気管

出典: meddic

trachea (Z), tracheal tube
trachea
気管支気管支の分岐

解剖

  • 長さ12cm、直径2cm (HIS.298)。
  • C6椎体-T5椎体 / C6椎体の下部より始まりT4-T5椎体で左右の気管支に分かれる。)
  • 喉頭の輪状軟骨の直下から始まり主気管支が分岐するところに終わる。 (HIS.298)


粘膜

  • 1呼吸上皮(粘膜上皮):多列線毛上皮
  • 2. 粘膜固有層 疎性結合組織 膠原線維、弾性線維、気管腺(混合腺)
  • 3. 粘膜下組織 密生結合組織 
  • 4. 外膜 気管軟骨 馬蹄形(C字軟骨)後方に開いている。10-12個


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/12 15:12:18」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腸内真菌の増殖とアレルギー性気道炎症 (第1土曜特集 粘膜免疫Update) -- (粘膜免疫と疾患)
  • 藤山 聡,澁谷 彰
  • 医学のあゆみ 253(5), 457-463, 2015-05-02
  • NAID 40020442363
  • アレルギー疾患の治療薬(19)小児科領域 テオフィリン薬
  • 勝沼 俊雄
  • アレルギー・免疫 22(5), 724-729, 2015-05
  • NAID 40020446150
  • 肺Mycobacterium kansasii症の臨床・分子生物学的検討
  • 森本 耕三,前田 伸司,吉山 崇 [他]
  • 結核 90(4), 453-456, 2015-04
  • NAID 40020458412
  • 吸入手技の重要性 : いかに吸入指導をおこなうか(第7回)小児アレルギーエデュケーターによる吸入指導
  • 小田嶋 博
  • Respiratory medical research 3(2), 124-127, 2015-04
  • NAID 40020456856

関連リンク

気管 きかん 頸部 (けいぶ) の前面にある甲状軟骨の後方が喉頭 (こうとう) で、これに続いて下方へ向かってほとんど垂直に下降する管状の気道が気管である。気管は第6(または第7)頸椎 (けいつい) の高さで、甲状軟骨の下側にある ...
Ⅳ 気管・気管支 1)走行と分岐 気管は長さ約10cm、直径1.6~1.7cmの細長い管で、喉頭につづいて頭部を下がり 胸郭内にはいり、第5胸椎の高さで左右の気管支にわかれます (さらに右肺では3本に、左肺では2本に枝わかれする)。
気管食道科に関連する疾患・症状を図や動画を交えながらわかりやすくご紹介していきます。 下記ご覧になりたい疾患・症状をクリックしてください。

関連画像

咽頭と気道の間にある、軟骨に 気管断面気管の位置 】喉頭と気管, 気管支およびその 気管切開 ファーム モンゴル産馬気管カフ1画像を見る(大)


★リンクテーブル★
先読み気管支の分岐
国試過去問106H037」「107G067」「108I074」「106G029」「104E024」「103G012」「100I015」「105G021」「106H001
リンク元解剖学」「」「副交感神経系」「大動脈弓」「気管支
拡張検索気管切開術」「伝染性気管支炎ウイルス」「経鼻的気管挿管用チューブ」「気管支収縮剤
関連記事

気管支の分岐」

  [★]

呼吸器の上皮の移行肺区域気管支
generation Diameter Length Number Total cross
(cm) (cm) sectional arec
    (cm^2)
C trachea 0 1.8 12 1 2.54
C bronchi 1 1.22 4.8 2 2.33
C bronchi 2 0.83 1.9 4 2.13
C bronchi 3 0.56 0.8 8 2
C bronchioles 4 0.45 1.3 16 2.48
C bronchioles 5 0.35 1.07 32 3.11
C  
R terminal bronchioles 16 0.06 0.17 6x10^4 180
R respiratory bronchioles 17
R respiratory bronchioles 18
R respiratory bronchioles 19 0.05 0.1 5x10^5 10^3
R alveolar duct 20
R alveolar duct 21
R alveolar duct 22
  alveolar sacs 23 0.04 0.05 8x10^6 10^4

C: Conducting zone~ R: Transitional and respiratory zones

106H037」

  [★]

  • 次の文を読み、37、38の問いに答えよ。
  • 57歳の男性。会社員。労作時の息苦しさを主訴に来院した。
  • 現病歴: 10日前から夜に咳込むようになった。 4日前から自宅の階段を昇るときに息苦しさを自覚するようになり、次第に症状が増悪したため受診した。
  • 既往歴 : 43歳時に尿管結石。会社の健康診断で、 45歳時に高血圧を、 55歳時に心房細動を指摘されたが、受診しなかった。
  • 生活歴 : 3か月前からオウムを飼っている。
  • 家族歴:父親が高血圧症で加療中。
  • 現 症:意識は清明。身長167cm、体重64kg。体温36.1℃。脈拍124/分、不整。血圧146/84mmHg。呼吸数30/分。甲状腺の腫大を認めない。聴診上、 III音を聴取する。両側の胸部でcoarse cracklesを聴取する。両側の下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見:心電図で心房細動を認める。胸部エックス線写真(別冊No. 4)を別に示す。
  • この患者の胸部エックス線写真の所見として認められるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106H036]←[国試_106]→[106H038

107G067」

  [★]

  • 次の文を読み、66~68の問いに答えよ。
  • 17歳の男子。交通外傷のため搬入された。
  • 現病歴:乗っていた乗用車が対向車と衝突し、受傷したため搬入された。助手席に座りシートベルトをしていたという。
  • 現症:頭部挫創から軽度の出血を認める。閉眼しており、痛み刺激を加えても開眼しない。顔面蒼白で冷汗を認める。口唇に裂創があり、出血した血液が口腔内に流れ込んでいる。呼吸は促迫しており、頻脈を認める。両上肢を触ると冷たく、湿っている。右下腿は明らかに変形している。病院到着直後に輸液と酸素投与とが実施されている。
  • 現症:体温35.4℃。モニター上の心拍数160/分。右上肢血圧60/40mmHg。呼吸数40/分。SpO2 90%(リザーバー付マスク10l/分酸素投与下)。左前胸部は変形し、打撲痕を認め膨隆している。同部位に握雪感を認める。
  • 身体所見としてみられないのはどれか。
  • a 気管の左方偏位
  • b 左胸部の呼吸音低下
  • c 打診での左胸部鼓音
  • d 右と同程度の左上肢血圧
  • e capillary-refilling time延長


[正答]


※国試ナビ4※ 107G066]←[国試_107]→[107G068

108I074」

  [★]

  • 48歳の女性。前頸部腫瘤を自覚し来院した。昨日、鏡を見ていて見つけ、触ってみてしこりがあることに初めて気付き、心配になって受診したという。その他の症状はない。身長 161 cm、体重 52 kg。脈拍 72/分、整。血圧 128/76 mmHg。頸部気管の右側に 3 cm大の腫瘤があり、嚥下運動とともに上下する。腫瘤は弾性硬気管に対して可動制限がある。右の側頸部に径 1.5 cmのリンパ節を 2個触れる。
  • まず行うべき検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108I073]←[国試_108]→[108I075

106G029」

  [★]

  • の構造・機能について正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G028]←[国試_106]→[106G030

104E024」

  [★]

  • 気道の解剖について正しいのはどれかo'
[正答]


※国試ナビ4※ 104E023]←[国試_104]→[104E025

103G012」

  [★]

  • 正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103G011]←[国試_103]→[103G013

100I015」

  [★]

  • 63歳の男性。血痰と食思不振とを主訴に来院した。この患者の内視鏡写真を以下に示す。
  • 部位はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100I014]←[国試_100]→[100I016

105G021」

  [★]

  • 経鼻内視鏡写真(別冊No. 3)を別に示す。
  • この視野で観察されないのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105G020]←[国試_105]→[105G022

106H001」

  [★]

  • 吸気時に最強となる喘鳴が聴取された場合に、病変部位と考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G069]←[国試_106]→[106H002

解剖学」

  [★]

anatomy
anatomia
体表解剖学臨床解剖学神経解剖学比較解剖学

系統解剖

運動

筋肉

部位ごとの分類

関節ごとの分類

筋の付着部

神経

部位別

上肢

体幹

下肢

下肢の皮神経

名称
陰部大腿神経大腿枝
外側大腿皮神経
大腿神経前皮枝
閉鎖神経皮枝
伏在神経
浅腓骨神経
深腓骨神経
上殿皮神経
中殿皮神経
下殿皮神経
大腿皮枝の枝
後大腿皮神経の終末枝
内側腓腹皮神経
外側腓腹皮神経
腓腹神経
外側足背皮神経

脳幹の神経解剖

血管

臓器に分布する血管

臓器 栄養血管 機能血管
動脈 静脈 動脈 静脈
食道        
       
小腸 上腸間膜動脈 上腸間膜静脈門脈    
大腸 上・下腸間膜動脈 上・下腸間膜静脈門脈    
肝臓 固有肝動脈 肝静脈下大静脈    
胆嚢 胆嚢動脈 胆嚢静脈    
膵臓        
気管        
気管支動脈 気管支静脈 肺静脈 肺動脈幹肺動脈
腎臓        
尿管        
膀胱        
脾臓 脾動脈 脾静脈    
精巣 精巣動脈 蔓状静脈叢    
卵巣 卵巣動脈 蔓状静脈叢卵巣静脈    

各体部位に分布する血管

  • 頭部
頚部



肺」

  [★]

lung
肺区域肺野呼吸器の上皮の移行
  • 図:M.78 N.204(肺のリンパ系),197(肺区域)

解剖

  • 重量:右:500g, 左:400g
  • 葉:右3葉、左2葉
右上葉、右中葉、右下葉、左上葉、左下葉

発生

L.247
  • 肺の上皮、喉頭、気管、および気管支の内面を覆う上皮 → 内胚葉
  • 気管および肺の軟骨性要素と筋要素、結合組織 → 中胚葉(臓側中胚葉)
NGY.283
  • 妊娠16週頃:気管、気管支が分岐し腺状構造をなす(腺状期)
  • 妊娠16-24週頃:管状構造を形成し、毛細血管が上皮に接触する。(管状期)
  • 妊娠28週頃:毛細血管が肺胞腔に露出

機能

  • 呼吸

肺の構造

SSUR.323
区分 気管支腺 軟骨 平滑筋 弾力線維
気管 2+ 3+ 2+ 4+
葉気管支 2+ 3+ 3+ 3+
区域-小気管支 2+ 2+ 3+ 3+
肺小葉 細-終末気管支 3+ 3+
肺胞道 呼吸細気管支
肺細葉
肺胞/肺胞嚢 2+

臨床関連

  • 肺の打診 (M.72)

胸部X線解剖

  • 右第1弓:上大静脈
  • 右第2弓:右心房
  • 左第1弓:大動脈弓
  • 左第2弓:肺動脈幹
  • 左第3弓:左心房(左心耳)
  • 左第4弓:左心室




シルエットサイン

  • 右第2弓:(陽性)[上葉]内側中葉区(S5)、[下葉]内側肺底区(S7)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)????  → 陰性だったら背面の区域、つまりS6,S10と考えて良いのではないだろうか?
  • 左第4弓:(陽性)[上葉]上舌区(S4)、下舌区(S5)、[下葉]前内側肺底区(S7+8)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)??? → 同様にS6,S10と考えて良いのでは?

肺のリンパ節

肺区域

  • 左肺は心臓があるために、右とは異なる形状・肺区域を有する。
  • S1とS2はまとめてS1+2と呼ばれる
  • S7とS8はまとめてS7+8あるいはS8と呼ばれる ← 心臓が左胸腔に全内側に突出しているからと考える
  • 背側にある区域は2・6・10と覚えよ

臨床関連

  • 分葉異常:奇静脈の走行異常による右上葉の奇静脈葉が最も多い(QB.I-295)





副交感神経系」

  [★]

parasympathetic nervous system (KL)
pars parasympathica
自律神経系交感神経系副交感神経
  • 脳幹:CN III, CN VII, CN IX, CN X
  • S2-S4

節後ニューロン



大動脈弓」

  [★]

arch of aorta (Z), aortic arch
arcus aortae
大動脈

由来

走行




Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


気管支」

  [★]

bronchus / bronchi(pl.) (Z)
bronchus principalis
主気管支 main bronchus一次気管支 primary bronchus
気管気管支の分岐肺区域区域気管支





Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



気管切開術」

  [★]

tracheostomy, tracheotomy
(国試)気管切開気管切開法
輪状軟骨甲状軟骨輪状甲状靭帯気管開口術輪状甲状切開術 喉頭切開術気管カニューレ抜去困難症 気管套管抜去困難症 difficulty in decanulation after tracheostomy
  • tracheotomy :一時的な開口
  • tracheostomy:永続的な開口


概念

  • 前頚部で気管軟骨を切開し気管を開口すること。

適応

(1)

  • (1)気管挿管が不可能な場合や(2)2週間以上の長期挿管が必要となる場合
  • 例:上気道閉塞(口腔咽頭領域の腫脹や腫瘍など)、頭頚部手術症例(術後出血の可能性を有する症例、呼吸管理が必要となる症例)、人工呼吸管理が必要な症例(重症肺炎、筋神経疾患など)などがあげられる。絶対禁忌となる症例はないが、出血傾向や凝固異常がある症例ではできる限りその改善を待って行うべき。

 

  • 1. 遷延性意識障害患者の気道確保
  • 2. 長期人工呼吸
  • 3. 頻回の気道の吸引・洗浄が必要な場合
  • 4. 上気道狭窄・閉塞(外傷、炎症、腫瘍、異物など)
  • 5. 誤飲、誤嚥の予防、
  • 6. 心肺蘇生時
  • 7. 頭頚部悪性腫瘍などの手術時

SOTO.593

1. 気道閉塞

  • 目的:気道閉塞の防止
  • 適応:喉頭狭窄、口腔・喉頭の炎症性主張、顔面・頭頚部外傷あるいは新生物による閉塞、両側舌下神経麻痺、両側反回神経麻痺(声帯正中位固定症)、甲状腺・気管周囲リンパ節腫脹による気管の圧迫性閉塞、上気道領域の手術後一時的処置、咽頭・喉頭手術の前処置

2. 下部気道における分泌物貯留の処置と予防

  • 目的:頻回の気道吸引、誤嚥防止
  • 適応:延髄球麻痺、重症筋無力症、各種の原因による意識障害、頭頚部外傷など。特に経口的気管挿管による管理がが1週間以上の長期に及ぶ場合(声門の保護)。

3. 呼吸不全

  • 目的:死腔の減少(50%減少)、気流抵抗(声門による)の減少、人工呼吸器による加圧呼吸
  • 適応:中枢性・末梢性神経機能不全による呼吸不全、慢性呼吸器疾患、重症胸部外傷

4. その他

  • 気道異物の摘出(下気管支鏡)
  • 経口挿管不能例
  • 閉塞型睡眠時無呼吸症候群の永続的な治療

術式(1)

時期による分類(1)

  • 緊急気管切開術/救急気道切開
  • 気管挿管が困難な例、気管挿管が不可能な例
  • 待機的気管切開術

部位による分類(1)

  • 上気管切開術
  • 甲状腺の峡部を下方に圧排し、甲状腺の上方で気管切開を行う。
  • 成人の気管切開では原則上気管切開である。
  • 欠点:気道狭窄の原因となることがある。
  • 中気管切開術
  • 甲状腺の峡部を切断した上で気管切開する。
  • 利点:安全で確実な方法
  • 欠点:甲状腺切断部の止血が必須
  • 下気管切開術
  • 甲状腺を上に圧排し、甲状腺の下方で気管切開
  • 欠点:肥満で短頚の患者では難しいことがある

気管切開による合併症

SOTO.598
  • 呼吸困難
  • 出血
  • 呼吸障害
  • 皮下気腫、縦隔気腫、気胸
  • 術後肺合併症
  • 軟骨膜炎・咽頭狭窄  ← 晩期合併症
  • 気管カニューレ抜去困難症

手順

  • 1. 可能なら気管挿管し、局所麻酔 or 全身麻酔する。(緊急時には無麻酔もありうる)
  • 2. 皮膚横切開。(横切開でも縦切開でもokだが、前者の方が術後の瘢痕が残りにくい)
  • 輪状軟骨の下縁約2-3cmで5cmの皮膚を横切開する(SOTO.595)。
  • 輪状軟骨の下縁から約2-5cmの皮膚を縦切開する(SOTO.595)。
  • 3. 軟部組織を鈍的剥離(剥離は縦方向に行う)
  • 4. 舌骨下筋群を左右に分ける。
  • 5. 必要があれば、甲状腺峡部を結紮し切離。
  • 6.十分な止血
  • 7. 気管切開
  • 通常、2-3気管軟骨部で行う。2-4気管輪の高さ(SOTO.596)とする資料もある。
  • 切開法:縦切開、十字切開、逆U字切開など
  • 8. 気道内チューブの挿入
  • 低圧カフ付きのプラスチックカニューレ、金属カニューレ
  • 9. カニューレ口に当てたガーゼ片が呼気時に翻転することによりカニューレの適切な挿入を確認(SOTO.596)。
  • 10. 皮膚縫合
  • 皮下気腫防止のために皮膚縫合は密に行わないようにする(SOTO.596)
  • 11. 創部に約24時間軟膏ガーゼを詰める。
  • 止血と気腫防止のため(SOTO.596)

参考文献

  • 1. イラスト手術手技のコツ : 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 飯沼壽孝 東京医学社


伝染性気管支炎ウイルス」

  [★]

infectious bronchitis virus
トリ伝染性気管支炎ウイルス

経鼻的気管挿管用チューブ」

  [★]

nasotracheal tube
経鼻挿管チューブ


気管支収縮剤」

  [★]

bronchoconstrictor
気管支収縮薬

管」

  [★]

ducttubecanalpipe
ductusvasmeatus
水路チューブ導管道管卵管





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡