結合組織と脂肪 汗腺の最深部、血管、リンパ管、皮神経
皮膚支帯    
筋膜 深筋膜 密性かつ規則的に並んだ密性結合組織  
骨格筋    


アポクリン汗腺」

  [★]

apocrine sweat gland, apocrine gland
glandula sudorifera apocrina
大汗腺
汗腺エクリン汗腺 エックリン汗腺モル腺



sudoriferous gland」

  [★]

汗腺

sweat gland


エックリン汗腺」

  [★]

eccrine sweat gland
[[]]
  • 図:HIS.285
  • 単純コイル管状腺
  • 交感神経の節後線維支配

組織

  • 単層立方上皮~丈の低い円柱上皮
  • 暗細胞
  • 粘液にとんだ物質を分泌
  • 明細胞
  • 水様の分泌物
  • 筋上皮細胞


エクリン汗腺」

  [★]

eccrine gland, eccrine sweat gland
glandula sudorifera eccrina
小汗腺、エクリン腺
汗腺アポクリン汗腺


  • 汗腺の一種
  • 手掌や前額に多いとか。


化膿性汗腺炎」

  [★]

(n



腺」

  [★]

gland
glandula
腺細胞分泌





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡