水戸医療センター

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 国立病院機構 水戸医療センター

url

理念

  • 基本理念患者さま本位の良質な医療を提供します基本方針・患者さまの権利、尊厳を尊重します・良質で専門性の高い医療を提供します・地域医療との連携を強化します・医療従事者の研修・養成に努めます・臨床研究を積極的に推進します・健全な病院経営を心がけます

住所

  • 〒311-3193 東茨城郡茨城町桜の郷280番地

診療の特徴、実績

  •  平成16年4月1日から旧国立水戸病院は独立行政法人となり、正式名称は独立行政法人国立病院機構水戸医療センターとなりました。略称は水戸医療センターです。 水戸医療センターは病床数500床を有し、救命救急センター(A評価)を24時間体制で運営しています。急性腹症や交通事故患者に加え、循環器病患者(急性心筋梗塞、心不全、急性大動脈解離、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)を積極的に受け入れて血管内治療などを精力的に行っております。がん患者は入院患者の1/3を占め、外科手術、放射線治療、化学療法など集学的治療を行っています。

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 403.2人

一日平均外来患者数

  • 746.6人

平均在院日数(一般/精神)

  • 16.2日/0.0日

年間分娩件数

  • 0件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 6件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/20回

当院の救急医療の特徴

  •  救命救急センターとしての第三次救命救急 茨城県中部、北部唯一の救命救急センターとして重篤患者の受け入れをより円滑に進めるため、地域医療機関及び消防機関等との密接な連携を図り取り扱っています。また、平成22年度から当院と水戸済生会総合病院の輪番制によるドクターヘリの運行を予定しています。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 第三次救命救急 外科系 内科系

一日平均救急外来患者数

  • 15.6人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 5.3人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 71人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 3回

当直手当

  • 有り(1回 20,000円)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 39人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 11人

勤務体制

  • 夜間・休日 常勤1名交代制勤務、常勤1名・レジデント1名・研修医1名当直

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 有り

医師賠償責任保険の扱い

  • 無し

個人加入

  • 無し

指導医から一言

  •  高いモチベーションをもち充実した研修を! 外科では、消化器・乳腺・肺・血管・移植・外傷といった、幅広い分野を対象として、昨年は1093件の手術を行いました。そのうちで臨時手術が約15%でした。研修医は、指導医をはじめ5・6名のスタッフ、レジデントからなる病棟診療グループに所属して、周術期管理や集学的治療、緩和医療まで密度の濃い指導を受けています。 当院は第3次救命救急センターを有し、年間約2,000台の救急車の搬送があり、約1,500名が入院します。 救命救急センターでは、目下、ACLSやJPTEC、JATECなどに基づき救命救急診療に励んでおり多彩な症例を経験することができます。 高いモチベーションを持ち、充実した研修をする上で、水戸医療センターは旧国立水戸病院時代の昭和45年以来150名以上の研修医を育成した実績があり、学会活動やCPC(臨床病理検討会)なども充実しており推奨されうる病院と考えております。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  •  当院は、内科系・外科系とも数多くの患者さんが来院および入院しています。なかでも外科系の手術症例にあふれているため、初期研修の段階で、鼡径ヘルニア・虫垂炎などの症例に対してオペレーターを任される機会もあります。脳外科においては、慢性硬膜下血腫の穿頭術に対してオペレーターを任されたりもしています。そのほかの手技についても、自分のやる気次第で行う機会が多く与えられるため、フットワークの軽さが身につきます。 また当院は茨城県県央・県北における唯一の第3次救急指定病院ですが、実際には地域の諸事情により3次だけではなく、2次救急についても搬送を受け入れることが多いです。そのため、初期研修医も外傷を含む様々な救急疾患を経験することができます。さらに、水戸済生会総合病院との輪番制ではありますが、7月からドクターヘリの導入が決定しており、その準備が急ピッチで行なわれているところです。 当院で研修医は、原則的に院内の宿泊施設に居住し、医局ではなくレジデント以下の若手医師用の医局(レジ部屋)に自分専用のデスクがあることにより、とりわけ若手の上級医に相談しやすいという特徴があります。各診療科間の垣根も低いというのも特徴のひとつです。見学者用の宿泊施設もあり、学生さんの見学を受け入れる体制が整っておりますので、まずは気軽に見学にいらして下さい。  平成21年度初期臨床研修医 高橋 有和

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/05 02:40:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Trophic feeding
  • Tacrolimusの血中濃度測定の精度管理と評価:iMPT2014

関連リンク

水戸市。施設概況、診療科、各部門の紹介。

関連画像

 病院機構 水戸医療センター 病院機構 水戸医療センター周辺地図水戸医療センター


★リンクテーブル★
関連記事医療」「センター

医療」

  [★]

health caremedical care
健康管理診療保健医療ヘルスケア


センター」

  [★]

centercentre
中央中心中央に置く中枢



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡