毒素

出典: meddic

toxin
内毒素外毒素
外毒素 内毒素
ポリペプチド リポ多糖体(lipopolysaccharide: LPS)
細菌細胞からの分泌 グラム陰性菌の細胞壁の外膜に存在
宿主組織内-拡散 細菌細胞の崩壊により放出
多くは熱不安定性 熱安定性
分泌部位~遠隔部位に作用 血行性に拡散しエンドトキシンショック
トキソイド化可 トキソイド化不可(毒性中心はリピドA)



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/12 17:16:21」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 症例報告 A型ボツリヌス毒素製剤投与後に上肢集中訓練を実施した視神経脊髄炎の1例
  • 打田 明,竹林 崇,花田 恵介 [他]
  • 総合リハビリテーション 43(8), 773-776, 2015-08
  • NAID 40020547521
  • 上下肢痙縮を有する脳卒中後の片麻痺患者を対象としたA型ボツリヌス毒素製剤投与状況の調査
  • 木村 彰男,安保 雅博,正門 由久 [他]
  • The Japanese journal of rehabilitation medicine 52(7), 421-430, 2015-07
  • NAID 40020544175
  • ボツリヌス神経毒素複合体の体内侵入機構
  • 松村 拓大,藤永 由佳子
  • 臨床免疫・アレルギー科 = Clinical immunology & allergology 64(1), 65-69, 2015-07
  • NAID 40020540503
  • 薬剤代謝異常 (特集 腎臓病と代謝障害 : 内科医に求められる基礎と応用)
  • 臼井 丈一
  • 日本内科学会雑誌 104(5), 967-974, 2015-05-10
  • NAID 40020483546

関連リンク

「毒素について」は、健康にとって「毒素とは何か?」毒素とはどういうものをさすのか。どうしてできるのか。外から入ってくるのか、カラダの中でできるのか。毒素がカラダに与える影響。などについてのページです。
なぜか最近疲れが抜けない、そんな症状を持っている人は毒素がきちんと体外に排出されていないせいかもしれません。そんな方はセルフデトックスジョイレッチを行いましょう。
現代人の生活は、さまざまな化学物質に取り囲まれています。もともと私たちの体には解毒作用があり、毒素は自然に体の外に排出されますが、取り込まれた量が多すぎると排出しきれなくなり、肝臓、腎臓、肺、腸などに負担を ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 血漿分画製剤(筋注用抗破傷風人免疫グロブリン製剤)

販売名

テタガムP筋注シリンジ250

組成

有効成分:破傷風抗毒素

  • 1シリンジ中の分量1mL:250国際単位
    備考
    ヒト血液由来成分
    採血国:米国、ドイツ、オーストリア
    採血の区分注):非献血

添加物:グリシン

  • 1シリンジ中の分量1mL:22.5mg

添加物:塩化ナトリウム

  • 1シリンジ中の分量1mL:3.0mg
  • 本剤は製造工程でブタの腸粘膜由来成分(ヘパリン)を使用している。
    注)「献血又は非献血の区別の考え方」の項を参照。

禁忌

  • 本剤の成分に対しショックの既往歴のある患者


効能または効果

  • 破傷風の発症予防ならびに発症後の症状軽減のための治療に用いる。


破傷風の発症予防

  • 破傷風の潜伏期の初めに用いて破傷風の発症を予防するためには、成人において抗毒素250国際単位を筋肉内に注射する。

破傷風の治療

  • 破傷風発症後の症状を軽くするための治療用には、通常抗毒素5,000国際単位以上を筋肉内に注射する。


  • 筋肉内注射にのみ使用すること。決して静脈内に注射してはならない。


慎重投与

  • IgA欠損症の患者[抗IgA抗体を保有する患者では過敏反応を起こすおそれがある。]
  • 溶血性・失血性貧血の患者[ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない。感染した場合には、発熱と急激な貧血を伴う重篤な全身症状を起こすことがある。]
  • 免疫不全患者・免疫抑制状態の患者[ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない。感染した場合には、持続性の貧血を起こすことがある。]


重大な副作用

ショック

  • ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、悪心・嘔吐、発汗・四肢冷感、血圧低下等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。


薬効薬理

  • 血中に遊離している破傷風毒素を速やかに中和させる。
    また、血中の破傷風発症予防レベル0.01国際単位/mL以上の破傷風抗毒素を保持させる2)


★リンクテーブル★
国試過去問086B032
リンク元100Cases 14」「トキソイド」「内毒素」「toxin」「
拡張検索ボツリヌス毒素療法」「外毒素」「皮膚剥脱毒素」「赤痢菌様毒素

086B032」

  [★]

100Cases 14」

  [★]

☆case14 複視
glossary
diplopia n. 複視
筋力低下筋無力筋脱力 muscle weakness, muscular weakness
sunken
vt. sinkのpp.
adj.
沈没した、沈んだ、水中の
沈下した、一段低いところにある
落ち込んだ、くぼんだ
3,4-ジアミノピリジン 3,4-diaminopyridine 3,4-DAP K+チャネル阻害薬;ランバートイートン筋無力治療
症例
43-year-old woman
cheif complaint: diplopia
present history: diplopia and holding her head up ; more marked in the evenings, for the last 3 months. difficulty of chewing. voice has become quieter. weight loss (3kg / 6months). non-smoker. drinks about 15 units/week. no regular medication.
past history: no significant previous medical illnesses.
family history: lives with her husband and three children.
診察 examination
looks well.
organ systems: normal; cardiovascular, respiratory, and abdominal systems.
muscle power; grossly normal. decrease after testing a movement repetitively.
motor function: normal; tone, coordination, reflexes and sensation.
bilateral ptosis. exacerbated by prolonged upward gaze
eye: normal; pupillary reflexes, eye movements, and funduscopy
■答え
diagnosis: myathenia gravis
differential diagnoses:
CASES
上位and/or下位運動ニューロン motor neurone disease 運動ニューロン疾患線維束性攣縮進行例では筋力低下
muscular dystrophy 筋ジストロフィー:ある種の筋肉選択的筋力低下する。家族歴がある。
dystrophia myotonica 強直性筋ジストロフィー咬筋側頭筋胸鎖乳突筋筋萎縮四肢遠位端の筋萎縮顔貌特徴的(前頭部脱毛、無表情、窪んだ頬)。家族歴ある。筋電図診断有用(急降下爆撃音)。
polymyositis 多発筋炎普通皮疹関節痛出現CK上昇筋生検診断有用
myopathy ミオパチー:甲状腺中毒性ミオパチー甲状腺機能低下症によるミオパチークッシング症候群によるミオパチーアルコール性のミオパチー
神経筋接合部non-metastatic associations of malignancy (paraneoplastic syndrome(傍腫瘍性症候群 = 腫瘍随伴症候群)のこと):胸腺腫症例の10%に重症筋無力症がみられる。ランバートイートン筋無力症候群小細胞癌関連がある。
HIM.2674
Treatment with penicillamine (used for scleroderma or rheumatoid arthritis) may result in true autoimmune MG, but the weakness is usually mild, and recovery occurs within weeks or months after discontinuing its use.
 重症筋無力症の誘発ペニシラミン(強皮症関節リウマチ治療に用いられる)。
  mildだし、薬剤中断改善する。
Aminoglycoside antibiotics or procainamide can cause exacerbation of weakness in myasthenic patients; very large doses can cause neuromuscular weakness in normal individuals.
 重症筋無力症の悪化:アミドグリコシド系抗菌薬、プロカインアミド
  MG患者筋脱力悪化する。
参考文献
HIM = Harrison's Principles of Internal Medicine 17th Edition
CASES = 100 Cases in Clinical Medicine Second edition
IMD = 内科診断学第2版

トキソイド」

  [★]

toxoid
アナトキシン anatoxin類毒素
毒素抗毒素製剤ジフテリアトキソイド破傷風トキソイド不活化ワクチンワクチン


  • 細菌の産生するタンパク質性の菌体外毒素を免疫原性は保持したまま無毒化したもの
  • トキソイドを注射すると毒素活性を中和する抗体が産生されるので、予防的に用いられる
  • ジフテリアトキソイド
  • 破傷風トキソイド



内毒素」

  [★]

endotoxin
エンドトキシン菌体内毒素 bacterial endotoxin
外毒素毒素リピドA

内毒素の生理作用


toxin」

  [★]

  • n.
  • 毒素

WordNet   license wordnet

「a poisonous substance produced during the metabolism and growth of certain microorganisms and some higher plant and animal species」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(特にバクテリアの)毒素」

毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン

ボツリヌス毒素療法」

  [★]

A型ボツリヌス毒素
[show details]


外毒素」

  [★]

exotoxin
菌体外毒素 bacterial exotoxin
内毒素毒素エンドトキシン細菌毒素



皮膚剥脱毒素」

  [★]

exfoliatin
表皮剥脱毒素エクスフォリアチン


赤痢菌様毒素」

  [★]

Shiga-like toxin, Shiga-like toxins




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡