水酸化

出典: meddic

hydroxylation
ヒドロキシヒドロキシル化ハイドロキシヒドロキシ化


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/03 07:40:19」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ファイバー状水酸化ニッケル正極の作製とNi-MH電池特性
  • 西村 和也,桂 史織,高 智昭 [他],境 哲男
  • 電気化学および工業物理化学 82(1), 31-35, 2014
  • Fiber-type nickel-hydroxide electrode, namely the Ni(OH)2 layer formed on a nickel-plated carbon fiber, exhibited good high-rate discharge performances. The electrode manufacturing apparatus was devel …
  • NAID 130003387726
  • 症例 腟口狭窄を確認したCYP21A2欠損症の女児例 : 泌尿器科による長期フォローアップの重要性
  • 篠原 宏行,武田 良淳,坂井 幸子 [他]
  • 小児科 54(13), 1973-1975, 2013-12
  • NAID 40019921891
  • 溶融水酸化ナトリウム中におけるタングステンの酸化溶解
  • 大石 哲雄,矢口 未季,田中 幹也
  • Journal of MMIJ : Journal of the Mining and Materials Processing Institute of Japan 129(12), 707-712, 2013-12
  • NAID 40019901697

関連リンク

すいさんか【水酸化】とは。意味や解説、類語。水酸基と結合すること。また、水酸化物であること。すいさんかアルミニウム【水酸化アルミニウム】アルミニウム塩類にアンモニア水を加えて得られる白色のゼラチン状沈殿物。
デジタル大辞泉 - 水酸化の用語解説 - 水酸基と結合すること。また、水酸化物であること。 ... サントリーセサミン 公式サイト セサミンの健康パワーを試したいあなたへお悩みに応じたサプリメントをご用意!

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • プロスタグランジンE1製剤

販売名

アリプロスト注シリンジ5μg

組成

有効成分

  • 日局 アルプロスタジル

含量

  • 5μg

容量

  • 1mL

添加物

  • 精製ダイズ油 100mg

高度精製卵黄レシチン 17.82mg
エッグホスファチジルグリセロール 0.18mg
濃グリセリン 22.1mg
塩酸(pH調節剤) 適量
水酸化ナトリウム(pH調節剤) 適量

禁忌

  • 重篤な心不全の患者[心不全の増強があらわれるとの報告がある。]
  • 出血(頭蓋内出血、消化管出血、喀血等)している患者[出血を助長するおそれがある。]
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある女性(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照。)
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • ○慢性動脈閉塞症(バージャー病、閉塞性動脈硬化症)における四肢潰瘍ならびに安静時疼痛の改善
  • ○下記疾患における皮膚潰瘍の改善


   進行性全身性硬化症
   全身性エリテマトーデス

  • ○糖尿病における皮膚潰瘍の改善
  • ○振動病における末梢血行障害に伴う自覚症状の改善ならびに末梢循環・神経・運動機能障害の回復
  • ○動脈管依存性先天性心疾患における動脈管の開存
  • ○経上腸間膜動脈性門脈造影における造影能の改善

====慢性動脈閉塞症(バージャー病、閉塞性動脈硬化症)、
進行性全身性硬化症、
全身性エリテマトーデス、
糖尿病、
振動病の場合

==

  • 通常、成人1日1回1〜2mL(アルプロスタジルとして5〜10μg)をそのまま又は輸液に混和して緩徐に静注、又は点滴静注する。


なお、症状により適宜増減する。

動脈管依存性先天性心疾患の場合

  • 輸液に混和し、開始時アルプロスタジル5ng/kg/minとして持続静注し、その後は症状に応じて適宜増減して有効最小量とする。

経上腸間膜動脈性門脈造影における造影能の改善の場合

  • 通常、成人には1回1mL(アルプロスタジルとして5μg)を生理食塩液で10mLに希釈し、造影剤注入30秒前に3〜5秒間で経カテーテル的に上腸間膜動脈内に投与する。
  • 本剤を輸液以外の他の薬剤と混和使用しないこと。ただし血漿増量剤(デキストラン、ゼラチン製剤等)との混和は避けること。なお、持続投与を行う場合には、ライン内での凝集を防ぐため、必ず単独ラインで投与すること。
  • 経上腸間膜動脈性門脈造影に用いる場合には、凝集・クリーミングを起こす可能性があるため、造影剤と直接混和しないこと。また、本剤を投与した後、カテーテル内を生理食塩液で洗浄してから造影剤を投与すること。

慎重投与

  • 心不全の患者[心不全の増強傾向があらわれることがある。]
  • 緑内障、眼圧亢進のある患者[眼圧を亢進させるおそれがある。]
  • 胃潰瘍の合併症及び既往歴のある患者[既往のある患者に胃出血をおこすおそれがある。]
  • 間質性肺炎の患者[間質性肺炎を増悪することがある。]
  • 腎不全の患者[腎不全を増悪することがある。]
  • 出血傾向のある患者[出血を助長するおそれがある。]
  • 抗凝血剤(ワルファリンカリウム等)あるいは血小板機能を抑制する薬剤(アスピリン、チクロピジン塩酸塩、シロスタゾール等)、血栓溶解剤(ウロキナーゼ等)を投与中の患者(「相互作用」の項参照。)
  • 経上腸間膜動脈性門脈造影に用いる場合、重度の食道静脈瘤が認められている患者[門脈圧を上昇させるおそれがある。]

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状(頻度不明)

  • ショック、アナフィラキシー様症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、じん麻疹、喉頭浮腫、呼吸困難、チアノーゼ、血圧低下等が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

意識消失(頻度不明)

  • 血圧低下に伴い一過性の意識消失があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

心不全、肺水腫(頻度不明)

  • 心不全(増強を含む)、肺水腫、胸水があらわれることがあるので、動悸、胸苦しさ、呼吸困難、浮腫等が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと(「重要な基本的注意」の項参照)。

間質性肺炎(頻度不明)

  • 間質性肺炎(増悪を含む)があらわれることがあるので、発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常等が認められた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。

心筋梗塞(頻度不明)

  • 心筋梗塞があらわれることがあるので、観察を十分に行い、胸痛、胸部圧迫感、心電図異常等が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

脳出血、消化管出血(頻度不明)

  • 脳出血、消化管出血があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止すること。

無顆粒球症、白血球減少、血小板減少(頻度不明)

  • 無顆粒球症、白血球減少、血小板減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

肝機能障害、黄疸(頻度不明)

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-P、γ-GTP等の上昇を伴う肝機能障害や黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。

無呼吸発作(頻度不明)

  • 新生児に投与した場合、無呼吸発作があらわれることがあるので、観察を十分に行うこと。なお、発現した場合は、減量、注入速度の減速、投与中止など適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • アルプロスタジル(Alprostadil)

化学名

  • 7-{(1R,2R,3R)-3-Hydroxy-2-[(1E,3S)-3-hydroxyoct-1-en-1-yl]-5-oxocyclopentyl}heptanoic acid

分子式

  • C20H34O5

分子量

  • 354.48

性 状

  • 白色の結晶又は結晶性の粉末である。
    エタノール(99.5)又はテトラヒドロフランに溶けやすく、アセトニトリルに溶けにくく、水にほとんど溶けない。

融点

  • 114〜118℃


★リンクテーブル★
先読みヒドロキシ化
リンク元hydroxy」「ヒドロキシル化」「hydroxylation」「ヒドロキシ」「ハイドロキシ
拡張検索乾燥水酸化アルミニウムゲル」「25-ヒドロキシビタミンD-1α-水酸化酵素」「チロシン水酸化酵素」「1,25水酸化ビタミンD3」「ステロイド16α水酸化酵素
関連記事酸化

ヒドロキシ化」

  [★]

[[]]
hydroxylation
[[]]
hydroxylation


hydroxy」

  [★]

ヒドロキシハイドロキシ水酸化

hydroxylation

WordNet   license wordnet

「being or containing a hydroxyl group」

ヒドロキシル化」

  [★]

hydroxylationhydroxylate
水酸化ヒドロキシ化

hydroxylation」

  [★]

hydroxyhydroxylate


ヒドロキシ」

  [★]

hydroxy
水酸化ハイドロキシ


ハイドロキシ」

  [★]

hydroxy
水酸化ヒドロキシ


乾燥水酸化アルミニウムゲル」

  [★]

dried aluminum hydroxide gel, aluminum hydroxide gel dried
gelatum aluminii hydroxydi siccatum
アルミゲルヒドロゲルホエミゲルMS温シップ「ヨシダ」ゲル細粒「純生」アルミゲルMS冷シップつくしA・M散アイスフラット懸濁用配合アルミゲル細粒99%ウィットコップ懸濁用配合ウィットコップ懸濁用配合エヌ・エス配合散コランチル配合タイメック懸濁用配合ディクアノン懸濁用配合ベザフィブラートSRホエミゲルマーレッジ懸濁用配合DSマーロックス懸濁用配合マックメット懸濁用配合DSマルファ懸濁用配合リタロクス懸濁用配合レスポリックス配合
水酸化アルミニウム


25-ヒドロキシビタミンD-1α-水酸化酵素」

  [★]

25-hydroxyvitamin D-1α-hydroxylase
  • 腎の近位尿細管細胞に局在するミトコンドリアのシトクロムP-450酵素。
  • 腎でのビタミンD活性化機構の最終過程に位置し、副甲状腺ホルモン(PTH)や低リン血症により促進的に、カルシウムや1,25-ジヒドロキシビタミンD(1,25(OH)2D)により抑制的に調節されることで、1,25(OH)2Dの血中レベルが調節されている。
  • 他にも皮膚のケラチン細胞、胎盤、リンパ腫細胞、肉芽腫にも存在が認められており、これらは病的な高カルシウム血症の一因となっている。


チロシン水酸化酵素」

  [★]

tyrosine 3-hydroxylase, TH, tyrosine 3-monooxygenase
チロシンヒドロキシラーゼ
カテコラミン
[show details]



1,25水酸化ビタミンD3」

  [★]

1α,25-ジヒドロキシコレカルシフェロール
ビタミンD

ステロイド16α水酸化酵素」

  [★]

steroid 16-alpha-hydroxylase


酸化」

  [★]

oxidation





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡