死腔

出典: meddic

dead space, respiratory dead space



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/02 08:56:04」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 両側踵骨開放骨折(GustiloⅢB)に対する皮弁形成術の1例
  • 土田 芳彦,村上 裕子,辻 英樹,名和 正行,井畑 朝紀,成田 有子,田邉 康,磯貝 哲,倉田 佳明,高橋 信行,橋本 功二,平山 傑,新井 学
  • 2011
  • … 両踵骨開放骨折は粉砕が著しく,踵骨足底側の皮膚は大きく剥脱していた.デブリドマンを施行すると両側とも死腔形成を伴った皮膚軟部組織欠損(右側で15×20 大,左側で5×10 大)が生じた。 …
  • NAID 120002972590
  • アスペルギローマと鑑別を要した菌塊形成を呈した緑膿菌膿胸の一例
  • 大角 潔,濱路 政嗣,大角 明宏,田中 亨
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 24(2), 191-194, 2010-03-15
  • … 症例は63歳,男性.右肺癌術後の右胸腔頂部死腔の胸膜肥厚および内部に不整形の腫瘤形成がみられ,アスペルギルス抗体陽性であったことからアスペルギローマと診断した.抗真菌剤の投与を行ったが改善なく,胸腔鏡下菌球除去術を施行した.胸腔内容物からPseudomonas aeruginosaの菌塊を検出し,緑膿菌膿胸と診断した.術後,発熱が遷延したため抗生剤点滴投与のみでは感染のコントロールが不十分と判断し開窓術を …
  • NAID 10026475367

関連リンク

死腔(しくう、英:dead space)とは気道において血液とガス交換を行わないガスの導管 部を占める領域。終末細気管支の空気はガス交換に利用されずに次の呼気で外界に 排出される。死腔は解剖学的死腔と生理学的死腔(全死腔)に分類され、解剖学的死腔 は ...
しくう。気道のうち血液とガス交換を行わない部分のこと。死腔は解剖学的死腔と肺胞死 腔、生理学的死腔に分類される。解剖学的死腔とは呼吸器系の全容積のうち肺胞以外 の部分(鼻腔~終末気管支)を指し、成人で.

関連画像

 による死腔の考え方の変化気道による死腔と測定法解剖学的死腔を洗い流す 低酸素血症の機序-肺胞死腔 とは限らない:死腔とシャント生理学 死 腔 ① 解剖学 死 腔


★リンクテーブル★
国試過去問100G069
拡張検索解剖学的死腔」「骨盤死腔炎」「生理学的死腔」「死腔/一回換気量比」「肺胞死腔
関連記事

100G069」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100G068]←[国試_100]→[100G070

解剖学的死腔」

  [★]

anatomical dead space
一回呼吸窒素試験死腔生理学的死腔肺胞死腔
  • およそ150mlあるらしい。
  • 死腔の大きさに影響するファクター:性差(男>女)、姿勢(立位>臥位)、年齢(高齢>若年)、肺気量(全肺容量)(正の相関)


骨盤死腔炎」

  [★]

inflammation of pelvic dead space or paramedritis
骨盤内炎症性疾患
  • 各種外科手術後にできた腹膜外の死腔に炎症が生じた物



生理学的死腔」

  [★]

physiological dead space
死腔肺胞死腔解剖学的死腔
  • ガス交換に関与しない気腔の総和。


死腔/一回換気量比」

  [★]

dead space/tidal volume ratio
死腔一回換気量、死腔換気、死腔換気率


肺胞死腔」

  [★]

alveolar dead space
死腔



腔」

  [★]

cavity
  • 体組織中にできた空洞。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡