死腔形成

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 両側踵骨開放骨折(GustiloⅢB)に対する皮弁形成術の1例
  • 土田 芳彦,村上 裕子,辻 英樹,名和 正行,井畑 朝紀,成田 有子,田邉 康,磯貝 哲,倉田 佳明,高橋 信行,橋本 功二,平山 傑,新井 学
  • 2011
  • … 両踵骨開放骨折は粉砕が著しく,踵骨足底側の皮膚は大きく剥脱していた.デブリドマンを施行すると両側とも死腔形成を伴った皮膚軟部組織欠損(右側で15×20 大,左側で5×10 大)が生じた。 …
  • NAID 120002972590
  • 皮膚縫合法 (外科救急処置アトラス) -- (基本術技)

関連リンク

踵骨足底側の皮膚は大きく剥脱していた.デブリドマンを施行すると両側とも死腔形成を伴った皮膚軟部組織欠損(右側で15×20 大,左側で5×10 大)が生じた。デブリドマン施行4日後に遊離筋肉移植術による再建 収録刊行物 ...
死腔防止のために・・・ 周囲組織の過度の緊張のない縫合などを工夫する事が必要。死腔形成が予測される場合には、ドレーンによる排液、圧迫によって外圧を加えるなどで予防を試みることがある。 止血 血腫は重大な感染源となる ...

関連画像

2011年11月22日号7b.タバコ縫合固定部の反対側 糖化と糖尿病合併症 - アーク


★リンクテーブル★
関連記事形成」「死腔

形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


死腔」

  [★]

dead space, respiratory dead space





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡