死生観

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/01/20 16:42:33」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 信長の死生観には共感するね (特集 老いと健康の危機管理術)
  • 石原 慎太郎,佐々 淳行
  • 文芸春秋 93(8), 356-363, 2015-07
  • NAID 40020481563
  • 壮年期から中年期の就労者における初回急性心筋梗塞の体験に関する現象学的研究
  • 河村 敦子,稲垣 順子
  • 山口医学 64(2), 69-78, 2015-05-01
  • … .研究参加者の入院後1週間から退院3ヵ月後までの体験におけるテキストを分析した結果,局面1:生の不確かさを感じ動揺する,局面2:生を前向きに受け入れ,自己コントロールを考える,局面3:今後の人生と自分の死生観とを統合し,終局を迎えた時に後悔がないように生きるという局面へと意識が変遷していく過程が明らかになった.本研究の結果,急性心筋梗塞を初回発症し死に直面した患者に対して,自己エンパワメントを促 …
  • NAID 120005617807

関連リンク

大辞林 第三版 死生観の用語解説 - 死あるいは生死に対する考え方。また,それに基づいた人生観。 ... 【死】より …この著作は死に対する人間の態度を歴史的に概観したものであるが,それはやがて現代にいたって ...
輪廻などの死生観については様々な見解を巻き起こすことになるテーマとなっています。世界的にどのような考え方となっているのか、世界各地に根付いている死生観について考察をしてみましょう

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡