母乳成分

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 母親の精神的ストレスが母乳成分に及ぼす影響
  • 尾筋 淑子,松村 惠子
  • 香川母性衛生学会誌 12(1), 38-46, 2012-10-00
  • NAID 40019484112
  • 抗原感作成立におよぼす母乳成分の役割 (特集 アレルギー疾患 : 感作と発症のからくり) -- (臨床現場からとらえた感作と発症)
  • 下条 直樹
  • アレルギー・免疫 19(1), 78-85, 2012-01-00
  • NAID 40019135947

関連リンク

赤ちゃんにとっては母乳が一番です。 母乳は単なる栄養を与えるだけではなく、それぞれの赤ちゃんに必要な免疫や成長を促す成長因子も含んでおり、新しい命を健やかに育むために必要なすべての成分を含んでいます。
イ):五訂食品成分表2005の262頁の調製粉乳の数値に、0.13を乗じて算出した。 4.一般成分は、泌乳期により、変化する 母乳中の蛋白質は、初乳に比し、泌乳期の経過と共に、減少する(分娩300日後には、初乳の ...

関連画像

母乳の栄養成分と、各メーカー ノニ果実と母乳成分牛乳、母乳、乳児用調製粉乳の 母乳育児を成功させるための


★リンクテーブル★
関連記事母乳」「成分

母乳」

  [★]

breast milkbreastmilk
人乳母子感染

分類

母乳を介して感染しうるウイルス

成分

  • ミネラル:初乳 > 成乳
  • IgA:初乳 > 成乳
  • タンパク質:初乳 > 成乳
  • 熱量:成乳 > 初乳
  • 脂肪:成乳 > 初乳
  • 乳糖:成乳 > 初乳
  • 防御因子:ラクトフェリン、リゾチーム、分泌型IgA、マクロファージ、リンパ球
  • 成乳の浸透圧は血漿と同程度

アレルギー促進因子、防御因子

参考1
物質の種類 促進因子 防御因子
食物抗原 感作抗原 寛容誘導抗原
免疫グロブリン   IgA
サイトカインなど IL-4IL-5IL-13 TGF-βIL-10、sCD14
ケモカイン RANTESIL-8  
好酸球由来顆粒 ECP  
不飽和脂肪酸 n-6系 n-3系
ポリアミン   スペルミンスペルミジン


母乳と人工乳との比較

  • 母乳は消化されやすく、胃内停滞時間が長い。
  • 母乳はビタミンKが少ない。
  • 人工乳は蛋白顔奥、蛋白代謝負担が大きい
  • 児の成長に連れ母乳のみの栄養ではビタミンD、鉄が不足してくる。 → 母乳栄養のみでは水様便となってくる。離乳食開始を考慮。
  • 母乳栄養時では軟便傾向となる。

母乳と牛乳との比較

  • 母乳は乳糖のみ多い。
  • グロブリン、不飽和脂肪酸、糖質は牛乳より多い。 → ビフィズス菌の増殖に不可欠なオリゴ糖も母乳の方が多い。
  • エネルギーや脂質はほぼ同じ。
  • その他の成分は牛乳の方が多い。

参考

  • 1.
[display]http://www.aiiku.or.jp/aiiku/jigyo/contents/kaisetsu/ks0809/ks0809_3.pdf

国試



成分」

  [★]

  • n.
エレメント基本元素構成構成成分組成部分要素コンポーネント構成物構成要素




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡