歯髄覆罩法

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 私の臨床 直接歯髄覆罩法による歯髄保存への取り組み--次亜塩素酸ナトリウム,抗菌剤,レーザーの併用

関連リンク

日本歯科保存学会 AIPC(非侵襲性歯髄覆罩)のガイドライン[2009年7月8 日 更新] 4 10. Effect of Dycal on bacterial in deep carious lesions. Leung RL, Loesche WJ, Charbeneu GT. Journal of American Dental Association 1980: 100(2 ...
水酸化カルシウム製剤(Dycal)と酸化亜鉛ユージノールセメント(Neodyne,Neo)を暫間的間接歯髄覆罩に用いた場合の臨床成績と病理所見を比較。 ... 出典 暫間的間接歯髄覆罩法の歯髄に及ぼす影響に関する臨床病理学的研究 後藤譲治 小児 ...
【ベストアンサー】erimiya0311さんへ ①間接歯髄覆罩;虫歯が歯髄に近い時に、歯髄を保護するセメント(水酸化カルシウム等)で裏打ちする事。その後最終的な修復物を着ける。 ②暫間的歯髄覆 ...

関連画像

歯の神経


★リンクテーブル★
関連記事」「歯髄

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


歯髄」

  [★]

dental pulp (Z)
pulpa dentis





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡