永田徳本

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/21 09:50:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 漢方医家伝(9)永田徳本(ながたとくほん) 徳本流の真髄は自然良能説
  • 漢方療法 = Journal of kanpo medicine and herb : 漢方臨床のための 19(6), 468-472, 2015-09
  • NAID 40020588015
  • 漢方名医列伝 永田徳本[含 略年譜]

関連リンク

十九方対証通覧(永田徳本著、稲葉克、和久田寅校『徳本翁十九方』文化元年より) 永田 徳本(ながた とくほん、1513年(永正10年) - 1630年 3月27日(寛永7年2月14日))は、戦国時代後期から江戸時代初期にかけての医師。
人生の最後は岡谷に住み、東堀の尼堂墓地に葬られました。永田徳本のお墓は、説明書などには永田徳本の藍塔となっていますが、S先生が聞いた岡谷市教育委員会の方のお話では籃塔が正しいとのことです。日本国語大辞典第2版13 ...

関連画像

永田 徳本永田徳本おそらく、永田徳本武田信玄の医師、永田徳本に関


★リンクテーブル★
関連記事

本」

  [★]

book
予約




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡