汎発性粘液水腫

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 筋原性酵素の増加が著明であった汎発性粘液水腫
  • 延藤 俊子,幸田 衞,植木 宏明
  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 63(3), 263-266, 2001-06-01
  • NAID 10019143857
  • 汎発性粘液水腫 : 皮膚筋炎が疑われた症例

関連リンク

A。汎発性粘液水腫myxoedema diffusum 最も多い型で、甲状腺機能低下による。全身皮膚は乾燥一角化・蒼白化し、蝙様蒼白黄色調で浮腫状硬化となり、圧痕を残さない。脱毛〔とくにHertoghe's sign〕・爪変化・発汗低下を ン酸が ...
甲状腺機能低下症 汎発性粘液水腫(顔面、特に眼瞼浮腫と鼻の腫大。舌・口唇腫大) 四肢伸側の魚鱗癬、手掌の過角化 爪甲剥離 びまん性脱毛、Hertoghe徴候 Cushing症候群 満月様顔貌、中心性肥満 Addison病 全身び ...

関連画像

localisation: 眼周囲上眼瞼診断


★リンクテーブル★
関連記事汎発性」「」「汎発」「粘液水腫」「水腫

汎発性」

  [★]

disseminatedpandemic
散在性播種性大流行世界的流行感染爆発パンデミック

腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


汎発」

  [★]

disseminationdisseminate
転移播種散在内転移


粘液水腫」

  [★]

myxedema
成人型甲状腺機能低下症


水腫」

  [★]

edema, hygroma
浮腫




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡