気管支肺

出典: meddic

bronchopulmonary, bronchopulmonary unit


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 小細胞肺癌に対し完全奏功を得て禁煙中に扁平上皮肺癌と農夫肺が診断された一例
  • 石松 祐二,藤田 華子,原田 達彦[他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 87(4), 317-322, 2012-12-25
  • 気管支肺胞洗浄液ではリンパ球比率増加とCD4/8比の上昇を認め, 経気管支肺生検では, 右上葉支入口部腫瘤から扁平上皮癌, 左肺舌区からリンパ球浸潤, 好酸球浸潤, 異物型巨細胞と類上皮細胞肉芽腫を認めた. …
  • NAID 110009555818
  • 症例報告 ステロイドパルス療法,エンドトキシン吸着療法およびシクロスポリンAが著効した急性間質性肺炎の一例
  • 高野 智圭,熊澤 文雄,野田 彰浩 他
  • 日大医学雑誌 = Journal of Nihon University Medical Association 71(6), 455-459, 2012-12-00
  • NAID 40019547362
  • 今月の症例 肺胞出血を合併したレプトスピラ症の1例
  • 矢野 好美,滝瀬 淳,鈴木 邦明 他
  • 日本内科学会雑誌 101(10), 2961-2963, 2012-10-10
  • NAID 40019467158

関連リンク

気管 のどから肺へつながる管。 軟骨でできている。 内面は粘膜で覆われている。 気管支 気管が枝状に分かれて気管支となる。 その先は肺胞につながっている。 肺 肋骨などに囲まれた胸腔の中にあり二重の袋になった肋膜に ...
肺や気管支に関連する様々な病気の一覧です。病名からはさらに詳細な肺や気管支に関する病気の症状や治療法、対策などを見ることができます。

関連画像

呼吸器系」ユニット講義録2,3気管支分岐図2肺の構造・肺がんの種類・検査 5.気管と気管支の解剖と役割肺と気管支のイラストOpen the anatomic horizontal fissure


★リンクテーブル★
先読みbronchopulmonary
拡張検索細気管支肺胞癌」「気管支肺感染
関連記事」「気管」「気管支

bronchopulmonary」

  [★]

  • adj.
  • 気管支肺の


細気管支肺胞癌」

  [★]

bronchioloalveolar carcinomabronchiolo-alveolar carcinoma
細気管支肺胞上皮癌細気管支肺胞腺癌肺胞癌


気管支肺感染」

  [★]

bronchopulmonary infection
気管支肺感染症


肺」

  [★]

lung
肺区域肺野呼吸器の上皮の移行
  • 図:M.78 N.204(肺のリンパ系),197(肺区域)

解剖

  • 重量:右:500g, 左:400g
  • 葉:右3葉、左2葉
右上葉、右中葉、右下葉、左上葉、左下葉

発生

L.247
  • 肺の上皮、喉頭、気管、および気管支の内面を覆う上皮 → 内胚葉
  • 気管および肺の軟骨性要素と筋要素、結合組織 → 中胚葉(臓側中胚葉)
NGY.283
  • 妊娠16週頃:気管、気管支が分岐し腺状構造をなす(腺状期)
  • 妊娠16-24週頃:管状構造を形成し、毛細血管が上皮に接触する。(管状期)
  • 以降、肺胞上皮が二種類に分化し、肺胞が形成される。  肺表面活性物質
  • 妊娠28週頃:毛細血管が肺胞腔に露出

機能

  • 呼吸

肺の構造

SSUR.323
区分 気管支腺 軟骨 平滑筋 弾力線維
気管 2+ 3+ 2+ 4+
葉気管支 2+ 3+ 3+ 3+
区域-小気管支 2+ 2+ 3+ 3+
肺小葉 細-終末気管支 3+ 3+
肺胞道 呼吸細気管支
肺細葉
肺胞/肺胞嚢 2+

臨床関連

  • 肺の打診 (M.72)

胸部X線解剖

  • 右第1弓:上大静脈
  • 右第2弓:右心房
  • 左第1弓:大動脈弓
  • 左第2弓:肺動脈幹
  • 左第3弓:左心房(左心耳)
  • 左第4弓:左心室




シルエットサイン

  • 右第2弓:(陽性)[上葉]内側中葉区(S5)、[下葉]内側肺底区(S7)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)????  → 陰性だったら背面の区域、つまりS6,S10と考えて良いのではないだろうか?
  • 左第4弓:(陽性)[上葉]上舌区(S4)、下舌区(S5)、[下葉]前内側肺底区(S7+8)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)??? → 同様にS6,S10と考えて良いのでは?

肺のリンパ節

肺区域

  • 左肺は心臓があるために、右とは異なる形状・肺区域を有する。
  • S1とS2はまとめてS1+2と呼ばれる
  • S7とS8はまとめてS7+8あるいはS8と呼ばれる ← 心臓が左胸腔に全内側に突出しているからと考える
  • 背側にある区域は2・6・10と覚えよ

臨床関連

  • 分葉異常:奇静脈の走行異常による右上葉の奇静脈葉が最も多い(QB.I-295)






気管」

  [★]

trachea (Z), tracheal tube
trachea
気管支気管支の分岐

解剖

  • 長さ12cm、直径2cm (HIS.298)。
  • C6椎体-T5椎体 / C6椎体の下部より始まりT4-T5椎体で左右の気管支に分かれる。)
  • 喉頭の輪状軟骨の直下から始まり主気管支が分岐するところに終わる。 (HIS.298)

粘膜

  • 1呼吸上皮(粘膜上皮):多列線毛上皮
  • 2. 粘膜固有層 疎性結合組織 膠原線維、弾性線維、気管腺(混合腺)
  • 3. 粘膜下組織 密生結合組織 
  • 4. 外膜 気管軟骨 馬蹄形(C字軟骨)後方に開いている。10-12個


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



気管支」

  [★]

bronchus / bronchi(pl.) (Z)
bronchus principalis
主気管支 main bronchus一次気管支 primary bronchus
気管気管支の分岐肺区域区域気管支





Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡