水様下痢低カリウム血症無胃酸症候群

出典: meddic

watery diarrhea-hypokalemia-achlorhydria syndrome, watery diarrhea with hypokalemic alkalosis, watery diarrhea, hypokalemia and achlorhydria WDHA
WDHA症候群 WDHA症候群 WDHA syndromeヴェルナー-モリソン症候群 Verner-Morrison syndrome膵性コレラ pancreatic choleraVIP産生腫瘍症候群 VIPoma syndromeVIP産生腫瘍??? VIPoma???
膵島細胞腫瘍VIP産生腫瘍 VIPomaVIP

概念


-WDHA症候群


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

WDHA症候群 d51 watery diarrhea-hypokalemia-achlorhydria syndrome (水様下痢低カリウム血症無胃酸症候群) 定義 膵島細胞腫瘍に激しい水様下痢と低カリウム血症・無胃酸症(低胃酸症)を伴う症候群。 病態 ①原因は血管 ...
水様下痢低カリウム血症無胃酸症候群、WDHA症候群 Watery Diarrhea-Hypokalemia-Achlorhydria(syndrome) WDLL 高分化型小球性悪性リンパ腫 ...
水様下痢低カリウム血症無胃酸症候群、WDHA症候群 Watery Diarrhea-Hypokalemia-Achlorhydria(syndrome) WDLL 高分化型小球性悪性リンパ腫 ...


★リンクテーブル★
先読み膵島細胞腫瘍」「Verner-Morrison syndrome」「VIP」「VIPoma syndrome
国試過去問104A016
リンク元血管作動性腸管ポリペプチド」「WDHA」「watery diarrhea with hypokalemic alkalosis」「VIP産生腫瘍」「ヴェルナー・モリソン症候群
関連記事症候群」「カリウム」「下痢」「胃酸」「水様下痢

膵島細胞腫瘍」

  [★]

islet cell tumor, pancreatic endocrine tumor
膵島細胞腫膵島細胞腺腫膵島腫瘍膵小島腫瘍島細胞腫瘍
膵臓
ランゲルハンス島腫瘍ランゲルハンス島細胞腫瘍
ガストリン産生腫瘍グルカゴン産生腫瘍ソマトスタチン産生腫瘍
[show details]


  • 多血性
  • 造影CTの同脈相で強く濃染する
  • 膵臓から発生する内分泌腫瘍。
  • ランゲルハンス島由来の細胞から由来するが、一部膵管上皮や腺房細胞の間に存在する細胞に由来するものがある


Verner-Morrison syndrome」

  [★]

ヴェルナー・モリソン症候群ヴァーナー・モリソン症候群Verner-Morrison症候群

pancreatic choleraVIPomaVIPoma syndromewatery diarrhea syndromewatery diarrhea with hypokalemic alkalosisWDHA


VIP」

  [★] 血管作動性腸管ポリペプチド vasoactive intestinal polypeptide

VIPoma syndrome」

  [★] VIP産生腫瘍症候群


104A016」

  [★]

  • 組合せで正しいのはどれか。 3つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 104A015]←[国試_104]→[104A017

血管作動性腸管ポリペプチド」

  [★]

vasoactive intestinal polypeptide VIP, vasoactive intestinal peptide
血管作用性小腸ペプチド
神経伝達物質
[show details]

まとめ

  • 腸管の拡張や迷走神経の刺激により胃から大腸に分布するVIP細胞から分泌され、小腸と大腸の蠕動運動を促進し、消化管による水とイオンの排出を促進する。また、胃酸分泌を抑制する。

概念

  • グルカゴンファミリー (GOO.335)
グルカゴン・VIP:膵臓
セクレチン:十二指腸粘膜
VIPと関連蛋白:enteric nerve, 自律神経、中枢神経

分類

  • 神経伝達物質

性状

  • ペプチド

産生組織

  • 幽門括約筋の副交感神経、胆嚢、小腸

標的組織

受容体

作用

平滑筋弛緩作用血管拡張作用腸液分泌刺激作用
  • 末梢血管、冠血管、肺動脈拡張 (SPC.345)
  • 気管支平滑筋拡張 (SPC.345)
  • 消化管平滑筋弛緩 (SPC.345)
  • インスリン、グルカゴン、ソマトスタチンなど分泌促進
  • 重炭酸を含む膵液の分泌促進
  • ガストリンの分泌抑制
  • ↑ intestinal water and electrolyte secretion
  • ↑ relaxation of intestinal smooth muscle and sphincters

分泌の調整

  • ↑ by distension and vagal stimulation
  • ↓ by adrenergic input

分子機構

生合成

臨床関連

  • VIPoma vasoavtive intestinal polypeptidescreting tumor
VIPを産生する非α非β膵島細胞腫瘍
WDHA症候群(水様下痢低カリウム血症無胃酸症候群)
  • Copiousdiarrhea


WDHA」

  [★] 水様下痢低カリウム血症無胃酸症候群

  • VIP産生腫瘍による症候群
pancreatic choleraVerner-Morrison syndromeVIPomaVIPoma syndromewatery diarrhea syndromewatery diarrhea with hypokalemic alkalosiswatery diarrhea、hypokalemia and achlorhydria

watery diarrhea with hypokalemic alkalosis」

  [★] 水様下痢低カリウム血症無胃酸症候群

pancreatic choleraVerner-Morrison syndromeVIPomaVIPoma syndromewatery diarrhea syndromewatery diarrhea、hypokalemia and achlorhydria、WDHA

VIP産生腫瘍」

  [★]

VIPoma, VIPomas
VIP産生腺腫、血管活性腸ポリペプチド腫瘍
膵性コレラヴェルナー・モリソン症候群水様下痢低カリウム血症無胃酸症候群VIP産生腫瘍症候群
VIP


ヴェルナー・モリソン症候群」

  [★]

Verner-Morrison syndrome
膵性コレラVIP産生腫瘍水様下痢ヴァーナー・モリソン症候群Verner-Morrison症候群水様下痢低カリウム血症無胃酸症候群VIP産生腫瘍症候群


症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



カリウム」

  [★]

potassium
K+
高カリウム血症低カリウム血症腎 Kと酸塩基平衡の異常
  • 植物の灰(pot-ash)が由来らしい
  • アルカリ金属
  • 原子番号:19
  • 原子量:39.10

カリウム濃度を調節する要素

PT.481-482
  • 血液のpH
血中K+が細胞内、細胞内H+が細胞外へ移動→低カリウム血症、K排泄↑
血中H+が細胞内、細胞内K+が細胞外へ移動→高カリウム血症、K排泄↓
  • 接合尿細管、集合管でK排泄↑
レニン・アンジオテンシン系の亢進 or 細胞外K+濃度の上昇 のいずれかにより副腎皮質からアルドステロンが放出される
Na/H交換体、Na-K-2Cl共輸送体、Na/K-ATPaseを活性化。
  • β2受容体を介してKの取り込みを促進。Na-Kポンプの活性化による。

例外

水・電解質と酸塩基平衡 改訂第2版 p.153
  • 水素イオンと共に投与される陰イオンが細胞内に移行しうる場合、電気的中性は保たれるのでカリウムイオンは細胞外に移動しない。
  • (細胞内に移行する)乳酸イオン、酢酸イオン  ⇔ (細胞内に移行しない)塩素イオン

基準値

LAB
  • 3.4-4.5 mEq/l

パニック値

出典不明
  • 6 mEq/l(外来)
  • 7 mEq/l(入院)

尿細管での再吸収・分泌

QB.E-128
  • 再吸収  :近位尿細管、ヘンレループ
  • 分泌・吸収:集合管(QB.E-128)、遠位尿細管(QB.E-130)、皮質集合管の主細胞(参考1)

調節するファクター

  • 1. アルドステロン
  • 2. 集合管に到達するナトリウムイオン:集合管では能動的にナトリウムが再吸収されるが、電気的中性を保つために受動的にカリウムが管腔側に移動する。(参考1)

臨床関連

  • 尿中カリウムの異常
  • 低カリウム血症
  • 尿中カリウム < 20mEq/L:腎外性喪失
  • 尿中カリウム > 40mEq/L:腎性喪失

参考1

  • 1. [charged] Pathophysiology of renal tubular acidosis and the effect on potassium balance - uptodate [1]




下痢」

  [★]

diarrhea
下痢症(症候としての下痢)

概念

  • 24時間の糞便重量150-200g以上 or 24時間の糞便中の水分量が150-200ml以上のもの

病態


漢方医学

[show details]



胃酸」

  [★]

gastric acid
消化管ホルモン

産生細胞

機能

  • 胃のpH低下
タンパク質の変性

調節


水様下痢」

  [★]

watery diarrheawatery diarrhea syndrome
膵性コレラVIP産生腫瘍水性下痢ヴェルナー・モリソン症候群水様下痢低カリウム血症無胃酸症候群VIP産生腫瘍症候群水様下痢症候群
watery diarrhea
水様性下痢




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡