水平注視麻痺

出典: meddic

horizontal gaze palsy
Foville症候群
注視麻痺


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 学術展示 脳幹部病変による眼球偏位に対する斜視手術 (第68回日本弱視斜視学会(3))
  • 大木 玲子,本村 由香,岸 大地 [他]
  • 眼科臨床紀要 6(3), 219-222, 2013
  • NAID 40019617317
  • 釣竿による眼窩穿通性脳幹損傷
  • 赤坂 真奈美,亀井 淳,千田 勝一
  • 日本小児科学会雑誌 112(7), 1102-1106, 2008-07-01
  • NAID 10024301494
  • プリズム矯正が固視改善に奏効した Foville 症候群の1例
  • 江崎 秀子,中村 行宏
  • あたらしい眼科 = Journal of the eye 20(7), 1033-1037, 2003-07-30
  • NAID 10017017348

関連リンク

注視麻痺は水平方向(最も一般的)または垂直方向のいずれか一方向に両眼を動かすことができない症状である。 注視麻痺では水平注視の障害が最も一般的である;上方注視麻痺も多少みられるが,下方注視麻痺はより少ない。
核間性眼筋麻痺は,側方水平注視時の一側または両側の眼球内転麻痺であるが,輻輳時には麻痺はみられない。 水平注視時は,脳幹の両側にある内側縦束(MLF)の働きによって一側眼の外転と他眼の外転の協調が可能となる。

関連画像

MLF症候群と水平注視麻痺


★リンクテーブル★
リンク元Foville症候群
拡張検索一眼半水平注視麻痺症候群
関連記事注視」「注視麻痺」「麻痺」「水平

Foville症候群」

  [★]

水平注視麻痺


一眼半水平注視麻痺症候群」

  [★]

one-and-a-half syndrome
ワンアンドハーフ症候群


注視」

  [★]

gaze, visual fixation
凝視

注視中枢

  • 垂直性注視:中脳:中枢は中脳背側部の四丘体周辺:Parinaud症候群
  • 水平性注視:橋:橋の傍正中橋網様体(PPRF):Foville症候群(=MillardGubler症候群+水平性注視麻痺)



注視麻痺」

  [★]

gaze palsy, conjugate gaze paralysis
paralysis fixationis conjugata


麻痺」

  [★]

paralysis, palsy
(comb form)plegia不全麻痺 paresis



水平」

  [★]

horizonhorizontalhorizontally
水平線水平方向




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡