毫鍼

出典: meddic

和文文献

  • ISO 17218: 2014発行に伴うJIS T 9301単回使用毫鍼の改正
  • 全日本鍼灸学会雑誌 = Journal of the Japan Society of Acupuncture and Moxibustion 66(1), 2-13, 2016-02
  • NAID 40020746347
  • 「陰陽通刺」は毫鍼でもバネ式鍉鍼でも。打鍼用の鍼と槌はオリジナル (道具としての鍼を語る)
  • 医道の日本 = The Japanese journal of acupuncture & manual therapies 73(7), 12-17, 2014-07
  • NAID 40020143724

関連リンク

毫鍼(ごうしん) もうハリといったらこれ!!というくらい一般的な、いちばん使われるハリです。ひょっとしたらテレビなどで御覧になったことが有るかもしれません。 一般的に長さは3~5センチ、太さは0.16~0.26ミリで、ハリの先は ...
毫鍼(ごうしん) 毫鍼(ごうしん)とは一般の方が治療用の「はり」と認識しているものです。 治療においても最も多く使われる鍼になります。 現在では使い捨てになっており、下の写真の様にパックされています。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事

鍼」

  [★]

acupuncture
鍼治療鍼術刺鍼法針治療




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡