残響室

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 反射率可変の音響壁面システムに関する研究 : スピーカの異なる各種ユニットの基本性能比較 (応用音響)
  • 古川 勇太,尾本 章
  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(315), 1-6, 2014-11-20
  • NAID 40020300443
  • 反射率可変の音響壁面システムに関する研究 : スピーカの異なる各種ユニットの基本性能比較 (マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント)
  • 古川 勇太,尾本 章
  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(316), 1-6, 2014-11-20
  • NAID 40020300255

関連リンク

残響室とは、音響材料の吸音率や透過損失の評価に用いられる実験室で、拡散音場の 条件を近似的に実現するために、壁、床、天井を反射性に仕上げた室です。残響室では 、音のエネルギーは様々な方向から到来し、音の響き(残響時間)は非常に長く、室内 ...
世界大百科事典 第2版 残響室の用語解説 - 音響実験室の一つで,周囲の壁面 における音の吸収をできるだけ少なくして長い残響をもつようにくふうした室をいう。室内 の響きのまったくない無響室と対比される。壁としては,音がよく反射する厚い コンクリートや ...

関連画像

残響室内部結合残響室(タイプ2 試験室)残響室無響室 残響室


★リンクテーブル★
関連記事

室」

  [★]

ventricleventriculusventriculiventricular
心室心室性脳室




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡